ふたごのベルとバル」 パパの声

ふたごのベルとバル 作:レーベル・ラースロー
絵:ヤニコフスキ・エーヴァ
訳:うちかわ かずみ
出版社:のら書店
本体価格:\1,400+税
発行日:2008年
ISBN:9784931129474
評価スコア 4.25
評価ランキング 18,552
みんなの声 総数 3
「ふたごのベルとバル」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 犬だけじゃないよ

    ふたごの犬の話ですが、これは決して犬だけの話ではなさそうに思います。
    見た目にそっくり、親も間違えてしまうほどのふたごちゃんが自分の周りにもいます。
    まして他人から見ると、とても困った問題。
    どちらがどちらかわからない。
    当人たちも困ってしまうのでしょうが、悪戯心があるとふたごちゃんの楽しみもあるのかも。
    犬の場合は、衣服で識別って訳にもいかないから大変。
    犬の場合は、ふたごでなくても区別がつきづらいのですからなおのこと。

    おしゃれでユーモラスな絵本ですが、私はあれこれと考えてしまいました。
    読み聞かせを楽しむ子どもたちの中にもふたごちゃんがいました。

    投稿日:2011/01/27

    参考になりました
    感謝
    1

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


ずっと変わらない瞳…小鳥と少女の心の交流を描いた感動作

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット