宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

だめよ、デイビッド!」 パパの声

だめよ、デイビッド! 作・絵:デイビッド・シャノン
訳:小川 仁央
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2001年04月
ISBN:9784566007109
評価スコア 4.7
評価ランキング 1,488
みんなの声 総数 147
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • がんばれいたずらっ子

    ここまでハチャメチャな子がいたら、当人の親は別として、みていて応援したくなるようないたずらっぷりです。
    でも、学習の積み重ねと愛情で子どもは育っていくのですね。
    あまりにいい子すぎると、子どもが見えなくなりそうですが、デイビッドはちゃんと自分を表現しています。
    ダメ出しではなく、学びで育てていく寛容さの必要性を突きつけられているような気がしました。

    投稿日:2017/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • これもあれもあるある

    表紙の絵から息子の心をわしづかみでした。
    すぐに読んで読んでとせがまれました。

    中を開いて、これもそれも同じことばかり。
    イタズラの数々に子供の好奇心があふれていました。
    成長過程のいいことなんだけど
    母親にしてみれば、余計なことなんでしょうね。
    だめっていってるでしょ!って
    うちの中でもよく聞こえてくるセリフです。

    最後にぎゅ〜っと抱きしめてもらったデイビット。
    息子にもぎゅ〜としてあげたら、笑顔でした。
    続編も読んであげようと思います。

    投稿日:2009/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さい子でもOK

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    デイビッド・シャノンと言えば、「あめふりのおおさわぎ」「自転車にのるアヒルくん」「ストライプ」で、存在感のある絵が特徴的で大好きな作家です。

    この作品は、表題にデイビッドとあるように、自伝的作品のような感じがしていますが、絵の作風も他の作品とは全く異なっているのも、そこら辺りに起因しているのかも知れません。

    出てくる文章は、ダメ!のオンパレードで、デイビッドの悪い行為が炸裂しています。
    でも、最後にデイビッドが泣くと、ママがこっちにおいでというくだりで終わるのですが、何とも言えない気持ちになります。
    デイビッドは、やっぱりママに嫌われたくないし、ママの大好きよの一言で、安心できたのです。
    大好きよっていうフレーズは、たまには言ってあげたい言葉だと思いました。

    我家の小学校1年の次男は、ほとんどデイビッドです。
    自分で読んで、苦笑いしていたので、思わず笑ってしまいましたが、心に残る一冊だと思いました。

    どのご家庭にもデイビッドは存在していると思いますので、ぜひ読んであげてください。

    投稿日:2007/10/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 意欲!

    • 四パパさん
    • 30代
    • パパ
    • 大阪府
    • 女の子3歳、男の子1歳

    「おもちゃを片付けなさい!」「食べ物で遊ぶんじゃないの!」
    「だめだめだめ!」いたずら放題のデイビッドはその度に
    お母さんに怒られます。
    それでもデイビッドはやりたい放題・・・怒りたくないのに
    何でして欲しくない事ばかりと思う時ありますよね。
    あれもダメこれもダメって言いすぎると子供の意欲を奪って
    しまいそうで言いたくないですが、教えることも大事ですし
    難しいところです。
    そんなデイビッドを見ていて途中からどんな終わり方なのか
    心配になりましたがとっても良いラストに一安心、
    母親の抱っこにかなうものはないですね。

    お気に入りの場面
    娘:悪いことばかりするデイビッドに興味津々です
    僕:デイビッドがみせるいろんな表情

    投稿日:2007/05/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 人権感覚?

    「お母さんから『ダメよ』『ダメよ』といつも言われているデイビッドは、絵が単純で、子どもに、キャッキャッ笑ってもらえ、大好評。でも、日本語を教える際には各自で創意工夫し、言葉遊びを考え出す必要がある。

    投稿日:2002/07/01

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダのパンやさん
    パンダのパンやさんの試し読みができます!
    パンダのパンやさん
     出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
    金の星社 創業100周年記念出版!パンダのパンやさんは大にぎわい。下町の銘店へ、パンの配達にでかける
  • みかんのひみつ
    みかんのひみつ
    作:鈴木 伸一 監修 絵:岩間史朗 写真 出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
    冬の代表的な果物、みかん。みかんの実の特徴やなり方などを美しい写真で紹介します。


【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

全ページためしよみ
年齢別絵本セット