となりのトトロ となりのトトロ
原作: 宮崎 駿  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

いろいろへんないろのはじまり自信を持っておすすめしたい みんなの声

いろいろへんないろのはじまり 作・絵:アーノルド・ローベル
訳:まきたまつこ
出版社:冨山房 冨山房の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:1977年
ISBN:9784572002051
評価スコア 4.54
評価ランキング 5,819
みんなの声 総数 60
「いろいろへんないろのはじまり」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

34件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • うわぁ きれい

    • ゆきぽんずさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子9歳、男の子5歳

    小学校2年生の朝の読書タイムで紹介しました。

    白と黒と灰色だけだった世界から
    魔法使いによって
    次々と色が作り出されていく様子に
    子どもたちは惹き込まれ
    ラストの色とりどりのページでは
    「うわぁ きれい!!」
    歓声が起こりました。

    ひとつの色だけではうまくいかない、
    いろいろな色があってこそ調和がとれる。
    奥深い素晴らしい作品だと思います。

    投稿日:2013/03/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • いろのないときのおはなし

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳、女の子0歳

    大好きなアーノルド・ローベルの絵本。
    5歳の息子と読むために、
    図書館から借りてきました。

    その昔、色というものがなく、「はいいろのとき」だった頃、
    一人のまほうつかいがなんとかしようと、
    「あおいろ」をつくりだします。

    淡い青一色で描かれた「あおいろのとき」、
    淡い黄色一色で描かれた「きいろのとき」、
    淡い赤一色で描かれた「あかいろのとき」もページを経て、
    最後にぱっと出てくる色とりどりで描かれた世界は、
    読み手もはっと息を呑むほどキレイ。
    息子も私もこのページには思わず釘づけになりました。

    絵もストーリーも期待通りの内容で、
    やっぱりアーノルド・ローベルっていいな。
    私も息子も一回では足りず、続けて二回読みました。

    投稿日:2012/04/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • はじめての神話。

    小さい子どもから楽しめる神話のような絵本です。

    いまみたいになる前に本当にあったかもしれない「まほうつかいが色をつくっていた世界」をのぞき込み、新しい世界が広がったようです。

    娘にとっては、はじめての神話でした。
    まほうつかいの喜びの声「これじゃ!これじゃ!」が気に入っています。

    投稿日:2016/10/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大好きな絵本

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、男の子1歳

    私が子どものころに幼稚園で読んでもらって、なんておもしろい本があるんだと感激した本です。あまり幼稚園時代のことは覚えていないのですが、この本のことはおおぼえています。とても思い入れのある本です。娘にも読んでほしくて、4歳のクリスマスにサンタさんからプレゼントしてもらいました。
    むかしむかしは色のない世界でした。そこへ魔法使いが色をつけていきます。赤、黄、青、いろいろ試してたどりついたのは・・・。白黒の世界に見慣れてから見ると、最後の色鮮やかな世界はとても美しいです。娘も「この絵きれいだよねー」と言っていました。読んでみてください。

    投稿日:2016/09/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 少々の偏見(!?)はありますが。

    アーノルドローベル氏の絵本といくことで読んでみました。
    色の始まりについて描かれているお話です。
    青は悲しい色,黄色は目がチカチカする色,赤は怒りっぽくなる色と,少々偏見も入っていますが(でも確かにそんなイメージもしますね),たくさんの色々な色があって世の中美しいという結末はよかったです!
    はじめは黒と白から始まったイラストが,青一色を経て黄色一色を経て赤一色を経て,最後は色鮮やかなたくさんの色であふれたイラストに。その変化も見応えがあって楽しめました!

    投稿日:2015/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色のない世界から・・・

    初めは白黒のページから始まる絵本。
    そこに、まずは一色ずつの色がついていきます。
    でも、一色だと、やっぱり変!!
    赤だけの世界も、青だけの世界も、黄色だけの世界も、
    やっぱり変なんです!!
    でも、それらがまざりあうと・・・。
    最後は、とてもきれいな色のついた世界で終わります♪
    色ってやっぱり素敵だなって思える絵本です!!

    投稿日:2015/01/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色のなりたち

    娘が学校でボランティアさんに読んでもらい
    とてもおもしろかったとのことで、手に取りました。

    色の三原色から始まりいろいろな色を作り出していく過程は
    ちょっとした冒険のような感じさえ覚えます。

    読み終えた後、娘と色の三原色について語り合いました。
    カラーチラシの端に、4色刷りの時にできる青・赤・黄・黒のラインを見つけて
    カラー印刷はこうして作るんだという話にも発展。

    読後も語り合える、とてもためになる一冊です。

    投稿日:2014/11/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • アーノルド・ノーベルさんすきです。

    表紙の絵を見てかわいいなと思い借りました。
    息子に読むために作者をみて初めてアーノルド・ノーベルさんの本だと気付きました。

    「ふたりはともだち」が好きなのできっといい話なのだろうと思って読みました。いい話、ホッとする話、おもしろい話、笑顔になる話。
    色々な要素を含んだやっぱりいい本でした。

    またレビューの多さにもびっくりしました。
    有名な本だったんですね。

    息子も今度は何色なんだろう。
    何が起こるんだろうとわくわくドキドキしながら聞いていました。

    最後は色の勉強にもなって大満足でした。

    今度は小学校の読み聞かせでも読んでみたいと思いました。
    対象は低学年かな?

    投稿日:2014/08/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 世の中に色がなかったら…

    • 楽葉さん
    • 60代
    • じいじ・ばあば
    • 埼玉県

     昔話仕立てで三回の繰り返しが効果的…

     ずっと昔…
    世界は色のない灰色の時代だった…
    そこで一人の魔法使いが色を作りだした…
    ところが単色の世界はうまくない…
    青は気持ちもブルーに…
    黄色は目に悪く…
    赤は争いが発生…

     ストーリーが明快で絵とテキストの
    バランスもよく、読み聞かせにはぴったり…
    各ページに描かれる人々の動作が面白いから
    絵はゆっくりと見せたい…

     モノクロのページに色セロハンを乗せて遊ぶのも
    面白いのだが、それはまた別な話…

    投稿日:2014/04/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 灰色の世界に色が

    不思議な世界観に、魅了されました。

    青、黄、赤の中では、黄色はそれほど悪くないのでは?
    と思いましたが、なるほど確かに、黄色一色では目がチカチカしそうです。

    灰色の世界に色が加えられるたび、
    なんだか嬉しい気持ちになります。

    最後のシーンでは、まるで日常が戻ってきたような気持ちになり安心しました。

    投稿日:2014/01/19

    参考になりました
    感謝
    0

34件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / とんことり / がたん ごとん がたん ごとん / おでかけのまえに / おばけのバーバパパ / ちょっとだけ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『おむつのなか、みせてみせて!』10万部突破記念! ヒド・ファン・ヘネヒテンさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット