となりのトトロ となりのトトロ
原作: 宮崎 駿  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

ネコとクラリネットふき」 その他の方の声

ネコとクラリネットふき 作・絵:岡田 淳
出版社:クレヨンハウス
本体価格:\1,200+税
発行日:1996年
ISBN:9784906379583
評価スコア 4.54
評価ランキング 5,867
みんなの声 総数 23
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • クラリネットふきの   男の人の家にやって来た しろいネコ

    なんとまあ このネコはクラリネットの音色を聞いて 大きくなるんです
    夢のようなお話です
    夢を食べて生きると言う バクもいますが

    このネコは クラリネットの音楽を聴いて  どんどん大きくなり
    男の人と一緒に暮らすのです

    まくらに ベットになるのです(癒されているのは 男の人とネコ)

    この二人の関係に なんとも 癒されて・・・・・ 
    夢があっていいですね〜

    大きくなったネコと  空を飛んで ・・・・
     
    たくさんの お客さんもまた クラリネットの音楽を楽しみ 
    ネコに癒されているのがいいですね〜(笑顔のみんなの顔がいい)

    夢を与えてくれるお話でした

    投稿日:2020/05/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 図書館で見てひとめぼれしました。おはなしかいで子どもたちに向けて読みましたが、保護者の方こそうっとりと癒されているようでした。
    クラリネットの音楽を聞いてどんどん大きくなっていくネコと暮らすこと、本当ならたいへんなことだけれどとても楽しそう♪
    ごろごろとノドをならすだけで声を発しないネコですがとても賢い顔をしています。
    よのなかでいちばんすてきなのは・・・・・・それぞれなにかなぁと話したらとてもおもしろい答えがたくさんかえってきました。

    投稿日:2016/11/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自由なネコと人間のこころ

    • とらのさん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県

    家に帰ったら玄関にネコがちょこんと座っていて、あたり前のように餌をねだられた経験ある人が多いのではないでしょうか?
    そういうネコの不思議さをよくとらえた作品だと思います。突然出会ったネコがどんどんどんどん大きくなって、最後に空まで飛んじゃうんですから。いいですね。ネコ好きにおすすめの本です。

    投稿日:2008/05/07

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / バムとケロのそらのたび / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / バムとケロのさむいあさ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



あしたがきらいなウールの背中を押してくれた奇跡の夜

みんなの声(23人)

絵本の評価(4.54)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット