そうべえときじむなー そうべえときじむなー そうべえときじむなーの試し読みができます!
作: 田島 征彦  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
「じごくのそうべえ」シリーズ、7年ぶりの新刊!今度は琉球へ

としとったねことまいごのくじら」 みんなの声

としとったねことまいごのくじら 作:斉藤 洋
絵:みやざき ひろかず
出版社:クレヨンハウス
本体価格:\1,165+税
発行日:1993年07月
ISBN:9784906379255
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,497
みんなの声 総数 4
「としとったねことまいごのくじら」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 賢いとしとったねこ

    としとったねこは、とても賢くて、だてに歳だけとっているのではないなあと感心しました。子クジラと協力して3匹のシャチを追い払ったり、カラバス島に向かう方法も、昔から船乗りたちが、夜、空の星を見て方角を知ったように、長い間ノーザンテースト号で飼い猫として飼われていたので、船乗りの知識を身につけた賢いねこだったのです。慌てないでどう対処したらよいか、考えて行動するねこに脱帽です。

    投稿日:2018/04/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • ネコとクジラ

    このお話は船に乗っていた猫が、その船が難破したのが原因で海の上でクジラと出会うというお話でした。クジラの背中に乗りながら、ねことクジラがお話するストーリーがうちの子はとっても気に入っていたので、何回も読んでって言ってきました。途中シャチたちに襲われたときも、二人の連係プレーで追い払っていたのもすごいって言って喜んでいました。

    投稿日:2013/08/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 知恵

    この猫の知恵は、本当にすごいです。
    海の上に、年をとった猫と迷子のクジラの二人っきり。
    猫が積み重ねてきた知識や経験がなければ、二人とも命を落としていたに違いないことでしょう。
    そして、クジラも精一杯の力で泳いだのだと思います。
    二人の力が合わされたことで、乗り越えたのだと思いました。

    投稿日:2013/02/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 年取ったネコと迷子のクジラの遭遇。
    海の上の話なので、不思議な感じがしましたが、とても素晴らしい設定だと思います。
    迷子のクジラは、親からはぐれて気弱になっていました。
    船から投げ出されたネコは、クジラの子どもに助けられましたが 、海の上では生きていけません。
    子どもだからと襲ってきたシャチから、クジラを守ったのは、ネコが長年の経験から身につけた知恵でした。
    ネコは、また目的地にたどり着くため、方角を知ることもできました。
    ネコとクジラのやりとりのユーモラスと、危機を乗り越えるスリル感が、みやざきひろかずさんのゆったりした絵で、とても味わいのある作品になっています。

    投稿日:2013/02/16

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かえるがみえる
    かえるがみえるの試し読みができます!
    かえるがみえる
    作:松岡 享子 絵:馬場 のぼる 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    かえるがみえる、かえるがかえる、「える」の変化だけで愉快なお話が生まれます!言葉の手品みたいな絵本


【えほんdeみらい】高原かずきさん 永井みさえさん インタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット