宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

くれくれくまちゃん自信を持っておすすめしたい みんなの声

くれくれくまちゃん 作・絵:ディヴィッド・ホーヴァス
訳:成瀬まゆみ
出版社:タイトル
本体価格:\1,500+税
発行日:2008年12月
ISBN:9784904500002
評価スコア 4.14
評価ランキング 19,799
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • わがままだけど、かわいい

    くれくれくまちゃんが、可愛いです!「わがままだけど、かわいい。わがままなのが、かわいい。」同感です!ちょっと絵は、なに考えてるの?というとぼけた絵ですが、そこがいいのかもしれません!くれくれくまちゃんもいつまでも、わがままではないと思うので、そんな時期にはしっかり甘やかせてあげればいいなあと思いました。

    投稿日:2017/01/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 奇抜なイラスト風の絵。

    息子が0歳の頃から読んでいる今も大好きな絵本です。超わがままなくまちゃんが、かめくんと出会って変わります^^沢山沢山わがままをいって一人ぼっちになって気づいたんでしょう。息子も興味津々で、対象年齢は4歳からでも内容がシンプルなので入りやすい世界みたい。1歳は無言できいていたけど、2歳になってからは「かめくんのふうせん返して!!」と怒っています(笑)子供の感情も自我が芽生えてきてるなぁと再認識。

    投稿日:2011/09/30

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



大自然の中に遊びにいこう!米国で人気のシリーズ第四弾

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.14)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット