100円たんけん 100円たんけん 100円たんけんの試し読みができます!
文: 中川 ひろたか 絵: 岡本 よしろう  出版社: くもん出版
100円でなにが買える? お金の見方がちょっと変わる、 はじめてのお金えほん!
ゆうちょさんさん 60代・じいじ・ばあば

これはとってもおもろい
これはとってもおもろいです。 普…

はらぺこあおむし自信を持っておすすめしたい みんなの声

はらぺこあおむし 作・絵:エリック・カール
訳:もり ひさし
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1976年05月
ISBN:9784033280103
評価スコア 4.8
評価ランキング 271
みんなの声 総数 776
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

647件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 歌いながら

    保育園で覚えてきたらしく、げっつよーび♪りんごをひーとつたっべましたー♪♪と楽しそうに歌っていたので購入したところ、最初から最後まで一人で歌いながら読んでいて、我が子の成長にビックリした一冊です。あまりにも気に入っているので、おでかけ用にボードブックも購入しました。

    投稿日:2018/11/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもたちが大好き

    食べて食べて食べて…
    子どもたちにとって、こんなに嬉しいことは、ないでしょう。
    喜びにあふれています。

    色も美しいし、デザインも洗練されています。
    うちでは、穴に通す、青虫の人形を作って楽しみました。

    歌えるCDもあります。この曲(メロディ)も、絵本に合っていて、とてもいいです。

    投稿日:2017/10/05

    参考になりました
    感謝
    2
  • 定番

    こどもの好きなほんです。もう定番ですよね。
    カラフルで、わかりやすいの何度も読めるお話です。
    私も何度も読んでいて、本を開かなくても読めます 笑
    子どもも楽しそうに絵本の穴に触っています。土曜日が大好きな食いしん坊ノ子どもです。
    蝶になるとぱたぱたページを動かして喜んでいます。

    投稿日:2017/09/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 時代を超える

     この絵本のことを知らない子どもたちはいないかもしれない。
     この絵本のことを知らない大人たちも少ないかもしれない。
     まして、絵本大好きなママさんたちはこの絵本が大好きだ。
     折り紙で「あおむし」君を作ったり、揃いの「あおむし」君Tシャツを着たりして。
     何より、この絵本の読み聞かせともなれば、読む方も聞く方も楽しくて仕方がないのじゃないだろうか。

     この絵本は仕掛け絵本というジャンルにはいるのであろうか。
     大がかりな仕掛けではない。
     「あおむし」君の食事と仕掛けがうまく重なって、仕掛けが何重にも面白く出来上がっている。このあたり、ページの中から子どもたちの歓声が聞こえてきそう。それってもしかしてもっとも大きな仕掛けだったりする?

     しかし、この絵本の本当の仕掛けはその色ではないだろうか。
     「あおむし」君の身体の緑ひとつとっても、その多彩さに目を奪われる。ましてや、成長してちょうちょになったその姿の豪華さはどうだろう。
     子どもたちのため息が聞こえるようではないか。

     おそらくこの絵本の魅力は何年経っても変わらないだろう。
     私たちがいなくなっても、次の親たちが、その次の親たちへと、そしてそれは新しい子どもたちにも間違いなく続くだろう。
     時代を超える。
     これがもっとも大きな仕掛けではないか。

    投稿日:2017/09/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょうちょになった!

    知らない人はいないんじゃないかというくらい有名な絵本ですよね。私も、保育園か小学校での読み聞かせの時間に読んでもらった記憶があります。その時は最後のページのちょうちょになった時の絵がショッキング過ぎて、もう二度と読みたくないと思ったほどでした。(もともと蝶々が嫌いというのが大きい理由かもしれませんが)
    母になってこの絵本を息子に読んでみたところ、どうやら嫌いではないみたい。特におかしがいっぱい出てくるページがお気に入りで、「チョコレートケーキと、アイスクリームと…」と一緒に読んでいます。そして、最初のページは歌っています。歌があることは息子に歌ってもらって初めて知りました。面白いですね。
    やっぱり、名作にはちゃーんと良さがあるんですね。でも、何故か息子は最後のページがくる前に読み終えようとしちゃうんですよね…。もしや息子もちょうちょ嫌い、なのかもしれません…。

    投稿日:2017/03/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • おいしそう

    • ぽこさん
    • 10代以下
    • その他の方
    • 長野県

    とてもかわいらしいお話でした。
    わたしは、小さいころ、『はらぺこあおむし』を
    何回も読みました。ママがちょうちょのページになった時
    本をぱたぱたさせてくれたのもおぼえています。
    小さい時は、「なんでこんなに食べるんだろう」と思って
    いました。

    わたしは、土曜日に食べたチョコレートケーキとアイスク
    リームと、サラミと、ぺろぺろキャンディーと、さくらんぼ
    パイの絵が上手で、とってもおいしそうなので
    本の中からとりだして食べたいです。

    投稿日:2016/12/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 歌とセットで、大好きになりました♪

    私がまだ10代の頃、友人が 「子供の頃から好きだった」 と見せてくれ、ずいぶん前から知ってはいました(#^.^#)

    自分に子供が産まれ、最初は1〜2歳の頃に、普通に読んでみましたが、当時の反応はイマイチでした。

    とっても人気がある本なのに、この子にはイマイチか〜 と思っていたのですが、ある時、支援センターで大きな絵本 & 歌付きで読んでもらうと、途端に興味を示し始めました!

    最初は歌が覚えられなかったので、CD付きの絵本を借り、親子で何度も聞いて覚えた所、2歳半位で 「自分で歌いながら読む」 様になりました♪


    お友達が、ママ自作の 「あおむしぬいぐるみ」 を持っているのを見て、とってもうらやましがったので、がんばって手作りしたら、大喜び♪

    今では、ぬいぐるみを動かし、楽しそうに歌を歌いながら、絵本をめくっています。


    読んでみたけど、反応がイマイチ… と思っていましたが、「歌いながら読む」 は、予想以上に好反応でしたし、メロディーがあるだけで、結構長い文章でも、本一冊分覚えられるものなんだなぁ、と感心しました(#^.^#)。

    絵本もですが、一緒に 「はらぺこあおむしの歌」 もオススメですよ!

    投稿日:2016/09/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色合いが綺麗

    1歳の時はボードブックで読み聞かせしました。厚紙なので指をいれても破れなかったので。2歳になり、絵本に興味を持ち始めた時にこちらの大型絵本で読み聞かせしました。本来であれば青虫って気持ちが悪いと思ってしまうのですが、ビビットで鮮やかな色使いとコミカルはイラストであっという間に引きこまれます。

    食いしん坊の青虫に、息子も食べている量を想像できてびっくりします。穴が空いた仕掛けのページと美味しそうな食べ物。
    指で触りながら、お腹も空いてしまいます。

    青虫が蛹というテントで寝て、出てくるととっても綺麗な蝶になるのが不思議なようです。お着替えしたのかな?ダイエットしたのかな?

    色々な想像をして遊びました。お布団では青虫ごっこもしました。
    楽しかったです。

    投稿日:2016/09/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • とっても有名な絵本

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳

    はらぺこあおむしは絵本としても有名ですが、キャラクターグッズもとても人気です。
    大人でも好きな人が多いですね。実際に私もグッズを持っています。カラフルだしかわいいのです。
    娘が1〜2歳のころにはそんなに好きというわけではなさそうでしたが、3〜4歳のころには自分で選んできて読んだりしてましたね。1〜2歳のころは、あいてる穴に興味しんしんでした。この本はいつも身近にあったので、娘はごはんのときに、「○○ちゃん、はらぺこあおむしだよ」とか「まだまだおなかはぺっこぺこ」とか言うことがあります。 読みながら曜日や数、蝶の成長を学べる、知育絵本でもあるそうです。あおむしがちょうちょになることを、この本で初めて知る子が多いでしょうね。うちは小さい持ち運び用を持っていますが、絵の魅力を味わうなら大きい本がよかったかなと思っています。

    投稿日:2016/08/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親子二代で

     とっても大好きな絵本です。わたしが幼稚園の頃大好きだった絵本で,母がずっととっておいてくれました。その絵本をまたわたしが子どもたちに読むことができるなんて!
     三人の子どもに読み聞かせましたが,末娘は,始めは「虫きらい」なんて言っていましたが,最後きれいなチョウチョに変身するところで「きれい」と大喜びでした。特にチョウチョが飛ぶように本をぱたぱたさせると本物みたいと喜んでくれました。
     穴があいているところに指を入れて青虫君になってみたり,いろんな楽しみ方ができると思います。
     読み聞かせの会では,ピアノで弾き語りをしていたのを聞いたことがあります。1回聞いただけで,子どもたちがメロディーを口ずさんでいました。やっぱり心に残る作品なのでしょうね。

    投稿日:2016/05/22

    参考になりました
    感謝
    0

647件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / でんしゃにのったよ / メリー メリー クリスマス!

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ダム・キーパー』トンコハウス 堤大介さん インタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット