オオイシさん オオイシさん オオイシさんの試し読みができます!
作: 北村 直子  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪
クッチーナママさん 40代・ママ

映画デビュー
インパクトのある表紙の絵に惹かれて手に…

もしもねずみをえいがにつれていくとなかなかよいと思う みんなの声

もしもねずみをえいがにつれていくと 作:ローラ・ジョフィ・ニューメロフ
絵:フェリシア・ボンド
訳:青山 南
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\950+税
発行日:2000年11月15日
ISBN:9784265066445
評価スコア 4.32
評価ランキング 16,732
みんなの声 総数 18
「もしもねずみをえいがにつれていくと」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • かわいいから許せちゃう

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子11歳、男の子7歳

    ねずみくんの行動が、止まることなくえがかれていて、読んでいて飽きない楽しさがあります。
    ねずみくんのやることは、どれもわがままといえばわがまま。自由奔放なんだけど、やりたいといえばやらせてくれるパートナーの男の子のやさしさがブレンドされると、かわいい!に変わってしまいます。
    やりたいことが次々と変化していくんですけど、最終的には、最初やりたかったことに戻るというところがいい。円を描いているようなストーリー展開で、それがなんだかほっとします。
    ツリーのかざりづくりや、雪だるまや雪合戦など、冬のお楽しみがもりこまれているので、クリスマスシーズンに読むと、もっと楽しめそうです。

    投稿日:2011/01/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • まるで子育て

    こどもが自分で選んだ本です。

    もしも・・・きっと・・・たぶん・・・と、ねずみのお願いを男の子が聞いてあげるという空想で繋がっていくお話です。親からすると単調な気がしていましたが、子供らしい発想・展開なので、子供からすると「次は!?次は!?」とわくわくするようです。

    私も、読み進めるうちに男の子とねずみの関係が親子のように思えてきて、思わず笑ってしまいました。

    映画に行ってポップコーン買ってツリーを買って雪だるま作って・・・
    「うちでおひるねをしたい」帰宅して「もうふ、ちょうだい」というくだりなんて、子供とお出かけしたときの要求そのまま!!

    かわいい表情やしぐさに、色々なわがままの言うことを聞いてしまうのが親ってものですね〜。

    絵もとても書き込まれていて、じっくり見ていると色々発見できて楽しいです。

    投稿日:2010/02/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幸せなくりかえし

    「クッキーをあげると」の時よりも 
    男の子の表情がやわらかくなっていて嬉しい。
    ねずみも男の子のことを信じ切っているみたい。
    毛布にくるまれたねずみの幸せそうな顔といったら!

    クリスマスの温かい雰囲気が漂い
    にんじんに囲まれたお城も作ってみたくなる楽しさです。
    カラフルなツリーにも目を奪われます。

    こんな楽しい繰り返しは しあわせですね。

    投稿日:2008/12/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • もしも・・・

    以前にも同作者による”もしも・・・”シリーズを読んだ事があって興味が湧いたのでこの絵本を選びました。ストーリーがどんどん展開していくところが愉快でした。男の子がもしも・・と考え出したとたんあれもこれもと面白いようにつながっていくところが魅力でした。絵もとても可愛らしいしちょうどクリスマスのシーンが登場するのでクリスマスの時期にもお勧めできる絵本だと思います。きらきら光る飾りを作る場面が素敵で気に入りました。クリスマスの飾りを買ってくるのではなくて主人公達の様に手作りするのはとてもウキウキして楽しそうだと思いました。今年のクリスマスはこの絵本を参考にしてクリスマスの飾りつけを楽しみたいと思いました。

    投稿日:2008/10/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • クリスマスにピッタリ

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    「もしも」シリーズのねずみバージョンのクリスマス版です。
    アメリカで大人気の絵本で、主人公のねずみのキャラクターグッズも販売されているようです。

    もしも、ねずみを映画につれていくと、きっとポップコーンをくれ、という。
    ポップコーンをかってあげると、たぶんひもでつながる。
    そして、それをクリスマスツリーにかざりたがる。
    とどんどん物語はエスカレートしていきます。

    この単調な繰り返しのストーリーが、子供にはたまらないのでしょう。
    前回のクッキーに比べると、ねずみの絵が可愛い気がします。
    それにクリスマスの絵柄のせいか、絵心に溢れるシーンが多くて、細かい部分まで見ていくときっと楽しめる絵本だと思います。
    ストーリーよりも絵の方が楽しめるかも知れません。
    クリスマスの時期にピッタリの絵本です。

    投稿日:2007/10/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと笑えるクリスマス絵本

    • はなしんさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子9歳、男の子7歳

    「もしもシリーズ」のクリスマス版です。
    もしもねずみを映画につれていくと・・・という出だしから、空想を膨らまして、話をどんどん展開していく面白さがあります。
    個人的には、どうしてポップコーン買ってあげると、ひもでつないだりするのだろうか。とか細かい疑問や、そんなことないよ、と思う点もあったりするのですが、あくまでも主人公の男の子の空想の中の展開なので、素直に楽しみましょう。
    絵のかわいらしさも、素敵です。

    投稿日:2006/12/17

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / バムとケロのそらのたび / もこ もこもこ / わたしのワンピース / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



パパぺんぎんはいつもたまごといっしょ!のはずが…?

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.32)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット