ねむねむごろん ねむねむごろん ねむねむごろんの試し読みができます!
作・絵: たなかしん  出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!
\毎日の寝かしつけに/ おやすみ前に ”ねむねむポーズ” してみよう!

はらぺこあおむし自信を持っておすすめしたい みんなの声

はらぺこあおむし 作・絵:エリック・カール
訳:もり ひさし
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1976年05月
ISBN:9784033280103
評価スコア 4.8
評価ランキング 271
みんなの声 総数 776
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

647件見つかりました

  • 歌とセットで、大好きになりました♪

    私がまだ10代の頃、友人が 「子供の頃から好きだった」 と見せてくれ、ずいぶん前から知ってはいました(#^.^#)

    自分に子供が産まれ、最初は1〜2歳の頃に、普通に読んでみましたが、当時の反応はイマイチでした。

    とっても人気がある本なのに、この子にはイマイチか〜 と思っていたのですが、ある時、支援センターで大きな絵本 & 歌付きで読んでもらうと、途端に興味を示し始めました!

    最初は歌が覚えられなかったので、CD付きの絵本を借り、親子で何度も聞いて覚えた所、2歳半位で 「自分で歌いながら読む」 様になりました♪


    お友達が、ママ自作の 「あおむしぬいぐるみ」 を持っているのを見て、とってもうらやましがったので、がんばって手作りしたら、大喜び♪

    今では、ぬいぐるみを動かし、楽しそうに歌を歌いながら、絵本をめくっています。


    読んでみたけど、反応がイマイチ… と思っていましたが、「歌いながら読む」 は、予想以上に好反応でしたし、メロディーがあるだけで、結構長い文章でも、本一冊分覚えられるものなんだなぁ、と感心しました(#^.^#)。

    絵本もですが、一緒に 「はらぺこあおむしの歌」 もオススメですよ!

    投稿日:2016/09/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色合いが綺麗

    1歳の時はボードブックで読み聞かせしました。厚紙なので指をいれても破れなかったので。2歳になり、絵本に興味を持ち始めた時にこちらの大型絵本で読み聞かせしました。本来であれば青虫って気持ちが悪いと思ってしまうのですが、ビビットで鮮やかな色使いとコミカルはイラストであっという間に引きこまれます。

    食いしん坊の青虫に、息子も食べている量を想像できてびっくりします。穴が空いた仕掛けのページと美味しそうな食べ物。
    指で触りながら、お腹も空いてしまいます。

    青虫が蛹というテントで寝て、出てくるととっても綺麗な蝶になるのが不思議なようです。お着替えしたのかな?ダイエットしたのかな?

    色々な想像をして遊びました。お布団では青虫ごっこもしました。
    楽しかったです。

    投稿日:2016/09/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • とっても有名な絵本

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳

    はらぺこあおむしは絵本としても有名ですが、キャラクターグッズもとても人気です。
    大人でも好きな人が多いですね。実際に私もグッズを持っています。カラフルだしかわいいのです。
    娘が1〜2歳のころにはそんなに好きというわけではなさそうでしたが、3〜4歳のころには自分で選んできて読んだりしてましたね。1〜2歳のころは、あいてる穴に興味しんしんでした。この本はいつも身近にあったので、娘はごはんのときに、「○○ちゃん、はらぺこあおむしだよ」とか「まだまだおなかはぺっこぺこ」とか言うことがあります。 読みながら曜日や数、蝶の成長を学べる、知育絵本でもあるそうです。あおむしがちょうちょになることを、この本で初めて知る子が多いでしょうね。うちは小さい持ち運び用を持っていますが、絵の魅力を味わうなら大きい本がよかったかなと思っています。

    投稿日:2016/08/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親子二代で

     とっても大好きな絵本です。わたしが幼稚園の頃大好きだった絵本で,母がずっととっておいてくれました。その絵本をまたわたしが子どもたちに読むことができるなんて!
     三人の子どもに読み聞かせましたが,末娘は,始めは「虫きらい」なんて言っていましたが,最後きれいなチョウチョに変身するところで「きれい」と大喜びでした。特にチョウチョが飛ぶように本をぱたぱたさせると本物みたいと喜んでくれました。
     穴があいているところに指を入れて青虫君になってみたり,いろんな楽しみ方ができると思います。
     読み聞かせの会では,ピアノで弾き語りをしていたのを聞いたことがあります。1回聞いただけで,子どもたちがメロディーを口ずさんでいました。やっぱり心に残る作品なのでしょうね。

    投稿日:2016/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 世界的に有名なはらぺこあおむし。
    赤ちゃんの頃はカラフルな絵柄で興味を惹きますし、自然にひとつ、ふたつと増えていく果物で初めての数数えにも使えると思います。
    そして絶妙な大きさであいている穴も興味をそそる作り。
    内容を理解できる年齢にはいっぱい食べると大きくなれるメッセージが込められていると思います。最後はきれいな蝶になるのも良いつくりだと思いますし、本のリズムとしても最高です。人気があるのも納得の一冊です。

    投稿日:2016/05/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 納得のロングセラー

    親の私が虫が苦手なので、何となく積極的に手に取らずにいた絵本でしたが、子供達は図書館で見かける度に「はらぺこあおむし読んで!」と持ってきます。
    リズム感の良い文章なので、2歳の娘も「りんごをひとつたべました」と見よう見まねで読んでいたり。
    海外の絵本だけあって、出てくる食べ物がプルーン(すもも)だったり、サラミだったり、ピクルスだったりと、あまり見慣れない物も登場しますが、子供達にはそんなの関係ないんですね。
    私自身も何度も読むうちに、今までは子供の落書きのようだと思っていた(失礼!)絵が、実はとても美しい色の重なりで描かれていることに気づきました。
    エリック・カール氏が色の魔術師と言われているのも納得。
    子供達は4歳・2歳なので今更な気もしますが、やはり手元に一冊置いておきたいと思うようになりました。

    投稿日:2015/07/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • お歌とともに♪

    なんといってもエリックカールさんの絵が秀逸ですよね
    ユーチューブで何度か歌verを見せて
    うろ覚えではあるんですが
    歌いながら読み聞かせてました
    チョコレートケーキと〜♪
    のところは息子も必ず歌って読んでいます
    (読めないですが絵をみながら)
    あんまり日本ではなじみないのない食べ物ですが。。
    そんだけいっぱい食べればそりゃお腹いたくなりますよね
    いつもお菓子いっぱい食べたがるときに
    あおむしさんみたいにおなか痛くなるよ〜と
    言い聞かせてます

    投稿日:2015/06/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • いもむし

    • すっくるさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子3歳

    私がエリックさんが大好きで、
    子供ができたら読んであげたい一冊でした。
    小さいころから読んでいるから、
    3歳の娘は自分でも読めます。といっても、文字は読めないので、
    暗記しているだけですが。。。
    こんなすらっと覚えてしまうところも
    この本の魅力。

    うちの娘は、なぜかあおむしではなくいもむしという。。。

    今は、いつちょうちょさんになるの?
    ひーちゃんはまだ、さなぎ?あおむし?
    など自分を当てはめてます。

    「成長する」ことで変化することを学んでくれた一冊。

    おやつを食べ過ぎておなか痛くなるあおむしくんは
    ママにも強い見方。
    葉っぱを食べて元気になるあおむしくんは
    ママにも強い見方。

    これからも親子の愛する一冊として
    たくさん読みたいです。

    投稿日:2015/05/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 名作

    • はすかさん
    • 20代
    • その他の方
    • 島根県

    小さい時に家や保育園で何度も読んでもらった記憶があります。
    今もずーっと人気なことが嬉しいです。
    お腹が痛くなるところとか、とっても可愛くてお気に入りですし、
    最後にカラフルな蝶になるのもお気に入りです。
    この作者さんの鮮やかで綺麗な絵は大人になってもいいなと思えるので、ずっと手元に置いておきたい素敵な絵本です。

    投稿日:2015/03/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 生後半年から

    読み聞かせがいいと、漠然と教えてもらって、試しにと購入した絵本でした。
    生後半年ほどでしたが、おとなしく最後まで聞いていましたし、じーっと見てました。
    性格が大人しいからなのか名作だからなのかは分かりませんが、このとしで絵本をちゃんと聞けるって凄い!と当時はママ友から褒められました。ちょっと、赤ちゃんにとっては長い絵本ですが、少し経つと穴に指を突っ込んで遊んだりしていました。
    3歳頃になると、歌いながら一緒に読んだりもしました。
    長期間楽しめます。

    投稿日:2015/03/24

    参考になりました
    感謝
    0

647件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / でんしゃにのったよ / メリー メリー クリスマス!

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


祝! 10周年記念! 「ばけたくん」シリーズ<br>岩田明子さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット