トーマス大図鑑 トーマス大図鑑
 出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
キャラクターの最新情報と、テレビシリーズ全440話を大公開! 

はらぺこあおむしなかなかよいと思う みんなの声

はらぺこあおむし 作・絵:エリック・カール
訳:もり ひさし
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1976年05月
ISBN:9784033280103
評価スコア 4.8
評価ランキング 271
みんなの声 総数 776
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

106件見つかりました

最初のページ 前の10件 7 8 9 10 11 次の10件 最後のページ
  • 一緒にむしゃむしゃ

    娘が1歳のときから読み聞かせています。
    娘は、おなかがぺこぺこでむしゃむしゃ食べていくあおむしくんが大好き。
    一緒になってむしゃむしゃ。(実生活でも娘は大食漢です。)
    対象年齢より小さくても、十分楽しめます。

    投稿日:2002/04/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 芸術的

    最初、本を開けた瞬間に飛び込んでくるたくさんの色を見た時、芸術的感性を育てそうと思いました。そして、更に読んでいくと、小さかった青虫が、色々なものを食べて大きくなり、最後には奇麗な蝶になっていて、まさに芸術!
    子供も穴が開いているのがおもしろいらしく、行ったり来たりさせていました。

    投稿日:2002/04/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • わたしもよんだ

    • 19さん
    • 20代
    • ママ
    • 茨城県
    • 男の子1歳

    虫が怖いくらいリアルなのに、なぜか不思議と引き込まれます 。
    少し仕掛け絵本なので、余計に子供心に関心を持ったのかもしれません。自分が読んだ本を子供も読むなんて、うれしいですね。

    投稿日:2002/04/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • おなじみの絵本ですが☆

    子供が2〜3才の頃、よく読んだ本です。キレイな色使いや、穴の開いている果物も面白く、最後のちょうちょになった姿には、いつも「きれいね〜」と言っていました。お菓子ばかり食べるとお腹が痛くなるよ〜っていう事も、一緒に教えられてよかったです。

    投稿日:2002/04/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぬいぐるみを作って・・・

    図書館で大型絵本と、絵本の穴に入る大きさのあおむしのぬいぐるみがあります。
    うちの息子は話の内容はそっちのけで、あおむしくんが1つ2つ3つ・・・とどんどん食べていくところで、穴にあおむしくんを通らせて遊んでいます。
    それだけでもこの絵本の価値はあると思うのですが、もう少し内容を理解していればもっと面白いのになあ・・・と、思っています。

    投稿日:2002/04/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵画

    色使いが何とも言えずいいです。こういう配色の絵本は日本人には描けないのじゃないかな。

    投稿日:2002/04/15

    参考になりました
    感謝
    0

106件見つかりました

最初のページ 前の10件 7 8 9 10 11 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / でんしゃにのったよ / メリー メリー クリスマス!

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



子どもが喜ぶ「うんち」がいっぱい!世界20ヵ国以上で翻訳の絵本

全ページためしよみ
年齢別絵本セット