アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

さっちゃんのまほうのてなかなかよいと思う みんなの声

さっちゃんのまほうのて 作・絵:たばた せいいち
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1985年10月
ISBN:9784033304106
評価スコア 4.9
評価ランキング 8
みんなの声 総数 170
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 私が読んだ本。これから娘に読んであげたい

    • 爽々さん
    • 20代
    • ママ
    • その他
    • 女の子1歳

    私が小さい頃、保育園で読んでもらって印象に残っている本です。私の友達が産まれた時から左手が麻痺のために動かすことができません。(腕を上げたりすることはできますが、感覚はないそうです)
    そんな彼女のことをもっと理解するために、この本を読んでくれたのだと思います。この本に出会って、涙したことを覚えています。障害を個性として受け入れ、周りのみんなも温かくサポートしたいと思わせてくれる本でした。
    周りに障害のある子供がいる、なしに関わらず小さい頃から読んでいろいろな境遇の人がいること、命あることが素晴らしいことであることを教えてあげられるきっかけの本になると思います。

    投稿日:2009/11/26

    参考になりました
    感謝
    4
  • バリアフリー絵本の先駆けです

    今では、バリアフリー絵本というジャンルがあるほど、
    *Forの絵本 「障害」のある子どもたちのために(for)作られている絵本
    *Aboutの絵本 「障害」について(About)描かれている絵本
    *Byの絵本 「障害」のある人によって製作された絵本
    の、質の高い絵本が多く出版されています。

    その*Aboutの絵本の先駆けではないでしょうか?

    障害を持つ、さっちゃんの気持ちが痛いほど伝わってきます。

    投稿日:2017/10/07

    参考になりました
    感謝
    2
  • 一緒に考えよう

    いつか一緒に読もうと思って、買っておいたこの本を
    娘がみつけてきて、読むことになりました。
    難しいかな?いつ読もうか?と、
    今まで、私が難しく考え過ぎていたかもしれません。
    おなかの中でけがをして生まれてきた子がいるんだね。
    障害について考える、はじめの一歩になったと思います。

    投稿日:2011/01/20

    参考になりました
    感謝
    2
  • いろんな子がいてそれが当たり前の社会

    以前保育士をしていたときに年中、年長の子供たちによく読んでいました。同じ園内にさっちゃんと同じ病気の子がいたせいもあります。

    我が子に初めて読みました。涙で声が震えますが最後まで読みました。
    障害がある子もない子も オデブの子や痩せの子 大きい子小さい子 いろんな子がいて当たり前です。自分と違う子、考えを排除する社会、世界 これから子供たちも直面していくとは思いますが いろんな考え 形 人 皆違ってみんないいんだよということを 伝えて行きたい。

    投稿日:2008/07/06

    参考になりました
    感謝
    2
  • 小学校の読み聞かせに利用しました

    生まれつき指のないさっちゃんのお話。

    低学年の読み聞かせの会に使わせていただきました。
    内容は重く、話もやや長めなので子供たちがどう受け止めるだろうかと
    不安がありました。

    おとうさん、おかあさんの優しい言葉にぐっときます。
    小学生になっても大人になっても変わらない手。
    けっしてごまかさず、でもさっちゃんにも分かる言葉で
    かたくなった心を少しづつ溶かし手ていくようなお話でした。

    「まほうの手」この素敵な言葉にさっちゃんが強く明るく育っていく姿が目に浮かぶようです。

    真剣なまなざしで聞き入る子供たちの心にも
    きっと何か 響いたのではないでしょうか。

    投稿日:2012/11/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • 家族の絆

    さっちゃんは幼稚園で手のことを言われ悲しい思いをします。でもおとうさんやおかあさんの深い愛情で、気持ちを強くします。
    今「いじめ」が社会問題になっていますが、すべての責任を学校に押し付けるのではなくて、家庭の生活を見なおすことも大事だと思いました。家族の絆で障害を乗り越えようとするさっちゃんの家族を、私も見習わなくてはと思いました。子供に「もし幼稚園にこんな手の子がいたらどうする」と聞いてみました。子供は「いいこいいこ(手をなでてあげるという意味)してあげる」と言いました。

    投稿日:2007/01/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • すてきな両親

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    うまれつき指を持たずにうまれてきた女の子のお話。
    まわりの子と自分は違うと傷ついた女の子をやさしく力強く見守って愛してくれる両親がいて良かったです。
    おかあさんもおとうさんもとてもあたたかくてすてきな両親だと思います。
    ずっと愛する両親と一緒に生きられるわけではないので、このさっちゃんのように自分がそしてまわりが愛してくれるのに安心しました。

    投稿日:2014/04/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 障がいについて知る、入り口に。

    • *momo*さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子9歳、男の子7歳、男の子3歳

    有名な絵本らしいのですが、私は知らず…
    ですが、障がいをもつ子は子どもたちの周りにも少なくはなく
    どうして、障がいがあるの?という、子どもたちへの答えにどう答えたらいいものか…と悩んでいたところ
    この絵本に出会いました。

    小学1年生の長男は、さっちゃんは、すごいね。と言っていました。
    つよいねって。

    きれいごとじゃなく、でも、差別や偏見でもなく
    障がいについて知る、入り口になるかな…と思います。

    投稿日:2012/10/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • さっちゃんには指がありません。

    世の中にはそういう子もいる。
    私の子供たちはまだ障害のある子に会ったことが
    ありません。

    とても現実的な絵本なので
    いろんな子がいるのだと知るのに
    とてもいい絵本だと思います。

    お母さんになれないと言われて
    心配になってしまうさっちゃんが切ないです。
    そっか、子供ってそういうことを
    真に受けちゃうんだなぁと思いました。
    さっちゃんも素敵なおかあさんになれるよ。
    そう教えてあげられて良かったです。

    投稿日:2011/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 時には残酷なんです

    障害とは、どうな風に伝えたらよいのか。

    子供は自分と違うことに敏感で正直で
    そして表現がストレートで、相手の気持ちを
    読めなくて、残酷なときがあります。
    「てのないおかあさんなんて、へんだもん」
    言われたさっちゃんの悲しかったこと。

    感じたそのままを素直に表現することは
    いいことですが、それが傷つけてしまう
    という事があるとわかってほしい。
    そういう思いで読んでみた本です。

    違うことは怖い事じゃない、偏見なく
    受け止めてくれると嬉しいです。
    素直な小さいうちに教えていきたい
    まさにピッタリの一冊です。

    投稿日:2008/09/14

    参考になりました
    感謝
    0

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / じゃあじゃあびりびり / 世界で一番美しい元素図鑑

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



優しく平等な心の大切さを、絵本・映像・音楽で学べる

みんなの声(170人)

絵本の評価(4.9)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット