もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

森でいちばんのクリスマス・ツリー自信を持っておすすめしたい みんなの声

森でいちばんのクリスマス・ツリー 作:ジョン・ハセット アン・ハセット
絵:ジョン・ハセット アン・ハセット
訳:せな あいこ
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2008年11月
ISBN:9784566001886
評価スコア 4.2
評価ランキング 20,243
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • クリスマスツリー屋さん

    このお話は、プラスチック製のクリスマスツリーのおされて人気の無くなった本物の木のツリーを売る仕事をしていた男の人が主人公でした。ツリーが売れなくて困っていたら毎年サンタさんがその年で一番のクリスマスツリーを持って行く代わりに素敵なクリスマス帽を置いて行ってくれました。そこがなんかステキでよかったです。

    投稿日:2013/12/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんな光栄な事があるでしょうか

     最近、不況にも関わらずベルギーではツリーの売れ行きは変わらない、という新聞記事を読みました。
    そのツリーが最後には、コンポストへという所まで読み、なるほどクリスマスが終わった後のツリーの処分ということも考え物だな、とも思いました。

     さて、この作品の主人公タトルさんもクリスマス・ツリー農家。
     クリスマスが近づくと、切り倒したツリーをたくさん積んで、町へ売りに行きます。
     そして、売れたお金で奥さんへ毎年新しい帽子をクリスマスプレゼントに買って帰るのだそうです。
     ところがある年、誰もタトルさんのツリーにみむきもしてくれません。
     プラスチックのツリーが流行りだしたのです。

     タトルさんは、植えている木々を別の用途で求める製材業者へ売ることも考え始めました。
     次の冬、クリスマスの前日まで思い惑っていたタトルさんに一通の手紙が、・・・。

     ここまで読んでもこの手紙の主について思いが及びませんでした。
     タトルさんと一緒に感激してしまいました。

     こんな光栄な事があるでしょうか。
     こんなにクリスマスを心待ちにして一年を働ける人がいるでしょうか。

     とっても素敵なお話でした。

     奥さんの帽子のコレクションは、これからも増え続けることでしょうね。

    投稿日:2010/12/17

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


パパぺんぎんはいつもたまごといっしょ!のはずが…?

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット