ウォッシュバーンさんがいえからでない13のりゆう ウォッシュバーンさんがいえからでない13のりゆう ウォッシュバーンさんがいえからでない13のりゆうの試し読みができます!
作: 中川 ひろたか 絵: 高畠 那生  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
家から一歩でも出たら大変なことが起こるかも?奇想天外なユーモア絵本

さっちゃんのまほうのて」 ママの声

さっちゃんのまほうのて 作・絵:たばた せいいち
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1985年10月
ISBN:9784033304106
評価スコア 4.9
評価ランキング 8
みんなの声 総数 170
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

136件見つかりました

  • 涙をこらえながら読み聞かせました。

    6歳幼稚園年長さんの娘に図書館で読み聞かせました。
    娘は同じく幼稚園児の絵本とあって,幼稚園での様子などを興味深く見入っていました。
    そして,「どうして手がないの?」などと質問も。
    幼稚園児くらいの子供は無邪気といいますが,自分の気持ちに素直すぎるといいますか,それゆえに相手を傷つけてしまうことも。
    こういう絵本を読むことによって,色々な境遇の人々がいることや相手を思いやる気持ちを学んでほしいなと思いました。
    親の私は,さっちゃんのこと,さっちゃんの親御さんの気持ちを考えると,涙なしでは読めませんでした。
    さっちゃんのお父さんの言葉染みました。
    また元気に幼稚園に行き出したさっちゃん,わかってくれる支えてくれる友達もたくさんいるはず!救われました。

    投稿日:2016/08/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぜひ子どもたちに知ってもらいたい

    自分の小さいころに読んで印象強く残っている本です。
    さっちゃんの手には指がなく、お友達とままごとをしているときにさっちゃんがお母さん役をしたいと言っても「さっちゃんはお母さんにはなれないよ!だって手のないおかあさんなんて変だもん。」と言われてしまいます。
    子どもって時に残酷ですよね。
    さっちゃんは生まれたときからそうだったからきっと自分ではそんなに気にしなかったけど、お友達と遊ぶようになって自分はみんなと違うってきっと自分で気づいたんですよね。みんなと違うだけでお友達からそんな言葉を言われたら…小さな胸の内を思うと心が痛みます。
    さっちゃんがお母さんに尋ねた「さちこの手はどうしてみんなと違うの?」という問いかけも親心を思うと泣けてきます。でもおとうさんもおかあさんもしっかりと現実に向き合いつつ、さっちゃんに素敵な言葉をかけます。
    涙なしでは読めないですが、ほんとに素敵な話です。さっちゃんの明るいキャラクターがとっても良いです。多くの人に知ってもらいたい本です。

    投稿日:2016/01/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぐっときました

    4歳の長女に読みました。
    読んでいる途中から私がぐっときてしまって泣きそうでした。
    さっちゃんに指のことを話すお母さんの気持ちを考えるとどうしても・・・。
    小学生になったら指が生えてくるの?と聞くさっちゃんに、お母さんが答えるシーンが泣けて泣けて。

    娘は娘なりに感じるところがあったようで、何度も読んでほしいと持ってきます。小さい子でも分かるのでしょうね。
    むしろ小さい頃から自然に読んであげるべき絵本なのでしょうね。

    投稿日:2015/11/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読んでほしい1冊

    • なごみとまとさん
    • 40代
    • ママ
    • 三重県
    • 女の子15歳、男の子14歳、女の子7歳

    娘小学2年生の読書感想文に一緒に読みました。
    小学2年生だと感想文を書くのは難しいけど・・・
    みんなにも読んでほしい1冊です。
    さっちゃんに友達が言った言葉が悲しくて・・・
    さっちゃんに父親が言った言葉が素敵で・・・
    親として、いろいろ考えさせられました。

    投稿日:2015/09/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さい頃読んだけど・・・

    この絵本は、実家にもあり、小さい頃何度か読んだ記憶が
    あります。
    でもその時は、テーマが重い感じがして、絵もこわめなので、
    あまり楽しく読んだような思い出がありません。
    先日、娘が、たまたまこの絵本を読んでと持ってきたので、
    久しぶりに読んでみると・・・。
    最後の方は、涙が出て、声がつまってしまいました。
    こんなに素晴らしい絵本だったのかと・・・。
    さっちゃんという手の指がない女の子の、強く生きる姿。
    そして、何より、毅然とした母親の姿に感銘を受けました。
    自分はこんなに強い母親でいられるのか・・・。
    違った立場になって改めて読んで、本当によかったと思います。
    ずっとずっとこの先も読み継がれてほしい絵本です。

    投稿日:2015/08/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何かを感じてもらえたら

    • ともっちーさん
    • 40代
    • ママ
    • 佐賀県
    • 女の子7歳、男の子3歳

    娘の学校に義足の子がいるらしく、「何であの子は足がないの?」と質問されました。

    障がいについて私なりに説明はしたものの、うまく伝わったかどうか自信がありませんでした。

    そんな時この本の存在を知り、図書館で借りて来ました。
    事前にある程度の内容は知っていましたが、それでも涙なしでは読めない本でした。

    何も説明はせず、置いておいたら娘が読んでいました。

    読んでも、娘は何も言わず。
    ただ、しばらくしたら何度か読み返していました。
    一度読んでそれっきりの本も多い中、この本はそうではなかったようです。

    いつもなら、読んだ本について感想を聞いたりするのですがこの本ではそれはしませんでした。
    私の貧相な言葉で説明するより、本を読んで娘なりに考えて欲しいと思える本だったからです。

    娘が実際どう思ったのかは不明ですが、何かを感じてもらえていたらいいなと思います。

    投稿日:2015/03/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • これからの息子たちのために

    これから育っていく息子たちのために買いました。

    次男は左の親指、左の腕の骨が1つありません。

    産まれてから今までは長男は気付かなかったのか、気付いていたけれど言えなかったのか、次男の手の事を言うことはありませんでした。

    ある日、調子が悪く1週間ほど入院していた次男が退院した日。
    長男が言いました。
    「○○くんの指ない!手がなんか変。」

    そうなんです。そうなんだけど、何て言えば良いんだろう??

    長男だけでなく、次男がこれから世間に出ていく上でも、何て言っていけばいいのか。悩みました。
    どういうのが、この子たちのためになるのか。
    そして、調べているうちに、この絵本にたどり着きました。

    買ってよかったです。

    本当に買ってよかったです。

    全ての子どもたちが読んでくれたら、次男が社会に出ていくことが少し簡単になるのに。と思いました。

    長男に読んで聞かせたら、じっと聞いていました。
    特に感想は言いませんでしたが、息子なりに感じとってくれたみたいです。

    綺麗ごとが並べられているのでなく、見た目が普通でなく産まれた子が通る道が描かれていると思いました。

    何が正しいとかはありませんが、これからの人生、この本を胸に頑張って生きていきたいと思いました。

    投稿日:2014/08/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供って素直で残酷、だからこそ!

    息子のクラスに指が一本だけ大きい(?)子がいるそうです。
    そのことで幼稚園の時に宇宙人などと言われていたりしたそう。
    そんなこともあり、息子が学校で読んでもらったそうです。

    子供って素直で残酷ですよね。
    思ったことをそのまま口にしてしまう。
    だからこそ、こういうお話を読み聞かせしたいと思います。

    お友だちに「手のない子はお母さんになれない」と言われ
    さっちゃんは悩み続ける・・なんて切ないのでしょうか。
    そのことに対するお父さんの「なんだ!そんなことか!」と
    いとも簡単に笑い飛ばした優しさ。
    さっちゃんはきっとあの一言で生きる勇気が持てたはず。
    言葉の持つ力はすごく大きく良くも悪くもなることを
    息子にも分かってもらいたいです。

    投稿日:2014/06/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 泣けちゃいました

    さっちゃんという女の子。

    お母さんにもうすぐ2人目の赤ちゃんが生まれ、さっちゃんはもうすぐお姉ちゃんになります。

    お母さんのお腹をそっとなで、私もお母さんになりたいと思う様になります。

    初めて読み聞かせをした時、障害のある子のお話だと思っておらず、読みながら衝撃を受けてしまいました。

    さっちゃんに説明をしている時のお母さんの心の中の痛みが本当に痛い程伝わってきて、泣きそうになってしまいました。

    障害があっても、お母さんになれる!

    励みになる大変すばらしい作品です。

    投稿日:2014/04/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • すてきな両親

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    うまれつき指を持たずにうまれてきた女の子のお話。
    まわりの子と自分は違うと傷ついた女の子をやさしく力強く見守って愛してくれる両親がいて良かったです。
    おかあさんもおとうさんもとてもあたたかくてすてきな両親だと思います。
    ずっと愛する両親と一緒に生きられるわけではないので、このさっちゃんのように自分がそしてまわりが愛してくれるのに安心しました。

    投稿日:2014/04/05

    参考になりました
    感謝
    0

136件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / じゃあじゃあびりびり / 世界で一番美しい元素図鑑

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



絵本レビュー大賞、結果発表です!

みんなの声(170人)

絵本の評価(4.9)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット