いっしょにあそぼ しましまぐるぐる いっしょにあそぼ しましまぐるぐる
絵: かしわら あきお  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
0歳0カ月から!赤ちゃんもママも楽しい「しまぐる」は、プレゼントにピッタリです★

ぼくのかえりみちなかなかよいと思う みんなの声

ぼくのかえりみち 作・絵:ひがし ちから
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2008年10月
ISBN:9784776403173
評価スコア 4.83
評価ランキング 129
みんなの声 総数 98
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 白線の上だけを歩いて帰る。
    誰でも一度は経験したことがありますよね。親としては懐かしい気分。

    でも、ほんとに白線の下があんなに深い谷底のようになっていたら...。
    想像力を膨らませて歩いたら、スリル満点です。
    息子も「ひゃ〜怖い〜」と言いって、ドキドキしながら見ていました。

    大人になると、危険かどうかや無駄かどうかを考えてしまって、想像して楽しむ余裕がなくなるのかもしれません。
    子供の豊かな想像力が羨ましいです。

    投稿日:2015/02/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • 身近で短い冒険

    「えんふねにのって」が大好きなので、こちらも借りて読みました。こちらのレビューがとても良かったので期待しすぎてしまいましたが、面白さは普通ですね。長さも短く、1年生の男子向きかな。2年生もギリギリ楽しいかな。
    我が家の幼稚園児(男子)の反応はイマイチ、長男(小学生男子)は、まあまあでした。

    投稿日:2018/11/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと早かったかな?

    • ほっぺこさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子4歳、男の子0歳

    そらくんが自分ルール「白い線の上を歩いて帰る」を作って家まで帰るお話です。
    自分の小さい頃を思いだしました。
    やった、やった、こういう自分ルール。
    赤い部分だけしか踏んじゃダメとか。
    途中で白い部分を触ればセーフとか、ルールを追加してるのも、あるあるだなぁと思いました。
    白い線以外は断崖になる絵とか、そらくんの心境がよくわかります。
    しかし、うちの長男はまだ何故断崖になってるのか理解できていない様子。
    なんでこうなってるの?と聞かれ、何と説明していいか悩みながら解説しました。
    トンボで遊びたい気持ちもあるけど、今日は自分ルールがあるから遊べないというページも、何でトンボが誘ってきたの?と質問されるので、丁寧に解説しました。
    長男もよく「そこは通っちゃダメなの!!」とか、よく自分ルールをやっているので、理解できればこの絵本がもっと楽しめそうなのになぁと感じました。
    もう少し大きくなってからもう一回読んであげたい作品でした。

    投稿日:2017/03/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供ルール

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    白い線の上しか歩いてはいけない。こどもはやるなー、と思いながら読みました。
    あるある子供ルール。
    うちの子も白い線の上を歩くということはだれに教えられたわけでもないのにやっていたことがあります。私の子供時代にも覚えが(笑)。いつの時代も変わりませんね。
    この絵本を読んでまた白い線の上を歩くスイッチが入ったようです。
    楽しそうに聞いてくれています。

    投稿日:2015/11/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 車に注意してね

    • みいのさん
    • 50代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子17歳、女の子12歳

    私も子どもの頃、何度となくやりましたので、この本を見て懐かしく思いました。
    そこで1年生の教室で読んだのですが、読み終わったときに、何人かの子どもたちが「今日、帰るときにやってみよう!」と言い出しました。
    実は学校の周辺は幹線道路の抜け道などもあり、けっして安全な通学路とは言えず、ちょっと不安になってきました。
    取り越し苦労かもしれませんが、それから学校では読んでいません。

    投稿日:2014/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 通学路

    私的には、共感するお話で、かなりオススメです。
    なのに、星4つというのは、うちの子供が「??」といった感じで、まったく主人公の行動が理解できなかったから・・・
    これは、子供の性格によるのでしょうが、うちの子供は、友達と通学しているので、一人で想像しながら歩くことが、ほとんどないのでしょう。
    防犯面などを考えると誰かと一緒の通学がいいのですが、自分の空想の世界にひたる時間も、なかなか素敵なんですよね。

    投稿日:2013/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分の小学校時代を思い出す…

    • みゅーけさん
    • 30代
    • ママ
    • その他
    • 男の子7歳、女の子3歳

    昨年入学した息子へ。
    読んでいるうちに自分の子供の頃を思い出しました。
    子供の頃って「今日はあの道を通る」とかこの本の男の子と同じで「白線を通って歩く」とかいろんなルールを作って学校から帰っていたなーと。寄り道もしたりして。
    だから毎日色んな発見があって退屈しなかった。
    懐かしい気持ちになりました。
    きっとこの作者の方も自分の経験を描いているのかなー?と。

    残念ながら今住んでいるところは通学がバスなので息子はこんな体験できません。
    いい機会だったので歩いて学校に行くのは本当に色んな発見があって楽しいんだよー!という話をしました。
    自分で歩いて学校まで行くことは本当に大事な時間、経験なんだな、と改めて思えた本でした。

    投稿日:2013/04/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • やった!やった!

    白い線だけしか踏んだらダメってルールを自分で作ってやったなぁと懐かしく思いました。
    白い線以外は道が途絶えてしまう絵なんかは心境をよく表してるなと思います。
    最後にお母さんにおんぶして終わる所がとても自然な流れになっていつつ、暖かい終わり方で大好きです。

    投稿日:2012/01/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • やった!やった!

    男の子でなくても、やったことはあるでしょ

    昔、それは小学校の頃
    学校から家までの帰り道 それは、長くもあり、短くもあり、
    友達と遊びながら、時には1人で遊びながら
    そんな昔を思い出させてくれる本でした。

    主人公の男の子は、学校から家までの帰り道、あるルールを決めるんです
    家にたどり着くまでには、いろんな誘惑や難関がでてきます
    突破する為に、いろいろ考えます。運がみかたしてくれたり
    さて、無事に家につくのでしょうか
    面白かったです。
    帰り道っていうところがいいですね。
    聞いていた息子は、ワクワクしたと言ってましたよ
    是非読んでみて下さい

    投稿日:2011/09/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • ごっこ遊び

    ああ、子どもってこういう遊び好きだよなあ。
    わかるわあ。
    と昔子どもだった私はしみじみ思い出していたのですが
    娘にはいまひとつわからなかった模様です。
    娘も「ここが海だと思ってね」「ねこだと思ってね」
    などとごっこ遊びもしますし、高くなった縁石の上を
    ひたすら歩き続けたりはするのですが。
    「落ちちゃうとだめ」みたいな設定がまだよくわかって
    いなかったのかもしれません。本当にこの絵本を
    楽しめるようになるのは、やっぱり小学生くらいに
    なってからなのかもしれないですね。

    投稿日:2011/02/12

    参考になりました
    感謝
    0

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / めっきらもっきらどおんどん / バムとケロのさむいあさ / 雨、あめ / くっついた / ビロードのうさぎ / オニじゃないよ おにぎりだよ / LIFE(ライフ) / 森のおくから むかし、カナダであった ほんとうのはなし

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

全ページためしよみ
年齢別絵本セット