キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2 キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2
作: 角野 栄子 画: 佐竹 美保  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

スースーとネルネル」 ママの声

スースーとネルネル 作・絵:荒井 良二
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1996年05月
ISBN:9784032276305
評価スコア 4.23
評価ランキング 17,225
みんなの声 総数 25
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • ねむれない子供達

    ねむれない子供たちが、寝る前にお話を作って話します。
    自分はねむれない時、普通に会話していたので、お話を作って話す発想はありませんでした。
    作られるお話は、空想の不思議なお話です。
    大人にはちょっと理解しにくいです。
    子供が読むと、共感する部分もあるかと思います。

    投稿日:2018/09/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • おやすみまえに。

    5歳幼稚園年中さんの娘と一緒に読みました。
    我が家の娘も布団に入ってもなかなか寝つかない子。
    冒頭の文書に「○○(娘の名前)と一緒だ〜」と言っていました(笑)。
    この絵本のスースーとネルネル,怖がりさんと楽しいさんで対照的な性格がまたよかったです。
    おやすみ前の1冊にぴったりな絵本ですね。

    投稿日:2015/08/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 早く寝ないとこんな事が起こるのかぁ〜、と

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、男の子0歳

    思って貰えるでしょうか。笑 スースーとネルネルの性格の違いがはっきりと出ていて面白かったです。こんな夢なら毎日見たい。いや、夢ではないのかな?この本の荒井先生の絵はそんなに雑な感じがしませんでした。

    投稿日:2014/12/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふたりのかけあい!

    眠りに入る前に、スースーとネルネルは、二人で
    お話の世界を楽しみます。
    一人が言った言葉を、もうひとりがつなげて・・・。
    お話がどんどんとひろがっていきます。
    でも、やっぱり子どもなので、子どもなりのひろ
    がり方で。
    等身大のスースーとネルネルに共感が持てた絵本
    でした!!

    投稿日:2014/04/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい空想世界

    スースーとネルネルが寝る前に二人でお話を作るんです。
    自分が小さいときってこんな風に物語を作ったなって思い出しました。
    大きなお菓子に子供は大喜びでした。子供にもこんな風に空想してほしいと思いました。

    投稿日:2011/03/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議な絵本

    スースーとネルネルが寝る前につくるお話は、こどもの時にみたことのある夢みたいと思いました。
    こわいなと思った夢と同じお話もあったけど、スースーは「こわい」と言ってもネルネルは「たのしいわよ」と言ってくれています。
    ひとりで寝ようとチャレンジしているこにおすすめかもしれません。
    きっと夢の中にスースーとネルネルがでてきて「たのしい」と言ってくれるので、ひとりで眠りにつくことができるようになるかも。

    投稿日:2009/03/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 荒井良二さん

    以前荒井良二さんの作品を読んだ事があって楽しくなる色使いが素敵だなと思ったのでこの絵本を選びました。この絵本で一番に”これは素敵!!”と思ったのは中表紙の前のページです。シンプルな小さな絵なので見落としてしまいそうなのですがこの前座がとても大きな役割を果たしていてこの絵を見た瞬間これから楽しい物語が始まる!という気持ちが高まりました。主人公達は想像する事の天才だと思いました。寝る前の時間を何の道具も使わずに楽しんでいる主人公達はとても素晴らしいと思いました。二人だからこそ沢山の楽しい物語を作り出している主人公達の関係はとても羨ましく思いました。今日は寝る前に私も主人公達を真似してみたいなと思いました。

    投稿日:2008/10/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供そっくり

    うちの子も、1年ほど前から1人寝する夜が増えていて、
    この頃では「1人で寝る〜」というほど。
    たまにこっそり息子の寝る様子をみているのですが、
    そのときの様子がこのスースーとネルネルにそっくり^^;
    読みながらそうそう、こんな感じだよって思ってしまいました。
    だって、ブツブツ、空想の世界を1人でお話していたり、
    ぬいぐるみに語りかけていたり。
    ああ、子供ってやっぱこんな感じなんだなあと思いました♪

    投稿日:2007/06/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもってほんとうに寝ないんですよね。

    大好きな荒井良二の絵です。子どもと共に、スースーとネルネルの世界で楽しく遊べます。この本を読んだ後、私は空想で、眠ったら行ける「ネムネムの国」というのを作りました。眠った人だけが、遊べるので、子どもは急いで寝ています。でも、眠ったら行けないんですけどね。

    子どもの中に何がつまっているかを見ることはできませんが、きっとスースーとネルネルのような色々な空想が詰まっているんだろうなと思うと、こちらまで楽しくなります。子どもはなかなか寝ないという事実を、楽しく伝えている本だと思います。短い絵本ですが、この絵本から、いろいろ連想が働くので、自分なりのスースーネルネル物語が生まれると思います。

    投稿日:2007/05/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供の発想ってすごい

    正直、はなしがぶっとびすぎで大人の私にはついていけないありえない空想話なんだけど、子供は何の違和感もなく、すっかり話の中に引き込まれている様子。
    わたしもついていけないそぶりは見せず、楽しく読み終えました。
    読後も印象に残った本のようで、「時計に入っちゃう本読んで」とたまに言ってきます。

    投稿日:2007/01/28

    参考になりました
    感謝
    0

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



>絵本エイド ―こころにひかりを―

みんなの声(25人)

絵本の評価(4.23)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット