しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

だめよ、デイビッド!自信を持っておすすめしたい みんなの声

だめよ、デイビッド! 作・絵:デイビッド・シャノン
訳:小川 仁央
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2001年04月
ISBN:9784566007109
評価スコア 4.7
評価ランキング 1,495
みんなの声 総数 147
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

115件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • ドキッッッッ!!!!!

    はっきり言って、恐い系のママには怖い本です。

    当時、2番目の子にかまけてばかりで、ついつい長男を厳しく育てていたころ、この本に出会いました。
    本人はゲラゲラ見ていたのですが、私は内心どきっっっとしました。

    デイビッドを通じて、純粋な少年の心を覗けた気持ちになりました。

    投稿日:2010/01/07

    参考になりました
    感謝
    2
  • まさに今・・・

    まさにこの本のデイビッドのように、いたずら盛りの3歳の息子。
    私もついつい「だめ、だめ」とか「しずかにしなさい!」とか言ってます(反省)

    息子はこの本を見ながら「こんな事したらダメだね〜」とか言ってゲラゲラ笑っています。

    大好きだからこそ、怒ったあとのフォローが大切だなぁと思った一冊です。
    毎日怒らずに済めばいいですが、そんな事はまず無理?なので、怒った分だけ「だいすきよ」と抱きしめてあげたいです。

    投稿日:2010/04/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • もう一回ー!

    気になっていた絵本で、図書館で借りることができたので三歳の子供に読んでみました。読み終えた瞬間にもう一回ー!コールが笑
    2回目は子供の名前に変えて読んでみると、違うやろー笑笑 と大笑い!
    なんでダメなのかなぁー?と話し合いながら読んだりしてもいいと思います。

    投稿日:2019/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 3歳、他人事

    子どもあるあるというかんじで、ページをめくるたび
    あるある、ダメって言っちゃうなー
    なんて思ってしまいました。

    3歳の息子に読み聞かせたところ
    「こんなことしちゃダメだよね〜w」
    と、なんだか他人事な反応でした。
    あなたがいつもしていることじゃないの…と思ってしまいました。

    最後にフォローがあるところがとてもいいですね。
    こういう本って案外ダメダメで終わってしまったりもするので。

    投稿日:2017/04/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 両方に共感

     タイトル、表紙の絵(あぶない!)、扉の絵(顔は見えないけれど、ママ怒ってる!)が、この絵本のすべてを物語っています。無茶苦茶する男の子と、「ダメ!」というママのやり取りが続く絵本です。画面いっぱいに描かれた無茶苦茶ぶりがすごいです。いつも怒られている元気いっぱいの子どもは同志を得た気分かな?

     私はデイビッドのようなパワーはないけれど、彼の気持ちもママの気持ちもわかる気がします。自分の中にある子ども心と、常識・良識・社会規範の両方を、デイビッドとママに見ます。両方に共感しながら読んで、最後、その相反するものが、抱きしめ抱きしめられていて、うれしくなりました。

    投稿日:2017/04/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • あるある!と頷きたくなる絵本です

    活発な子の日常ではよくある光景だなと思いました。以前保育園に勤めていたこともあり、よく見ていた光景です。
    ダメって言われたら、余計派手にやりたくなっちゃうんですよね〜。
    イラストがまた良い味出していました。どのページも面白い!
    食べ物で遊んじゃいけませんの部分の食べ物で作った人形みたいなのが、またリアルで笑いました。
    ダメダメって言ったら子育てに良くないように感じますが、何が悪いのかをしっかり教えてあげたら、言っても良い言葉だと私は思っています。
    まだ0歳で可愛いばかりの息子ですが、いつの日かダメダメガミガミ言ってしまう日が来るのかな?
    その時は一緒にこの絵本を開いて、デイビッドはどうして怒られてるのかな?って息子と一緒に考えながら読みたいです。
    最後のページのママのギューっと抱っこで、ダメダメって言ってた全てが帳消しになりますね。とっても愛がある絵本だと思います。

    投稿日:2017/04/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • イラストが豪快です

    • ととくろさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子8歳、女の子4歳

    だめよ!

    思わず、読み聞かせに
    本意気の声が出そうです。
    ディビッドのやんちゃな一場面に止めの一声。

    怖いくらいに
    豪快なやんちゃさと勢いのある絵柄で
    楽しいです。

    どんなにお馬鹿でイタズラ者でも
    可愛い我が子。
    そんな満ち足りた気持ちで
    終われる絵本です。

    投稿日:2017/04/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • この絵本は誰のための絵本?

     子どもたちはすぐに気がつきます。
    お母さんのことが描かれていると。
    お母さんんもわかるのです。
    こんなことばかり毎日毎日、大きな声でガンバっていると。
    でもそれでいいの。
    それぞれのお家で、それぞれの大声で、それぞれの理由で、子どももお母さんもそれぞれに相手をしっかり感じるためなんだから。
     忙しくて、よく訳を聞かなかっても、お腹が空きすぎて手を洗わないでご飯を食べようとしても、そんなことはよくあることなの!
    だからそれでいいの。
    気づいた時に、ギュってすればいい。
    このことに気づかせてくれる絵本だよ。

    投稿日:2017/04/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 手のかかる子ほど可愛い

    やんちゃな子供が次から次へとしでかす奇想天外なイタズラと、1日に何十回も「ダメ!」と言い続けるお母さん。この構図は世界中どこでも同じなんだなぁと笑ってしまいました。もちろん我が家も例外ではなく、毎日「ダメ!」「こら!」の連発です。
    お母さんには「うちだけじゃないんだ」という救いと「もっと子供に愛情を伝えていこう」という教訓を、子供には「いつも怒られてばかりだけど、自分はちゃんと愛されている。それに上には上(デイビッド)がいるんだ!」という安心感を与えてくれる一冊です。

    投稿日:2017/04/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • やっぱり大好き

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子7歳、男の子4歳

    デイビットがはちゃめちゃなことをやるたびにお母さんに叱られるこの絵本。デイビットのやんちゃっぷりは、絵本で見ているとパワーにあふれてて、元気に思う存分遊べるっていいことだよな〜と思えますが、もし自分の息子がデイビットだったらと想像すると、ぞっとします。きっと私も「ダメ!ダメ!」言い続けて一日が終わっていそうです。
    最後に、お母さんに抱きしめられてとても穏やかな顔をしているデイビットを見て、すごく温かい気持ちになりました。
    私も息子たちに叱ることがよくありますが、叱るばかりじゃなく、大好きだよというメッセージもちゃんと伝えることがとても大切だなと思いました。

    投稿日:2017/04/12

    参考になりました
    感謝
    0

115件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



あかちゃんの視線をくぎづけにする『もいもい』しかけ絵本

全ページためしよみ
年齢別絵本セット