新刊
ちゅっちゅとこっぷちゃん

ちゅっちゅとこっぷちゃん(文溪堂)

「しゅぱっ」「とぽーん」心地よい音の響きを赤ちゃんと楽しむ絵本

  • かわいい
  • ためしよみ

こわいこわいおるすばんなかなかよいと思う みんなの声

こわいこわいおるすばん 作・絵:渡辺 有一
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
税込価格:\1,078
発行日:1985年12月
ISBN:9784591021477
評価スコア 4
評価ランキング 27,099
みんなの声 総数 2
「こわいこわいおるすばん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 子育ての中の葛藤

    • ねがいさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子7歳、男の子3歳

    この絵本を読んでいる途中、私が泣きそうで困りました。

    じろうは5歳、3人兄弟の真ん中です。
    おにいちゃんのたろうとは遊んだりけんかをしたり、でも弟のさぶろうは
    まだ赤ちゃん。面倒は見ないし、遊びの邪魔をすると泣かせます。

    ある日、雨がどんどん強くなる中、お母さんが寝ているさぶろうをじろうに
    まかせてたろうのお迎えに行ってしまいます。
    雷の大音量に泣き出すさぶろう、そして停電。
    じろうもこわくて、さぶろうを抱いてあっちの部屋こっちの部屋とうろうろ
    するのです。
    とうとう、さぶろうを抱えたまま外に飛び出すじろう。

    5歳の小さな子が、赤ちゃんもまもらなくちゃ行けなくて、どんなに
    がまんしたんだろう、どんなに恐かっただろうと思うと、胸が
    ギュッと締め付けられるようです。
    多分読んでもらう子どもは、大きく描かれた雷にじろうの怖さを
    自分のことのように感じるでしょう。

    じろうにあやまるお母さんを見て、自分だったらどうしただろうと思います。
    できれば、子どもだけで家に置いて行きたくない。
    でも、赤ちゃんを大雨の中連れ出したくもない。しかも寝たばかり。
    5歳の子に留守番が務まるか。

    子どもがまだほんの小さな赤ちゃんの時は、私もそういう育児中の葛藤を
    いつも抱えていました。
    その気持ちを振り返り、本当に誰にも頼めず相談する人もなくて、辛い日も
    あったなあと思うと、またまた涙が出そうになるのでした。

    投稿日:2008/10/06

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • さわさわもみじ
    さわさわもみじの試し読みができます!
    さわさわもみじ
    作:ひがし なおこ 絵:きうち たつろう 出版社:くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
    もみじが風に乗り、色々な表情を見せてくれる様子を音と絵で切り取った絵本


モニターの満足度100%! 子どもが100%楽しんで取り組んだ「Z会グレードアップカードとえほん」シリーズの実力@

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット