もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

かこ・さとし かがくの本 (8) よわいかみ つよいかたち」 ママの声

かこ・さとし かがくの本 (8) よわいかみ つよいかたち 作・絵:かこ さとし
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,700+税
発行日:1989年09月
ISBN:9784494009589
評価スコア 4.67
評価ランキング 2,106
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 実用的なことがわかる

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子4歳

    かこさんが実際に考え、試していった経過がわかり、
    子どもたちも実際に見ている気分にさせられるので、
    4歳児もじっと静かに聞いていました。

    なにより、素晴らしいと思ったのが、
    このシンプルな紙の実験が
    実際の工事現場で使われているんだと
    実用的なことがわかることです。

    物を見る目が変わります。

    投稿日:2020/01/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • これぞアクティブラーニング

    実際に子供達にハガキを一枚ずつ渡して、絵本の指示通りに実験しながら読み進めました。「もっと強い形はあるかな?」等、問いかけているページでは、子供達自身で考える時間を十分にとって。科学絵本は色々な事を教えてくれますが、この絵本は受け身ではなく、自分で考えていくのでより一層心に残りやすいと思います。
    「みなさんが、つよいかたちをみつけたら、わたしにそっと教えてくださいね」という結びの言葉を読み、息子は「もう、かこさとしさんはいないから教えられないね」と寂しそうに呟いていました。科学好きの息子にとって、かこさとしさんは師匠のような存在でした。

    投稿日:2019/10/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 身近な力学

    かこ・さとしかがくの本。
    私にとっても、かなり衝撃的な科学絵本でした。
    紙を題材に、なんと力学の姿を描いてあります。
    何といっても、かこさんの優しい語り口で、
    臨場感たっぷりの実験が繰り広げられます。
    そこには、疑問、予想、驚き、結論などなど、
    科学の基礎がしっかりと組み立てられています。
    かこさんらしいユーモアが、楽しく学ばせてくれます。
    かなり古い作品で、アイテムは昭和ですが、
    クオリティは色あせません。
    小学生くらいから、科学の目を養ってほしいです。

    投稿日:2019/10/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 勉強になります

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子6歳、女の子4歳、女の子0歳

    4歳と6歳の子に読みました。
    はがきを使って橋をつくり、その上にどうやったらより多くの硬化がのるかの実験をします。
    家で実際にやってみてもこどもが楽しみそうですね。
    なるほど、勉強になります。
    考えてみて、試行錯誤するさまもよかったです。
    このシリーズのほかの話も少しづつ読んでいきたいと思いました。

    投稿日:2017/09/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 知りませんでした!

    たまたまお店で見つけて購入しました。
    このシリーズ、知りませんでした。
    すごくわかりやすくていいですね。
    特に最初の方の導入部。ハガキにお金を置いていくところですが、すぐに家でも実験できてとてもよかったです。
    言っていることはとても難しい物理の世界なのに、こうしてかいていただけると子供でもすっと理解できます。他のシリーズも読みたいです。

    投稿日:2017/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • とってもタメになりますよ

    物語ではないですが、とってもタメになります。

    これを読みながら頭を使うと、いい勉強になります。

    実際にやってみるとさらにいいと思います。

    実験のように、親子でやってほしいです。

    やまおり、たにおりも教えるのにいいと思います。

    お話の中ででてくる、男の子とちょきんばこの

    やりとりもおもしろかったです。

    投稿日:2015/06/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぜひ実感してほしい

    最初は難しいかなとおもったけど
    読み終わって父親と実験していました。
    家にある葉書やお金をつかってする実験は
    わくわくどきどきです。
    本で結果を読むのとは違う感動があります!
    本当になんでだろーって長男も驚いていました。
    かこ先生の本は素晴らしいです。
    楽しいし勉強にもなるし、親だってわくわくします。

    投稿日:2013/05/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • いっしょにやってみると親も楽しい

    子どもに分かりやすく科学の原理を教えてくれるシリーズの一冊。
    実験好きの娘は、さっそくハガギとはさみ、お手伝いで貯めた10円玉を持ってきて、実験開始!
    「ふーん」「へえ」「あれえ?」の繰り返しで、終了後は自分で「つよいかたち」を考えて工作していました。
    一緒にやってみて、親も楽しめる本です。

    「つよいかたちをみつけたら、
    わたしにそっとおしえてくださいね」

    娘は「どうやって教えるんだろう?」と本気で悩んでいました。

    投稿日:2006/09/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 勉強になります

    • たまっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、女の子3歳

    これは、かがくの絵本で一枚のはがきでいろいろ実験をします。何にも折り曲げないはがきの形の時と折り曲げたときの力の違いが書かれています。いろんな形に折り曲げるとこれまた力の強さが違ってくる。勉強になりますね。今度子供と一緒にぜひ実験をしてみたいです。

    投稿日:2002/12/02

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット