話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
だれかのプレゼント

だれかのプレゼント(文溪堂)

『100にんのサンタクロース』谷口智則さん待望の新作サンタ絵本

うしがそらをとぶ」 みんなの声

うしがそらをとぶ 作・絵:デーヴィッド・ミルグリム
訳:吉上 恭太
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
税込価格:\1,540
ISBN:9784198609320
評価スコア 4.47
評価ランキング 9,908
みんなの声 総数 18
「うしがそらをとぶ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

18件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 別世界

    • なびころさん
    • 20代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子 6ケ月

    窓の向こうに別世界が広がっているのがとても素敵でした。大きな牛が空を飛んでいる姿は圧巻でした。牛が空を飛ぶ姿は今まで想像した事もなかったのでとても強烈に目に焼きつきました。気持ちよさそうに空を飛んでいる姿を見ていたら私までもとても心地よくなりました。眼鏡が印象的な先生は科学的な根拠から牛は飛ばないと言い張り現実を見ようともしない姿がとても勿体無いなと思いました。町の人も自分達の頭上を飛んでいるのにもかかわらず、見ようとしないがために勿体無いなと思いました。見ようとする気持ちさえあれば世の中はもっと楽しくなるのだという事をこの絵本によって気がつきました。

    投稿日:2007/11/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 否定しない!

    • ねーねーさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 女の子12歳、女の子11歳

    うしはそらをとばない。普通はそうだ。
    子供の描く絵の中ぐらい空を飛んでもいいと読み始めはおもった。それさえも否定しまうお父さんにちょっとガッカリ。
    うしがとんでる!と男の子は教えてあげているのに、大人は誰も空を見上げてみようとはしない。愉快な景色が見えただろうに・・・

    もしも、この本みたいにうしがそらを飛ぶなら私だって絶対みたい!それには子供を頭から否定しない。そんな事ありえないって理性で思っても、子供の話にのっかってみる。もしかしたら、自分の常識を超えるものが見えたり聞けたりするかもしれないから。
    子供との接し方をみなおしてみようと思った。

    投稿日:2007/09/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 飛ばしちゃえ〜

    • 花ぶらんこさん
    • 40代
    • ママ
    • その他
    • 男の子11歳、女の子9歳

    可愛いらしいイラストでお話も
    「牛が空を飛ぶ」ですのでちょっと変わってますね。
    男の子が描いた牛が空を飛んでいる図、
    風が空高く持ち上げてそれは牛さんが集まっているとある牧場へ。
    こんな絵を見せられたら牛だって
    黙って見過ごすことなんてできません、
    よっしゃ、いっちょう飛んであげようじゃないか(と言ったかどうか)。
    きっと男の子だけの空想かもしれないけど
    こういうの大事にしてあげたほうがいいんじゃないかと
    思わせてくれます。
    大人になると無くしてしまう世界、
    でもそれを否定してしまったら子供達はかわいそう。
    ありえなくても「すごいなぁ〜」って一言言ってあげたいですよね?

    投稿日:2007/07/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • ビックリ!!

    ぼくが「うしがそらをとんでるよ!」って言ってもだ〜れも
    そらをみれくれない!!ぼく一人、素敵なものを見ちゃって
    牛たちはどこかにとんでったから、次はどんなものを?
    男の子ならではの発想がかわい♪
    息子も早速真似して絵を描いたよ!うまく飛んでくれるかな〜??

    投稿日:2007/01/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 周りの大人の描写が面白い!

    「うしがそらをとんでいるよ」という子供の言葉に対する大人の反応はさまざま。
    最初から否定して話も聞かないお父さん。
    否定はしないけど見に行ってはあげないお母さん。
    自分を基準にしか考えられないおばあちゃん。
    理詰めで否定する先生。
    自分はどのタイプかなあ〜?

    この本に描かれている大人はかなり個性的。電動ドリル片手にDIYに励むお母さんとか、郵便配達のおばあちゃんとか。
    それでも「常識」にがんじがらめにならざるを得ないのが大人の悲しさなのかもしれません。

    まだまだ頭がふわふわの娘は、この話の奇想天外さには気づくはずもなく、飛んでいる牛たちの姿を素直に楽しんでいました。うらやましい。

    投稿日:2006/10/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 想像力豊かに・・・

    もうすぐ小学生にあがる息子が、図書館で選んだのですが、ちょっと物足りなかったようす。何年か前に是非出会っていたかったなと思いました。読んでみるとなんとなく分かります。想像力は豊かになると思います。

    投稿日:2005/03/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • とにかくおもしろい

    うしがそらをとぶなんて ありえない〜って思った人に
    是非に読んでもらいたい本です。
    この本は、子どもに一番大切な想像心をふくらませてくれます。
    絵もとてもユニークで、親子で思わず笑っちゃいます。
    この世の中に、絶対にありえないものなんて
    ないんじゃあないかなって思えてきます。

    そして、子どもの話を聴いてあげることの大切さを
    教えてくれます。
    読み終わると、なんだかウキウキしているうれしい絵本です。

    投稿日:2005/01/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 空いっぱいに牛が飛んでいるよ!

    • ムースさん
    • 30代
    • ママ
    • その他
    • 男の子8歳、女の子3歳

     ある日、ぼくの描いた絵が本当になっちゃった! 牛が空を飛ぶ絵を描いたぼくは、それが現実になってびっくり。でも誰も信じてくれない。こんなすごい光景って絶対にないのに。
     子供のイマジネーションをそのまま絵本にした感のある作品。牛が足をばたばたさせながら、無邪気に空を飛ぶイラストが愉快です。こちらの小学校では空想に遊ばせる姿勢を奨励するので(?)、作者もきっと子供の頃、こうやって夢想したのかな…と思いました。息子も奇想天外なことが大好き。ちょっと彼には幼い絵本かなと思ったけれど楽しみました。

    投稿日:2002/11/26

    参考になりました
    感謝
    0

18件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / よるくま / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • わたしたち
    わたしたち
     出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
    母と子の強い絆を描いたチリの絵本。いつか旅立ってゆく、あなたへおくるメッセージ
  • ZOOM
    ZOOMの試し読みができます!
    ZOOM
    作・絵:イシュトバン・バンニャイ 出版社:復刊ドットコム 復刊ドットコムの特集ページがあります!
    クリスマスプレゼントにも!


子どもの感性を育み、こころに残る絵本児童書8選 レビューコンテスト<西日本ファミリー読書>

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.47)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット