オオイシさん オオイシさん オオイシさんの試し読みができます!
作: 北村 直子  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

ひっぱりだこの大スター
全ページ、お試し読みで読みました。 …

はらぺこあおむし」 パパの声

はらぺこあおむし 作・絵:エリック・カール
訳:もり ひさし
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1976年05月
ISBN:9784033280103
評価スコア 4.8
評価ランキング 270
みんなの声 総数 775
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

31件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • う-ん。すごいにつきる。

    何回この本を読んだことでしょうか、、、。
    我が家ではこの『はらぺこあおむし』ならぬ、『ちょうちょむし』と名を変えているくらい愛読している本です。
    やはり、注目すべきはチョコレ−トケ−キ、アイスクリ−ム、ピクルスと食べ過ぎておなかをこわすところです。
    うちの娘はこれらの食べ物を順番どおり指を差し、そしてしゃべり、最後のおなかをこわす絵では『え-んえ-ん。』と泣いてしまいます。泣くふりをするだけですが(笑)。
    そして最後には『うわ--!ちょうちょ』と。
    本を読みながら、子供を見ていると、喜怒哀楽の怒以外の表情がみれます。
    すばらしく完成度が高い本です。

    投稿日:2003/03/29

    参考になりました
    感謝
    2
  • 最近特に興味が出てきた様子

    • キースパパさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子2歳、女の子0歳

    1歳児くらいの頃から読んでいたのですが、当時の反応はいまひとつでした。
    それが3歳になろうとしている今、俄然興味がわいてきた様子です。
    周囲でよく見かけるようになったことが要因の一つかもしれません。
    つたない感じで『あ△☆むし×●さんだねえ』(はらぺこあおむしさん)と言いながら絵本を楽しんでいる様子。
    月齢を追うことで興味が出てくることもあるのだなあと、改めてその魅力を思い知らされました。

    投稿日:2013/09/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • 時代を超える

     この絵本のことを知らない子どもたちはいないかもしれない。
     この絵本のことを知らない大人たちも少ないかもしれない。
     まして、絵本大好きなママさんたちはこの絵本が大好きだ。
     折り紙で「あおむし」君を作ったり、揃いの「あおむし」君Tシャツを着たりして。
     何より、この絵本の読み聞かせともなれば、読む方も聞く方も楽しくて仕方がないのじゃないだろうか。

     この絵本は仕掛け絵本というジャンルにはいるのであろうか。
     大がかりな仕掛けではない。
     「あおむし」君の食事と仕掛けがうまく重なって、仕掛けが何重にも面白く出来上がっている。このあたり、ページの中から子どもたちの歓声が聞こえてきそう。それってもしかしてもっとも大きな仕掛けだったりする?

     しかし、この絵本の本当の仕掛けはその色ではないだろうか。
     「あおむし」君の身体の緑ひとつとっても、その多彩さに目を奪われる。ましてや、成長してちょうちょになったその姿の豪華さはどうだろう。
     子どもたちのため息が聞こえるようではないか。

     おそらくこの絵本の魅力は何年経っても変わらないだろう。
     私たちがいなくなっても、次の親たちが、その次の親たちへと、そしてそれは新しい子どもたちにも間違いなく続くだろう。
     時代を超える。
     これがもっとも大きな仕掛けではないか。

    投稿日:2017/09/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 定番・鉄板

    • はるたっくさん
    • 30代
    • パパ
    • 東京都
    • 女の子2歳、男の子0歳

    娘が0歳のときに出産祝いでいただきました。

    鮮やかな色彩、穴のしかけ、たくさんのおいしそうな食べ物…
    子供が大好きになるのもわかります。

    成長と共に興味を持つ点が変わってきて、
    2歳半になった今は数や曜日の認識がでてきたので、
    読んでいると「げつようびは…」と、とても嬉しそうに教えてくれるようになりました。

    ボードブックではないので我が家では補修が必須でしたが、
    赤ちゃんから長く楽しめる絵本だと思います。

    投稿日:2013/05/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 元気の代表キャラクター

    たまごからちょうになるまで、ひたすら食べ続けるあおむしくんのたくましさに圧倒される絵本です。
    キャラクターとしては、あちこちで見かける人気者。
    あおむしくんの通り抜けた穴がこの絵本の楽しさで、子どもには「穴」がとても魅力的なようでした。

    投稿日:2013/02/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • え-んえ-ん

    • サンチョさん
    • 30代
    • パパ
    • 広島県
    • 男の子1歳、

    さすがに有名なだけあってサイズ違いや英語バージョン等、頂き物も含めて三冊持ってます。
    最初は同じの持っててどうすんだ?と思ってましたが、子どもと一冊ずつ持って同じページをめくりながら読むのも楽しいです。
    うちの子のお気に入りシーンは『お腹が痛くなりえーんえーんと泣きました』のところです。一緒に泣きまねをしてくれてほっこりします。

    投稿日:2012/06/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一家に一冊!

    • うさりすさん
    • 30代
    • パパ
    • 鹿児島県
    • 男の子5歳、男の子4歳、女の子3歳

    内容、絵、インテリアに、どれを取っても間違いなくおススメです。
    子どもは指を入れて何度読んでもとても楽しんでいます。
    カラフルな絵にワクワク楽しい気分になる一冊です。

    投稿日:2011/11/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不朽の名作

    いつまでたっても色あせない名作(*^_^*)

    大好きな絵本の一つです。

    子ども三人みんな好きでよく読みます。
    特に、さくらんぼパイ、カップケーキ、スイカが好き。

    投稿日:2011/09/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • カラフルで綺麗な作品でした

    • 海斗パパさん
    • 40代
    • パパ
    • 神奈川県
    • 男の子0歳

    この絵本は色彩がカラフルで、綺麗な作品でした。
    4ヶ月の息子に読んであげると、じーっと絵を見つめながら
    黙って聞いています。カラフルな色使いが、赤ちゃんには
    とても心地良いのだと思います。

    投稿日:2011/02/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょうちょ!

    もうこの本は言わずと知れたとても有名な本。でも有名なだけであおむしの本だし、面白いの?なんて読む前は半信半疑でした。が、はやり面白かったです。この本がエリックさんを知るきっかけにもなりました。穴が開いているところ、数や曜日も覚えられるところが良いです。そして小さかった青虫がさなぎになってちょうちょになる、というあおむしの成長過程も自然に学べます。最後のちょうちょはそれほど鮮やかではないのですが、娘は最後のページをめくるのが大好きで「ちょうちょー!」ととっても嬉しそうに答えます。お話としてはとても面白く、さすが有名な本だな、と納得の1冊です。

    投稿日:2010/08/16

    参考になりました
    感謝
    0

31件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが / でんしゃにのったよ / メリー メリー クリスマス!

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



とっておきの場所をとられちゃったククー、さあどうする…?!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット