アニマルバスとわすれもの アニマルバスとわすれもの アニマルバスとわすれものの試し読みができます!
作・絵: こてら しほ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
見習いパンダバスのファンファンが、ある日見つけたふしぎな忘れ物。届けに行こうとはりきりますが……本当にひとりで大丈夫!?

おっぱい」 パパの声

おっぱい 作・絵:宮西 達也
出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1990年
ISBN:9784790260189
評価スコア 4.56
評価ランキング 5,239
みんなの声 総数 74
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おっぱいがいっぱい

     「おっぱい」なんて、いつから口にしていないのだろう。
     吸っていたとか飲んでいたとかではなく、「おっぱい」という言葉をである。
     成長すれば、「乳房」とか「バスト」とかに変わってしまう。
     「おっぱい」の語源を調べると、いくつかの説があるらしい。
     その一つが、「おおうまい」という言葉から来たというもの。お母さんのお乳はそんなにうまかっただろうか。ちっとも覚えていない。
     別の説に、「お腹いっぱい」が変化してとある。確かに母親のお乳をごくごくを飲んでいた子どもたちを見ていると、お腹いっぱいになれば、泣くこともおさまる。
     いずれにしても、「おっぱい」を口に、言葉にですよ。できる年齢はほんのわずかだ。
     それは、とっても幸福な時間だ。

     みやにしたつやさんのこの絵本は、ズバリ『おっぱい』というタイトルがついている。
     成長して「おっぱい」と書けるのは、絵本作家の特典のようなものだ。
     お母さんのおっぱいに吸っている赤ちゃんの幸せそうな絵が、表紙だ。
     うらやましい。
     母乳で育てられたはずだが、こういうことは全然覚えていない。
     幸福な時間は記憶に残らない。残念だが。

     おっぱいを吸うのは、人間だけではない。
     象もねずみもゴリラもぶたもそうだ。
     みやにしさんはまず動物たちの授乳の姿を描いて、そのあとにドーンとお母さんのおっぱいを大写しで描く。
     りっぱなおっぱいだ。
     次のページにはそのおっぱいをじっと見つめる男の子。
     ここは女の子ではなく、やはり男の子がいい。
     女の子だっておっぱいを吸ったはずだが、ここは男の子。このあたりは微妙なのだけれど。
     男の子は、こんなことを思う。
     「おおきく、やさしく、つよく、げんきなこにしてくれた ぼくのだいすきなおっぱい」。
     これは男の子だから、言える。
     大人になってこんなことは言えない。
     これも、絵本作家の特典だ。

     男の子にはまだ小さい弟がいて、今は弟がお母さんのおっぱいにしがみついている。
     それを男の子は「かしてあげ」ていると思っている。
     でも、きっとそのおっぱいは永遠に男の子のところには戻ってこないのだ。
     「おっぱい」と口にしなくなるように。

    投稿日:2015/03/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • いいんじゃなでしょうか

    • キースパパさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子3歳、女の子1歳

    分かりやすい絵で、息子が大好きなオッパイなので、やはりこちらも気に入った絵本の1冊です。
    可愛いタッチのイラストなので、読んでいて気恥ずかしくなることもなく、本当に子どもってオッパイが好きだよなあ、と素直に感心してしまいます。
    そして、その絶対的存在には勝てないよなあ、とちょっとボヤキも入ってしまうのでした。

    投稿日:2014/01/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぼくの「最後の一言」は‥‥?

    • 読み聞かせパパさん
    • 40代
    • パパ
    • 群馬県
    • 女の子12歳、男の子10歳、女の子7歳、男の子4歳

    たくさんの動物たちの「おっぱい」と「赤ちゃん」が登場します。
    リズム良くトントン進む語り口で登場します。
    そのたびなんだかホンワカした気持ちになっていきます。
    最後にお母さんのおっぱいが登場したとき、語り口が変わります。
    ぼくの「最後の一言」は
    お兄ちゃんらしさの芽生え?それとも、やせがまん?
    それとも何かちがうもの‥‥?
    女の子だけじゃありません。男心だって微妙にゆれます。
    お兄ちゃんになった子たちに読んであげたい。
    どんな表情を見せるでしょうか。

    投稿日:2010/09/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供が一押し

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    宮西さんの初期の作品です。

    動物のおっぱいが出てきて最後に、人間のおっぱいが出てき

    ます。

    それぞれのおっぱいに、短いコメントがあるのですが、最後

    の主人公のお兄ちゃんのコメントが心に響きます。

    子供が大好きな作品です。

    投稿日:2007/03/03

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



世界中で愛されている犬、ニッパーと家族の絆をめぐる物語

全ページためしよみ
年齢別絵本セット