お金の計算と買い物が得意になる おかねのれんしゅうちょう おかいもの編 7さいまでに身につけたい お金の計算と買い物が得意になる おかねのれんしゅうちょう おかいもの編 7さいまでに身につけたい
企画・原案: 加藤 信巳 入澤 宣幸  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
電子マネー時代だからこそ、身につけたい金銭教育!新聞やTVで話題の幼児ドリル♪

ことりをすきになった山」 ママの声

ことりをすきになった山 作:アリス・マクレーラ
絵:エリック・カール
訳:ゆあさ ふみえ
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1987年10月
ISBN:9784033273402
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,256
みんなの声 総数 33
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

24件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 繰り返す命の中に感じる変わらぬ愛情。

    • JOYさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子8歳、女の子6歳、男の子3歳

     冒頭の岩山は生命の温かさにふれたことのない、さびしい山でした。「山」をそんなふうに擬人化して捉えたのは、私にとって新鮮でした。「山」の描写は、気の遠くなるような長い間、じっとだまってそこにたたずんでいたことを感じさせます。そこへやってきた小鳥と山とのやりとりには、せいぜい3年ほどしか生きられない小鳥のはかなさ、じっと待つことしかできない山のさびしさを感じますが、小鳥も、そして山も、自分の命とはそういうものなんだ、と受け入れる潔さを持っているように感じます。そしてまた続く長い長い年月の中で、小鳥や木々が、それぞれの命の限りに、生きながら、次の世代にバトンタッチしていく、という謙虚さが淡々と描かれ、胸をうたれました。
     読み終えた時に、長い地球の歴史のごく一部に自分が生かされているということを感じた、大変深みのある絵本でした。

    投稿日:2009/07/22

    参考になりました
    感謝
    1
    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子6歳、女の子4歳、女の子0歳

    エリック・カールさんの絵なので読んでみました。
    誰も来ない岩山に小鳥が飛んできて…。
    山と小鳥の物語。
    小鳥の娘、そのまた娘、そのまた娘…繋がり、愛を感じるお話でした。
    わりと長いお話ですが、いいお話だと思いました。
    大人が読んでも感じるところがある絵本ではないでしょうか。

    投稿日:2017/10/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • やまの気持ち

    ちょっと一休みしにとまったことりのことを気に入ったやまは、また来てほしいと願い、ことりも約束をします。ことりは長くは生きられないけれど、その子ども、またその子どもへと約束が受け継がれていきますが、食べ物がないやまにはなかなか住んではくれません。でも、あることをきっかけにやまは緑豊かに変わり、最後はやまの夢が叶いました。約束が脈々と受け継がれていく様子や、やまの気持ちが擬人化されていて少し長めのお話でしたが、年中さんくらいからでも楽しめるお話でした。

    投稿日:2017/07/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 壮大な物語

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、男の子1歳

    草木も生えない孤独な山、ある日休憩に来たとりのことを好きになります。山に住んでほしいと頼みますが、草木の生えない山に住めるわけがない・・・。しかしとりは移動の際には必ず休憩に立ち寄ると約束します。自分の死んだ後も子孫を寄越すと。それでも山は満足出来ず思いは募るばかり。ある日、とりが種子をもって山に立ち寄ったところから、山が変わり始めます。
    木の遠くなるような長い年月のお話です。その長い間の山の孤独を思うと読んでいて心が苦しくなりました。とりの優しい気持ちにも感動します。読み終わった後、心からよかったと思い、静かな感動につつまれました。
    幼稚園でこの本を借りてきた娘は、静かに聞いていました。どう思ったかはわかりません。

    投稿日:2016/11/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 悠久の自然を感じる

    • きゃべつさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子13歳、男の子10歳

    息子が鳥が好きなので借りてきた本ですが、シンプルな中にたくさんの深いメッセージが含まれている話でした。

    岩山が鳥に恋をしますが、鳥は時期が来ると飛び立ってしまいます。渡り鳥なのでしょうか。
    ずっと来てほしいと頼む山に、鳥は子供に代々自分の名前を付けると約束します。それが、100年も続くというスケールの大きさに驚きました。
    自然の流れというのは何百年何千年という間に、ゆっくりと変化していったり、同じことを繰り返したりしているのだということを、改めて思いました。私たち人間とは違う悠久の時の流れが自然には流れているのです。

    山が鳥に恋をするというのも素敵な発想ですし、その鳥がどんどん山を豊かにしていくのも、荒野が緑になる過程を見るようで、読んでいくとこちらの気持ちも豊かになります。
    エリックカールさんのお話の中では、割と長くてちょっと年上向けですが、内容は深く本棚に置いておいて損のない一冊です。

    投稿日:2014/10/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 長い年月

    文章は少し長めなのですが、物語に引き込まれていって、あっという間に読んでいました。
    考えられないくらいに、長い長い年月のお話でしょう。
    絵本でこれほど壮大な世界を感じることが出来るなんて、感激です。
    もちろん、絵もすばらしいと思います。

    投稿日:2013/02/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自然の営みに乾杯!

    • ちょてぃさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子10歳、女の子6歳

    雄大な自然の営みを感じることができる一冊です。言わずと知れたエリック・カールのイラストが力強く、自然の息吹をとても巧みに表現しています。ストーリーも感動的で、本来感情などもたない山の感情や小鳥とのやりとりにとても引き込まれました。

    投稿日:2012/01/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • ここまで思う山の気持ち

    この題自体、不思議な題で、いったいふうに話が展開していくのか想像がつきにくいけれど...
    はじめて読みました。
    とにかく文章が美しい、というのが第一印象。
    あることりが山で休憩したことで、山は、はじめて暖かさ、ぬくもりを知る。このことりにずっといてほしいと願う。
    でも、ごつごつの岩肌むきだしの山は、生き物が住めるようなような場所ではなく、その願いは届かない。
    春に一度だけことりが立ち寄ってくれることだけを楽しみにしながら、いつまでもことりにいてほしいと願いつづける。
    その長年の思いがやがては実を結び、山自体を変えてしまう。
    一つのことを思い続けること、そして時代を超えて受け継がれていく思い。とても深い深いお話だなと思いました。
    7歳児には少し難しかったようです。
    小学校で読み聞かせをしているので、高学年にどうかなと思うような絵本でした。
    エリック=カールさんの迫力のある絵も、文章とマッチしています。

    投稿日:2010/03/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読むたびに印象の変わる絵本でした

    • ふもとさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子8歳、男の子5歳

    8歳の息子を膝に乗せて(重かったです・・・)読み聞かせました。
    自分でも読める内容だとは思ったのですが、
    この本はどうしても声に出して聞いてもらいたかったのと、
    字を追うより、絵にも集中してもらいたかったので・・・。

    内容は終始、ことりにずっと一緒にいてほしい山と、
    その思いに応えてあげられないことりとの、
    毎年くり返されていく切ないやり取りなのですが、
    その中で年々深まっていく山のさびしさと、
    子から孫へと生命をつなぎながら、
    けっして友達をわすれないことりのやさしさと誠実さに、
    読みながら胸がいっぱいになりました。

    永遠の命を持つものの孤独と救済の話とも、
    大自然の偉大さと儚くも力強い生き物の物語とも、
    もうほとんどラブストーリーだとも、
    いろいろなとらえ方が出来る物語だと思います。


    最後の一文を読み終えたとき、
    息子がはぁっと深くため息をつきました。
    本当にすごい本だなと思います。

    投稿日:2009/08/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵な気持ち

    • ミトミさん
    • 30代
    • ママ
    • 岐阜県
    • 女の子9歳、女の子8歳、男の子0歳

    ここでのレビューで気になって借りてきました。
    素敵な本に出合えて絵本ナビに感謝です。

    すべてのものには命がある。
    その命が開くには水や光が必要。
    そして根付くことが出来る山も・・・

    岩山だった山が小鳥を好きになり、そこから始まった素敵な命。
    その素敵な命のおかげで、悲しい思いをしなくても良くなった岩山。

    命が芽吹くまでの時間が、自然の偉大さ、そして自然の大切さを
    教えてくれます。

    子供と一緒に読みたい素敵な本です。

    投稿日:2008/10/24

    参考になりました
    感謝
    0

24件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



あしたがきらいなウールの背中を押してくれた奇跡の夜

みんなの声(33人)

絵本の評価(4.71)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット