もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

ぶきゃぶきゃぶーなかなかよいと思う みんなの声

ぶきゃぶきゃぶー 作:内田 麟太郎
絵:竹内 通雅
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2001年12月
ISBN:9784061322493
評価スコア 4.59
評価ランキング 4,471
みんなの声 総数 38
「ぶきゃぶきゃぶー」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 不思議なバス

    ぶたの運転手さんの、何も言わない、
    ちょっと複雑な表情が面白いです。
    だるまさんの団体が、雪だるまに変わったり。
    かっぱ巻きが河童になって川の中に帰ったり、
    不思議なバスですね。
    最後の狸たちの休日の表情も楽しいです。

    投稿日:2017/07/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私は絵本が大好きなおばあさんです。
    この絵本は ほんわか可愛らしい系のものではないので、
    どちらかというと私の好みではありませんでした。
    ブタさんの格好もちょっとだらしない絵です。
    「ぶきゃぶきゃぶー」
    乗ってきて、降りるときには変身している
    その変化はユーモアがあって
    おもしろいとは思います。
    これはひとりで静かに読むより
    大勢で声に出して
    笑いを共有すると楽しくなってくるのではないかな。
    そう思いました。

    投稿日:2017/05/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議な顔!!

    意味のあるような、ないような、なんだかおもしろい絵本でした。
    ぶたのおじさんの顔がなんともいえなくて、はまってしまいました。
    笑っているような、泣いているような、困っているような、
    ふざけているような、そんな不思議な顔なんです!!
    「ぶきゃぶきゃぶー」という言葉も、声に出してみると、なんとも
    おもしろい!!
    楽しく読んでいただきたい本です♪

    投稿日:2015/01/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大笑い

    この本を読むと娘は大笑いです。いろいろ喋り方を変えて読んでいます。のりますよ。のりますよ。ってとてもかわいいです。大好きな絵本です。

    投稿日:2011/12/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぶきゃぶきゃ、って!!☆

    バスを運転しているのは「ぶたおじさん」
    そのバスの行き先は「あっちこっち」
    いろいろな人、者が乗ってきて…
    降りる時には違う人になっていたり…。

    奇想天外なストーリーです☆
    うちの娘は、よく分からないながらも、
    カラフルな感じと不思議なキャラたちに惹かれるみたいで、
    反応はなかなか良かったです☆
    個人的には、タイトルだけで、笑えます☆☆

    投稿日:2010/10/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議な世界

    ぶきゃぶきゃぶーとブタおじさんの
    バスが走っていきます。
    とても、変な音。
    それが息子にはとても面白いようで
    なんで、そんな音なのって笑っていました。

    途中途中に乗り降りする人?達も
    変わったの多くて、不思議な世界でしたが
    子どもには楽しかったようです。

    投稿日:2009/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • ベタでいいですね!

    「ぶきゃぶきゃぶー」と言う響きを1歳10ヶ月の娘が
    気に入ったみたいで、「ぶきゃぶきゃぶー」の部分を読むと
    「ぶー」と一緒に言うので可愛いです♪
    竹内通雅さんの絵が、本当はあんまり好きでないのですが、
    絵本の中に、色んな遊びがあって、それを探すのも楽しいです。
    ダルマが雪だるまに変身とか、その変身の仕方が
    結構ベタで、「あっ、次はこれになるかな?」って予想できちゃいます。
    ダルマが乗ってくるページでは「いしのうえにも さんねんすわれば
    かきがなるなり ほりゅじ」の看板があったり、
    カッパマキは「びっくらずし」から出てくるし、
    タヌキは「ぽんぽこじ」から出てきたりと
    そういった遊びが楽しいですね!
    ぞうさんが、いつもバスより先回りしているのも
    不思議です。
    このバスに乗ったら、私は何に変身するのでしょう?

    投稿日:2008/12/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 愉快なぶきゃバス

    • ちょし★さん
    • 30代
    • ママ
    • 熊本県
    • 男の子10歳、男の子9歳、男の子8歳

    ぶたのおじさんのバスだから、ぶきゃぶきゃぶーって走るんですね。

    乗ってくるお客さんは、目的地に到着すると変身してしまいます。
    だるまのお客さんは?
    カッパ巻きのお客さんは?
    最後に乗ってきた タヌキのお客さんたちは??

    ぶきゃバスの行き先表示もよく見ると変わっています。

    子供は途中のページで、半分しか変身し損ねたカッパ巻きのお客さんをみて、大笑いしていました。

    幼稚園はもちろん、小学生の読み聞かせでも喜んでくれそうです。

    投稿日:2008/09/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 言葉遊びが出来る絵本!

    登場するバスは不思議なバスで、「だるま」が乗ってきて、途中から雪がどんどん降ってくると降りる時には「雪だるま」になってしまいます!

    言葉遊びを生かした絵本で子ども達には意外と分かりやすく楽しそうでした☆
    途中の背景にいるものも面白く、そこでも子ども達はウケていました♪
    みんなで楽しめた1冊です! 

    投稿日:2008/02/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぶたさんバスの行く先は

    なんと言っても毎ページに出てくる「ぶきゃぶきゃぶー」の擬音は子ども達も楽しめます、ぶたさんの運転するバスに乗ってくる乗客も「ダルマ」「ゆきだるま」「たぬき」とすごいメンバーです

    そして水の中まで平気で走るバスは「おらがまちさ」に向かって行きます、カッパ巻きが乗って来た時には驚きました、だって出て来たのは「びっくらずし」のお店からですからね

    どのページも楽しさが伝わるので二歳児さんにも聞いてもらえました、こどもと一緒に「ぶきゃぶきゃぶー」と言いながら読むのも楽しいと思います

    投稿日:2007/02/17

    参考になりました
    感謝
    0

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / ふたりはともだち / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


世界中で愛されている犬、ニッパーと家族の絆をめぐる物語

みんなの声(38人)

絵本の評価(4.59)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット