チコちゃんに叱られる チコちゃんに叱られる
文: 海老 克也 絵: オオシカケンイチ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
あの「チコちゃんに叱られる」が絵本になりました!知られざるチコちゃん3歳の時のお話
まゆみんみんさん 40代・ママ

話題のチコちゃんが絵本に(笑)。
テレビで放送されているのを時々見ますが…

ことりをすきになった山」 じいじ・ばあばの声

ことりをすきになった山 作:アリス・マクレーラ
絵:エリック・カール
訳:ゆあさ ふみえ
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1987年10月
ISBN:9784033273402
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,192
みんなの声 総数 33
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 約束

    荒れ果てた野原に、ぽつんと岩だらけの山がそびえていました。ごつごつした山には、草や木が、一本も生えていなかったので、獣も、鳥も、全く住めなかったけれども、ジョイという小鳥と出会うことで山は、毎年ジョイが来てくれるのを待ち焦がれるようになりました。小鳥の命は、3年くらいの短命ですが、ジョイは、娘に、受け継がれ毎年山を訪れることを約束します。月日は長い年月を費やしてジョイが、山に「ここに巣をつくるためにやってきました!」と念願の思いがやっと叶いました。ジョイに逢いたくて張り裂けるような切ない思い、ジョイが去ることの寂しさや切なさもいっぱい伝わってきました。毎年、訪れる約束をずっと続けたジョイの友情も素敵でした。エリック・カールの絵もとても素敵で、最後の楽園には、うっとりしてため息が出ました。

    投稿日:2019/02/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 誰も訪れることのなかった岩山。一羽のことりの訪れから春を待ちわびるようになる。
    山の気持ちとそれにこたえようとする小鳥をエリック・カールが力強く描く。自然というながい時間の流れの中での営みに心うたれる。

    投稿日:2010/09/15

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「おしえて!コロ和尚 こどものどうとく」シリーズ監修・釈徹宗さんインタビュー<br>

みんなの声(33人)

絵本の評価(4.71)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット