オオイシさん オオイシさん オオイシさんの試し読みができます!
作: 北村 直子  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪
イヨイヨさん 30代・ママ

買わずにおられなかった、オオイシさん
ワタナベさんでハマって、もう本棚いっぱ…

はらぺこあおむし自信を持っておすすめしたい みんなの声

はらぺこあおむし 作・絵:エリック・カール
訳:もり ひさし
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1976年05月
ISBN:9784033280103
評価スコア 4.8
評価ランキング 271
みんなの声 総数 776
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

647件見つかりました

  • あおむしさんに感謝!

    絵本に興味を示しだした頃に購入しましたが、親の期待を裏切り、あまり興味を示さず、本棚で眠っていました。しかし先日、仲良しのりんちゃんの庭で、本物の青虫を発見!「これ何?」と不思議そう。「あおむしっていうねんで。はっぱさんをいっぱいいっぱい食べて、いっぱいいっぱいねんねして、さなぎになって、またねんねしたら、きれいなちょうちょになるよ」と教えてもらった娘は、その日の夜、パパに「はっぱいっぱいたべて、ねんねしたらちょうちょになるねんて」と教えていました。それからは、この本が大好きに。親がいいと思って与える絵本よりも、子供自身が、自然の中で実際に感じる事や経験する事が大切なんですね。ママもいい勉強になりました。これからも、色んな経験をさせてあげたいと思うし、素敵な絵本に出合いたいと思います。

    投稿日:2002/06/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • 1番、好きな絵本

    • まこままさん
    • 50代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子17歳、男の子14歳

    何度よんだことか。何が、こんなに彼をひきつけるのか。自閉症の障害を持つ息子が、1番、夢中になった絵本です。月曜日、りんごを1つ食べました。食べる身振りをしながら、りんごの絵をかきながら、1を書いて。あの短い言葉のなかに、彼の認知力を引き出すものが、盛り込まれているようです。おなかがぺこぺこと、痛い痛いの身振りも、この本で、身につけることができました。巨大なはらぺこあおむしの本も、何度も図書館で借りて、おもちゃ感覚で楽しみました。反対に、かわいいミニはらぺこあおむしは、どこにいくのも、いっしょでした。今では、家にある本はぼろぼろになってしまいましたが、本屋さんの棚に見かけるたびに、ああーと、思わず手にとってしまいます。

    投稿日:2002/06/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • ちょうの色はすももを食べたから!

    • よしやすさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子5歳、女の子3歳

    2年前長男の旅行のひまつぶしに買ったちっちゃなあおむしの本。下の子が最近寝る前に持ってくるので、大きい本を買ったら、絵が大きくなったので色に目が行くようになりました。蝶の色がなんで青色が入っているんだろう?素朴な質問に考えていました。すると、すももを食べたからだね。私も納得してしまいました。

    投稿日:2002/05/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • ちょっとせつない思い出

    • みもざさん
    • 20代
    • ママ
    • 山梨県
    • 女の子6歳

    私が小学校に入学した頃、母方のおばあちゃんから送ってもらった本の中の1冊が「はらぺこあおむし」でした。しかけ絵本を見たのは初めてで「月曜日りんごをひとつみつけてたべました」からの穴の開いたページが大好きでした。そしてあおむしがちょうちょになるページ・・・私はなぜかこのページが寂しくてたまりませんでした。今になってみると、実母が5歳の時に病気で亡くなったのでそのせいかなと思います。ちょうちょになったら飛んでいってしまうというイメージをもったのかもしれません。今もこの絵本は現役で、6歳の娘の愛読書となっています。母親の私から読んでもらう娘と私自身の感じ方はちがうでしょうが、いつまでもだれにでも愛される絵本だと思います。

    投稿日:2002/04/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • 奥の深い一冊です。

    • なぁなさん
    • 20代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子1歳

    この絵本は我が家では思い出の一冊!という事もあって娘が生まれて、初めて与えたのがこの絵本でした。NewsWeekの別冊で生後4ヶ月になったら今まで見たこともない色を見せてあげましょうとあったのもあり、この絵本を一冊目として選びました。初めはカラフルなページをただ眺めていただけだったけど、 お座りする頃には自分でページをめくれるようになり、その内に読んで、と持ってくるよ うにもなり。毎日一度は必ず手にする一冊になりました。めくったり、破いたり して何度テープで貼って修正した事か・・・
    この絵本は実は‘しかけ絵本’と呼ばれる物で、あおむしが食べた跡を丸く穴を開けてあります。一歳になった今は、その穴に自分の指を入れて裏から覗いたりして、絵本なのに読むだけじゃない違う遊びまで生み出してます。最初は豊かな色彩による刺激を与えてくれ、次にはページをめくる事で指先の発達を促され、今はまた違う楽しみを見出して、きっと次は「いちご」と言葉を発する為の手助けをしてくれるはず。そしてまた次はあおむしがちょうちょへ変わる不思議に気づいて・・・たった一冊の絵本にこんなに沢山いろんな物が詰まってるんですよ。次に娘がこの絵本でどんな事を見つけてくるのか、私もとっても楽しみです!あおむしが次々と食べ物を見つけて、きれいなちょうちょになったように。

    投稿日:2002/02/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • 歌いながら

    保育園で覚えてきたらしく、げっつよーび♪りんごをひーとつたっべましたー♪♪と楽しそうに歌っていたので購入したところ、最初から最後まで一人で歌いながら読んでいて、我が子の成長にビックリした一冊です。あまりにも気に入っているので、おでかけ用にボードブックも購入しました。

    投稿日:2018/11/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 時代を超える

     この絵本のことを知らない子どもたちはいないかもしれない。
     この絵本のことを知らない大人たちも少ないかもしれない。
     まして、絵本大好きなママさんたちはこの絵本が大好きだ。
     折り紙で「あおむし」君を作ったり、揃いの「あおむし」君Tシャツを着たりして。
     何より、この絵本の読み聞かせともなれば、読む方も聞く方も楽しくて仕方がないのじゃないだろうか。

     この絵本は仕掛け絵本というジャンルにはいるのであろうか。
     大がかりな仕掛けではない。
     「あおむし」君の食事と仕掛けがうまく重なって、仕掛けが何重にも面白く出来上がっている。このあたり、ページの中から子どもたちの歓声が聞こえてきそう。それってもしかしてもっとも大きな仕掛けだったりする?

     しかし、この絵本の本当の仕掛けはその色ではないだろうか。
     「あおむし」君の身体の緑ひとつとっても、その多彩さに目を奪われる。ましてや、成長してちょうちょになったその姿の豪華さはどうだろう。
     子どもたちのため息が聞こえるようではないか。

     おそらくこの絵本の魅力は何年経っても変わらないだろう。
     私たちがいなくなっても、次の親たちが、その次の親たちへと、そしてそれは新しい子どもたちにも間違いなく続くだろう。
     時代を超える。
     これがもっとも大きな仕掛けではないか。

    投稿日:2017/09/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 定番

    こどもの好きなほんです。もう定番ですよね。
    カラフルで、わかりやすいの何度も読めるお話です。
    私も何度も読んでいて、本を開かなくても読めます 笑
    子どもも楽しそうに絵本の穴に触っています。土曜日が大好きな食いしん坊ノ子どもです。
    蝶になるとぱたぱたページを動かして喜んでいます。

    投稿日:2017/09/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょうちょになった!

    知らない人はいないんじゃないかというくらい有名な絵本ですよね。私も、保育園か小学校での読み聞かせの時間に読んでもらった記憶があります。その時は最後のページのちょうちょになった時の絵がショッキング過ぎて、もう二度と読みたくないと思ったほどでした。(もともと蝶々が嫌いというのが大きい理由かもしれませんが)
    母になってこの絵本を息子に読んでみたところ、どうやら嫌いではないみたい。特におかしがいっぱい出てくるページがお気に入りで、「チョコレートケーキと、アイスクリームと…」と一緒に読んでいます。そして、最初のページは歌っています。歌があることは息子に歌ってもらって初めて知りました。面白いですね。
    やっぱり、名作にはちゃーんと良さがあるんですね。でも、何故か息子は最後のページがくる前に読み終えようとしちゃうんですよね…。もしや息子もちょうちょ嫌い、なのかもしれません…。

    投稿日:2017/03/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • おいしそう

    • ぽこさん
    • 10代以下
    • その他の方
    • 長野県

    とてもかわいらしいお話でした。
    わたしは、小さいころ、『はらぺこあおむし』を
    何回も読みました。ママがちょうちょのページになった時
    本をぱたぱたさせてくれたのもおぼえています。
    小さい時は、「なんでこんなに食べるんだろう」と思って
    いました。

    わたしは、土曜日に食べたチョコレートケーキとアイスク
    リームと、サラミと、ぺろぺろキャンディーと、さくらんぼ
    パイの絵が上手で、とってもおいしそうなので
    本の中からとりだして食べたいです。

    投稿日:2016/12/30

    参考になりました
    感謝
    0

647件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / でんしゃにのったよ / メリー メリー クリスマス!

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『たべものやさん しりとりたいかい かいさいします』シゲタサヤカさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット