話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ

てぶくろがいっぱい自信を持っておすすめしたい みんなの声

てぶくろがいっぱい 作:フローレンス・スロボドキン
絵:ルイス・スロボドキン
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
税込価格:\1,320
発行日:2008年11月
ISBN:9784033480909
評価スコア 4.59
評価ランキング 4,953
みんなの声 総数 38
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

25件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 人から人への思いやり

    • みいここさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子5歳、

    双子の男の子、ネッドとドニーはある日、赤い手袋を片方なくしました。するとみんなが手袋を届けてくれて、赤い手袋がたくさん集まってしまいました。
    人から人への思いやりや親切心が赤い手袋をやりとりすることで描かれていて、心温まるお話です。

    50年以上前の物語だそうですが、とっても楽しいお話で、古さを感じさせません。
    子供たちにはぜひ出会って欲しい一冊です。

    投稿日:2012/05/07

    参考になりました
    感謝
    2
  • 冬のお話会に

    ルイス・スロボドキンの絵が大好きです。
    こちらの絵本は、10歳の息子と一緒に読みました。
    てぶくろの片方をなくすって、よくあることだけれど、そこから何とも素敵なお話が始まります。
    双子の可愛さ。周りの人の温かさ。
    ずらっと並んだ手袋の分だけ、ポカポカと暖かく感じました。
    寒い冬に何度も読んで、暖かくなりたいです。
    冬のお話会にもぴったりかも。

    投稿日:2020/01/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しさがいっぱいです

    ネッドとドニーは、双子です。

    ドニーが赤い手袋をひとつ無くしてしまいました。

    そのことを知った近所の人たちが次々に落ちていた赤い手袋を

    届けてくれるようになって、赤い手袋がいっぱいになりました。

    手袋を無くした噂が広まって片方では困るだろうからとみんな

    親切に届けてくれる優しさがいいなあと思いました。

    沢山集まった手袋を、裏庭に物干しロープを張って手袋を吊るし

    家の外には、目立つように張り紙を出しました。

         ”あかい てぶくろを なくしたひとへ。

          うちの うらにわを

          のぞいてみて ください。”

    噂が広まって沢山の赤い手袋は、持ち主の元に戻った温かい

    人々の思いやりや、物を大切にする素敵な絵本でした。

    投稿日:2019/05/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • ならんだ赤い手袋

    赤い手袋を落としちゃったと言う話が町中に回って、みんな見つけたら届けてくれるというお話。
    いつのまにか赤い手袋が集まってしまって、今度は赤い手袋を探している人に手袋を渡してあげる。
    雪の降る街に赤い手袋が並ぶ絵が素敵でした。
    手袋が増えるたびに、「またー!!」と娘は大はしゃぎ。
    ほっこりする1冊でした。

    投稿日:2019/01/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心温まる冬絵本!

    心温まる冬絵本という印象を受けました。
    双子の男の子が落としてしまった赤い手袋から,人の温かさを感じられるお話になっています。
    人間が主人公というのもよかったです。
    繰り返し要素も多いので,3歳くらいから楽しめる内容だと思いました。

    投稿日:2015/12/21

    参考になりました
    感謝
    0
  •  寒い冬の日に読みたい、楽しくて、ほっこりするお話です。

     「双子の男の子が赤い手袋の片方を無くして探している」と伝え聞いた町の人たちが、「落ちていた」と言っては、次々に赤い手袋を届けてくれます。

     あまりにも次々に届くので、「有難い」のを通り越して「呆れ」、それも通り越して、何だか「ゆかい」な気持になってきました。みんな、赤い手袋が好きなんですね。そして、片方、落としちゃうのですねぇ(笑)

     落とした片方の手袋に、こんなにみんなが心を寄せてくれるとは、なんて良い町、ステキなご近所さんたちなのでしょう!集まったたくさんの赤い手袋は、うまい具合に、また元の持ち主のもとへ・・。良かった!

     1958年にアメリカで出版されたこの絵本が、日本で出版されたのは50年後。なぜ、それまでの間、日本で出版されなかったのか不思議ですが、すぐさま大人気。私の持っているこの絵本の帯には「『この絵本が好き!』2009年版海外翻訳絵本部門第1位」とあります。良いものは古びない、いつの時代にも愛される、まさにそういう絵本ですね。

    投稿日:2014/11/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • すごいすごい

    「・・・これはけっこうおもしろかった」
    娘の感想です。
    ちょっとタメがあった娘の感想のように
    じわーっと、心も体も暖まる感じがします。

    なくした赤い手袋をきっかけに
    双子兄弟の下に赤い手袋が沢山集まってくるお話なのですが
    大人な私は、赤と言っても、暗めの赤だったり朱に近かったりといろいろあるだろうに・・などと、心の中で何度も突っ込みました。
    でも集まっただけで終わらないのがこのおはなしのいいところ(*^_^*)
    まさに手袋が結ぶ人の輪です。

    寒い日が続くこんな日に、じっくり読んでみてはいかがですか。

    投稿日:2012/01/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しい人ばかりで暖かい気持ちになりました。

    • お豆腐さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子4歳

    表紙の絵も素敵ですが、内容がとてもいいです。優しい気持ちになれます。冬は寒いですが、こういう絵本を読んで少しでも心豊かに生活したいなと思います。

    投稿日:2012/01/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 思いやりがいっぱい

     双子の兄弟ネッドとドニ。
     ある日、ドニーは赤い手袋を無くしてしまいます。するとその話を聞いた近所の人たちが次々に,赤い手袋を届けてくれます。

     小さな町の人たちの親切が,うれしくなります。二人は,たくさんの赤い手袋を元の持ち主に返すため、裏庭にロープをはって手袋をつるすのですが,その二人の思いやりもうれしくなります。

     人々の手で次々に届けられる「赤い手袋」。それは,町の人たちの「善意」の象徴のようです。
     片方だけの手袋では,あまり役に立ちませんが,みんなで集めれば,大きなものになり,そして,いつの日か誰かの役に立つ。
     赤い手袋で,心まで温かくなる絵本です。

    投稿日:2011/05/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しい町

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子2歳、男の子0歳

    子供って本当にてぶくろを
    よくなくしますよね。我が家にも片方しかないものがすでにあり
    他人事とは思えない気持ちで読みました

    町の人々の優しさがふくらんで
    たくさんの赤いてぶくろになっていきます
    長い間愛されている絵本だけあって
    さすが!ぽかぽか温かい気持ちに包まれます

    投稿日:2011/05/10

    参考になりました
    感謝
    0

25件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / どろぼうがっこう / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / しゅくだい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



出版社いちおし!新刊&オススメ絵本情報

全ページためしよみ
年齢別絵本セット