宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

宮沢賢治の絵本 狼森と笊森、盗森」 その他の方の声

宮沢賢治の絵本 狼森と笊森、盗森 作:宮沢 賢治
絵:片山 健
出版社:三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2008年10月
ISBN:9784895881180
評価スコア 4.45
評価ランキング 9,095
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 物語の主役は森たち! 受賞レビュー

    宮沢賢治作品って、
    硬質な絵が合う作品と、うんと泥臭い描き方が似合う作品と
    けっこう分かれると思うんですが
    この片山健さんの作品は思いっきり後者。
    ガツガツ、ザクザク塗ってます。

    片山さんって、水彩画ですい〜っと色をのばす印象が強かったんですが
    この挿絵の画材は何を使ってるんでしょう?
    油っぽい感じですね。油絵の具?クレヨン?わからないのですが、勢いよくビタビタといってます。
    ここまでダイナミックな絵は珍しいのでは?

    そして
    「主役は土地(森)で、ヒトじゃない」
    というメッセージが
    絵からひしひしと伝わってきます。
    最初の4人なんて
    「ん?なに?人?」ってくらいちみっとしてて
    失礼な書き方だったらごめんなさいですが
    虫っぽいんですよぉ!

    とにかくロングで引いたショットの構図を使い
    たまに森を擬人化っぽくして顔つけてみたりして
    季節の移り変わり、土地が開墾されて畑が増えていく様子を
    淡々と、でもたっぷりと描きだしています。

    狼森の火のシーンと、それが消えた瞬間の絵の対比とか
    盗森らしき足のシーンとか
    秋の事件の盛り上がりの場面の絵もダイナミックでいいですよ〜
    特に足w
    必見です^^

    森が中心なので
    色合い的に暗い・黒い場面が多いですが
    おどろおどろしくはありません。
    背の高い木がたくさんですもん、日が差さなくて暗いんですよ。
    ま、でも、ちょっとは怖いかな、原っぱとは違いますから。
    そして、この暗さ・怖さが森の魅力なわけですし。

    自然の荒々しさと優しさ
    それにこたえる人間
    素朴な対比があったかくつたわる絵本でした。

    片山健さんっぽい絵を期待すると
    んん?違うかも?ですが
    らしさでいうと「著者らしさ」より「作品らしさ」を追及している、って感じで
    著者の意外性を見せていただいたように思います。

    いろんな出版社の『狼森と笊森、盗森』を全部並べても
    文章と絵のマッチングはかなり上位に入るはず。
    宮沢賢治の森の世界へご一緒にどうぞです♪

    投稿日:2014/07/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自然と人間とが織り成す、なんとも愛しくてたまらない作品です。

    「ここへ畑起してもいいかあ。」
    「いいぞお。」森が一斉にこたえました。

    住む場所を求めてやって来た人間を、森は優しく受け入れてくれる。

    狼森の狼、笊森の山男、盗森の黒い大男、そして形はないけどさっぱりした性格の黒坂森。
    みんなとても愛らしくて、親しみやすいのです。

    森は昔からずっと当たり前の様にあって故郷の様に懐かしく感じるのは、昔の人々が森との関わりを大事に大事にしてきたからなんですね。

    最後、黒坂森の岩が言った「そのあわもちも、時節がら、ずいぶん小さくなった」という事こそが、宮沢賢治が今を生きる私たちへ伝えたかったメッセージなんだろうなぁ…と、思いました。

    投稿日:2014/06/30

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / 宮沢賢治の絵本 注文の多い料理店 / 宮沢賢治の絵本 雪わたり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



絵本ナビに関するアンケートでQUOカード2000円分!

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.45)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット