となりのトトロ となりのトトロ
原作: 宮崎 駿  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

おりこうねこなかなかよいと思う みんなの声

おりこうねこ 作・絵:ピーター・コリントン
訳:いずむら まり
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2000年12月
ISBN:9784198612924
評価スコア 4.48
評価ランキング 8,846
みんなの声 総数 20
「おりこうねこ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おりこうとは?

    • みいのさん
    • 50代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子17歳、女の子12歳

    大人っぽい絵なのに、人間のような立ち振る舞いをする猫がとても面白く思えます。
    そして6年生の娘と猫を重ねて読みました。
    小さい頃はお手伝いをよくやってくれて、何でも自分で出来るようになったので安心していたら、最近はほとんどやらなくなりました。
    「自分がやらなくても誰かがやってくれるからいいや。」という態度がみえます。
    甘やかしてはいけないと思いつつ、頼むことも、待つことも面倒になり、つい私がやってしまいます。
    「おりこうねこ」に似ています。

    投稿日:2015/01/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • おりこうねこのシマシマ。おりこうだからと褒められて、とうとう缶詰を開けたり、皿洗いするのもシマシマの仕事になってしまった。そのうち「時間がないからお金おろしてキャットフード自分で買ってきて」とカードを渡されます。そのうち、自分でレストランで食事したり、映画をカードで見たり、、、でも、カードの請求が多くて飼い主夫婦は怒ってしまいます。仕事して稼いでお金を返しなさい、と言われ、ウエイターをして稼ぎます。でも稼いだお金は、返金して、自分の食費を払ったらもう終わり。働くのがばかばかしくなったシマシマは、ある日、何もしなくなります。普通の猫のように、ただひたすらえさを待ちます。飼い主がしびれを切らして、最後は飢えたシマシマにえさをあげます。

    人間みたいですよね、、、。必要があって生活保護になる人もいるけど、ただ働きたくないからと些細な病気を大げさに言って生活保護になって、働かずに養ってもらえる楽さを覚えてしまうと、ダメになります。猫も人間も、、、。どっちが賢いかというと微妙なところですが、まともな人間だと思われたければ、ちゃんと働いて税金をおさめて自分の面倒を自分で見れるようにならないといけませんね。

    投稿日:2011/09/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 猫ってやっぱりよく寝るなあ・・・

    猫ってぐうたらねことは思わないけれど、やっぱり日向ぼっこしてよく寝るなあ・・・・って印象があります。
    そんな生活が他の事を経験してわかってよかったんだと思います。
    やっぱり他のことに憧れても本来の自分が一番似合っていて落ち着く場所は、自分の居場所は前のところだったんだ気づかしてくれたんだと思える絵本でした。
    今のままの生活が一番幸せなんだと確認できた絵本でした。

    投稿日:2009/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • ガンバレ〜猫くん!

    • 花ぶらんこさん
    • 30代
    • ママ
    • その他
    • 男の子11歳、女の子9歳

    飼い主の都合でエサをくれるのを待ってるの
    いい加減うんざりしたように猫のシマシマは自分で
    棚からエサ缶を出しオープンナーで開けて
    食べだした!!!
    とにかく人間並に何でもこなすようになったシマシマ。
    この猫ちゃんの表情笑えます〜。
    でもここで考えないといけないんです。
    猫にとって人間のようにできることが本当に幸せなことなのか?
    ある意味人間をあざ笑うようにお話しが終わりますが
    猫の哲学を学んだようでした。
    ちょっと飼い主の態度に腹立たしさを覚えながらも
    シマシマにエールを送りたいと思います!

    投稿日:2007/04/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 猫好きにはたまらない挿絵

    • ぶらいすさん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子10歳

    猫を飼っている我が家の娘はよく「猫はいいなぁ〜!」と言っています。
    えさをもらって、おもちゃで遊んで、そして大半は気持ち良さそうに寝ている猫がうらやましい様子。
    その猫が、2本足で立って働きはじめると・・・。
    大人が読むと考えさせられ、子どもが読むと単純に面白いお話です。
    猫が好きなお子さんなら、立って歩いたり、働く猫の挿絵が面白くてつい開いてしまいます。

    投稿日:2006/06/23

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



世界中で愛されている犬、ニッパーと家族の絆をめぐる物語

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.48)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット