新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

さっちゃんのまほうのて」 みんなの声

さっちゃんのまほうのて 作・絵:たばた せいいち
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
税込価格:\1,320
発行日:1985年10月
ISBN:9784033304106
評価スコア 4.89
評価ランキング 12
みんなの声 総数 181
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

181件見つかりました

  • 絵本をだきしめました

     最初に手にしたのは娘が生まれた歳でした。本棚にあったこの本を、娘が3歳くらいになった頃から、しきりに「よんで、よんで」と・・・何度読んでも涙が出てしまうから、読むのが辛くて「ちがうのにしよう」とよく言ったものです。それでもしつこいときは、けんかになってしまって・・・それくらい、大切な本なんだけど、わたしにとっては人に読んであげるということが苦手な絵本でした。

     それが去年の秋ころ、ふとしたきっかけで、障害のある方に読むことになりました。娘とはちがって、ちょっと緊張感もあり、わたしもいいだけ年齢を重ねたのでなんとか泣かずに読めました。そのことにほっとしたのもつかのま、聴いていたその方が、読み終わるなりわたしのひざから絵本をひきよせ、抱きしめてほお擦りをしたのです。
     言葉も不自由で四肢に麻痺があり、車椅子で生活をする彼女の心にどう届いたのか、それは言葉ではいいつくせない共感だったのでしょうか?

     そして「さっちゃんのまほうのて」によって、大きな力を与えられ、ついに彼女も「じぶんのものがたり」と題した紙芝居を、他の方とも協力して作り上げてしまったのでした! 絵本のもつ力の大きさにも改めて感動しました。

    投稿日:2008/01/06

    参考になりました
    感謝
    3
  • みんなちがって、みんないい

    「みんなちがって、みんないい」
    最近、この言葉を本当によく見かけるようになりました。
    お互いを大切に思う。その思いを大切にしましょう。
    人はそういいます。
    でも、この言葉の本質を、私たちは本当に分かっているのでしょうか?

    お子さんが、障害を抱えておられる方の話を聞いたことがあります。
    日々繰り返される、お子さんとの壮絶な戦い。
    周りの人の、冷たい視線。
    彼女は、いっそのこと子供が死んでくれたら、とまで言っていました。
    こんなこと、思ってはいけないことだと分かっている。
    母親なのに、自分は鬼だ。
    彼女は、深く傷つき、疲労困憊で、今にも崩れ落ちてしまいそうでした。
    常識で考えれば、彼女は責められるべきでしょう。
    でも、彼女が普段の一日をどう過ごしているかを聞いて、
    私は言葉を失いました。
    彼女を責められる者がこの世にいるのだろうか。と私は思いました。
    「死んでほしい」彼女に、そこまで言わせてしまう現実。
    それは、今私たちが住んでいる、日本のどこかにあるのです。

    障害を正しく理解すること。
    それが一番なのではないでしょうか。

    この絵本は、小さい子にも訴えるものがあると思います。
    ぜひ、すべての子供にこの絵本を読んでもらいたい。
    「みんなちがって、みんないい」
    と心から分かってもらうために。
    自分と違った人を見て、顔をしかめるのではなく、
    「この人には何が必要なのだろう」と考えられる大人になってもらうために。


    投稿日:2006/03/10

    参考になりました
    感謝
    3
  • バリアフリー絵本の先駆けです

    今では、バリアフリー絵本というジャンルがあるほど、
    *Forの絵本 「障害」のある子どもたちのために(for)作られている絵本
    *Aboutの絵本 「障害」について(About)描かれている絵本
    *Byの絵本 「障害」のある人によって製作された絵本
    の、質の高い絵本が多く出版されています。

    その*Aboutの絵本の先駆けではないでしょうか?

    障害を持つ、さっちゃんの気持ちが痛いほど伝わってきます。

    投稿日:2017/10/07

    参考になりました
    感謝
    2
  • 伝わって欲しいことが山ほど詰まっている一冊

    絵本ナビさんでこの絵本の存在を知ってから、
    ずっと気になっていた本でした。
    でも私には上手に読んであげられる自信がない(絶対泣く)のがわかっていたので、
    今までなんとなく避けていた絵本でした。

    しかし図書館で発見してしまい…。
    やはり素通りすることはできませんでした。
    5歳と10歳の娘たちと読みました。

    予想通り、さっちゃんが幼稚園を飛び出したあたりから平常心ではいられずに、
    どんどん胸がつまって涙が出てきましたが、頑張って読みました。

    娘たちは、さっちゃんの右手に指がないなんて思ってもいなかったので、
    途中から「え?」という顔をして、
    ないとはっきりわかった時点で黙りました。
    そして私が読むのをじっと聞いててくれました。

    さっちゃんの寂しさや悲しみ、
    そしてお友達の放った子供の正直さゆえの残酷な一言。
    すべてが心に刺さりました。
    子供たちにはどのように伝わったでしょうか。

    子供たち、とりわけ次女は指のないお友達がいる、なんて考えたこともなかったようで、
    絵本についていた『たくさんのさっちゃん』というしおりをじっと見ていました。
    そしてこの絵本を、何度も何度もリクエストしてきました。

    私たちの周りに四肢障害のお友達はいないので、
    娘たちはそれなりに衝撃を受けたようですが、
    きちんと受け止めてくれたように思います。

    この本が、ただただ泣いてしまうだけの絵本ではなく、
    さっちゃんが力強く、たくましく生きていく姿が描かれていて
    娘たちも最後のページでは表情がほっとしていました。

    こんな風に、さっちゃんみたいに娘たちにもたくましく生きて欲しい。
    そしてあらゆる人を自然に受け入れられる
    優しい人間に育ってほしいと強く思いました。

    伝わって欲しいことが山ほど詰まっている一冊です。
    親があれこれ解説するのではなく、
    子供たち自身にいろいろ感じ取ってもらいたいと思います。

    さっちゃんと手をつないだお父さんが、
    歩きながらさっちゃんに語り掛けた言葉が頭から離れません。
    なんて力強い言葉でしょうか。
    見えない力が湧いてくるような言葉です。
    こちらまで勇気をもらえる言葉です。

    今回、思い切ってこの本を図書館から借りてきたことは間違っていませんでした。
    うまくは読めませんが、読んであげて良かったって、心から思います。

    あらゆる年代のお子さん、そして大人にも読んでもらいたい一冊です。
    私みたいに、うまく読む自信がないから…と躊躇されている方がいたら心配ご無用です。
    うまく読めなくても、絵本自身が力を持っているのでノープロブレム!(^^)
    是非是非手に取って、お子さんと読んでみてください。

    投稿日:2015/02/15

    参考になりました
    感謝
    2
  • 娘も足に障がいがあるので(左足が内反しているだけなので
    障がい者手帳は出ないと主治医に言われているので、障がいが
    あると言っていいのかよくわからないのですけれども)、お友達
    に「それはなに?」と足につけている装具についてきかれることが
    よくあります(その度にお友達に病気のことを教えてあげます)。
    そんな娘ですので、なにか心に響くものがあったのか・・それとも
    なんにもなくとも、読む人の心を掴むのか(きっと後者ですね)、
    「もう一度読んで」と静かに言ってきました。いつもだったら、
    また読みたい本は「もいっかい!」と元気よく言うのに。

    読みながらさっちゃんやおかあさんに感情移入して泣きそうになる
    のをこっそりこらえます。悔しいよね。そんな風に言われてね。
    でも大丈夫。さっちゃんのてはまほうのてだから。
    娘は「しょうがくせいになってもさっちゃんのゆびははえてこない」
    というところがとても印象に残ったようで「でもゆうたんの足は
    手術したら治るんだよね?」と訊いてきました。
    うーむ。今のところは治らないんだよねえ。内反は治るらしいけれど
    元々、神経疾患だから足の甲を上に持ち上げることは手術しても
    できないんだよねえ。
    ・・といったことを説明。。
    たとえ足が内反していても、やっぱり娘の足はまほうのあしだと
    私は思っていますし、これからもお友達と衝突したりしても(今の
    ところ病気に関してはなさそうに思います)、パワーではねのけて
    いってほしいな。さっちゃんとおんなじようにね。

    投稿日:2012/08/01

    参考になりました
    感謝
    2
  • 思わず声が詰まり・・・

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子5歳、女の子2歳

    私はこれがどういうお話が知っていて読み始めましたが、娘はまったく予備知識なし。
    はじめは、ただの幼稚園でのありふれたけんかだと思ってか楽しそうに聞いていたのですが、そのうちに・・・。
    私も、さっちゃんが涙ながらにお母さんに訴え、お母さんが真剣にそして正直にさっちゃんに答える場面では、思わず声が詰まってしまいました。
    読み終わったあと、娘は「さっちゃんってすごいね」とポツリ。
    障がいを持っている人に対して、どういう接し方をするべきか教えるのは難しい。ましてや、どういう感情を抱くべきなのかを教えるのはほぼ不可能だと思います。
    幼い頃からこういう絵本に触れることによって、自分で考え、自然に思いやりをはぐくんでいってくれたらと願います。
    お子さんが年長さんくらいになったら、ぜひ一度読んでみてください。

    投稿日:2011/02/19

    参考になりました
    感謝
    2
  • 一緒に考えよう

    いつか一緒に読もうと思って、買っておいたこの本を
    娘がみつけてきて、読むことになりました。
    難しいかな?いつ読もうか?と、
    今まで、私が難しく考え過ぎていたかもしれません。
    おなかの中でけがをして生まれてきた子がいるんだね。
    障害について考える、はじめの一歩になったと思います。

    投稿日:2011/01/20

    参考になりました
    感謝
    2
  • もし手に指がなかったら

    生まれつき手に指がないさっちゃん。
    幼稚園では、手に指がないということで嫌な思いをさせられます。
    そんな思いをさっちゃんは一生続けるのでしょう。
    一方さっちゃんはとてもたくましい。
    自分自身を受け入れるというたくましさと、他の園児の中で物おじしないたくましさ。
    それでも、この絵本は親のための絵本だと思います。
    この絵本を読むのは障害児の親でしょうか。
    話にもあるように、親はさっちゃんに障害があっても、愛おしいのです。
    落ち込んだ我が子と自分に励ましをあげましょうか。

    しかし、私自身も含め大半の親はそのような子どもがいない親。
    子どもには、差別をしないように教えましょうか。
    そういいながら、差別感覚を持っているのは実は親の方かも知れません。
    子どもたちがノビノビ育つように。
    まずはさっちゃんの親に学びましょう。

    投稿日:2011/01/18

    参考になりました
    感謝
    2
  • 胸にぐっときました

    • ななっちママさん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子6歳、女の子4歳、男の子4歳

    途中から涙が止まらなくなりながら子供たちに読みました。
    幼稚園でお友達と関わる時に何かを感じてくれたらいいと思って選んだのですが、4歳の子供がわかるだろうか・・・どんな反応をするだろうか・・・と思っていました。
    みんな最後まで集中してしんけんに聞いてくれていました。
    私も今までにないくらいに感情を込めて読んだきがします。
    お母さんの「おかあさんのだいすきなさっちゃんの手なんだから」
    という言葉に涙で読めなくなってしまいました。
    色んな子がいていい、みんなちがってそれが当たり前なんだから、
    人と違うことが変な事でも悪い事でもないということを子供たちと話す機会を作ってくれた素敵な本です。
    障害を持った子供のお母さん以外にもぜひ読んでもらいたいと思いました。

    投稿日:2009/10/05

    参考になりました
    感謝
    2
  • 胸がぎゅっと痛くなる

    • 10月さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子3歳

    うまれつき片方の手の指が無いさっちゃんの物語。

    おままごとのときに私も「お母さん」役をやってみたい!
    と思うさっちゃんでしたが、みんなに反対されて・・・
    「片手しかないお母さんなんていないよ!」という
    心無いこどもの声に胸を痛めるさっちゃん。
    「大きくなっても、ほんとにお母さんになれるのかな・・」と心配で夜中にひそかに
    悩むさっちゃん。

    こんなに小さな子が眠れないほどに悩んでしまうことに
    胸が痛くなります。

    そしてさっちゃんの手のことを、しっかりと向き合って
    自分の言葉で語るお母さん。
    「さっちゃんの手は魔法の手」というお父さん。

    両親の言葉と、お友達の言葉でまた元気になって
    成長するさっちゃんの姿。
    (お友達も「言葉で相手が傷つく」という経験をして気づいたんですね。)

    どうしてもお母さん目線で見てしまいますが、さっちゃんほんとにえらいな。よかったな。
    そう思ったラスト。
    外で読んでたのに、涙が出そうになりました。

    投稿日:2009/10/05

    参考になりました
    感謝
    2

181件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / せんろはつづく / うんちっち

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット