もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

ぐりとぐらのえんそく」 ママの声

ぐりとぐらのえんそく 作:中川 李枝子
絵:山脇 百合子
出版社:福音館書店
本体価格:\900+税
発行日:1983年03月
ISBN:9784834008920
評価スコア 4.68
評価ランキング 1,811
みんなの声 総数 171
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

156件見つかりました

  • 毛糸の先。

    • ととくろさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子5歳、女の子1歳

    ぐりとぐらと言えばカステラ。
    それは「ぐりとぐら」の絵本なんですが
    シリーズ中、次に私の印象に残っているのが毛糸の話。
    野ねずみのぐりとぐらが
    ほどけた毛糸の先を探して
    クマに行き当たるという流れですが
    これもこの部分をなぜかすごく覚えています。
    主人ともあれなんて題名だっけ?と
    話になったりもしました。
    シリーズを読み直して「えんそく」だったんだ!と。

    「おきゃくさま」(こちらは足跡を追います)でもそうですが
    小さい二人が謎の先を追うというのが面白いのだと思います。
    運動会みたいに自分より大きくなった毛糸玉を転がすのもユニーク。
    そしてお友達も加えて
    お腹を空かせて迎えるお昼は最高。

    くまさんのぶんもあるよ
    ぼくたち どっさり もってきたんだから

    クマが参加してもおなかいっぱいの昼食ですって、
    一体どれだけ用意してあったんでしょうね?

    投稿日:2014/09/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 体操がお気に入り

    対象年齢は4歳からのようですが、2歳の息子でも最後までおとなしく聞いていられる大好きな絵本です。

    特に体操のシーンでは、膝の上で大きく体を動かしてノリノリ♪

    ぐりとぐらの絵本は歌うように読めるところが好きなんですが、

    「遠足の楽しみは リュックの中のおべんとう」

    がうまくリズムがつけられないのが悩みどころです(笑)

    投稿日:2014/08/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • やっぱり大好きです。

    表紙をみても、小さい二人にキュンとします。

    こんなちいさくてかわいいキャラクター、なかなかいません。

    ふいにみつけた毛糸を二人でゴロゴロ転がしていって、

    その正体が分かったとき、

    今回のゲスト、登場です。

    いつもいつも食べ物がおいしそうですね。

    投稿日:2014/06/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最後はやっぱり!

    みんなの人気者ぐりとぐらが遠足に行くお話です。
    美味しいお弁当を持ってリュックを背負って。
    遠足と行っても何を見物するわけでもないので,お昼までの時間は運動したりと相変わらずほのぼの〜の2匹です(笑)。
    と,思っていると1本の糸が!
    さぁどこまで行くの?どこまで続いているの?その先には?
    ドキドキ感のある絵本でした!
    たどり着いた先には〜
    最後はやっぱり美味しいお食事!!
    ぐりとぐらって本当お料理が上手ですね。
    親子で安心して読める絵本でした。

    投稿日:2014/06/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • いーとーまきまき♪

    • みそぽさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子2歳

    ぐりとぐらが遠足へ出かけました。
    お昼ごはんが楽しみで早く食べたいぐりとぐら。
    でもお昼に鳴るはずのベルはなかなか鳴りません。
    そこで体操をしたりかけっこをしたりしていると、イバラに引っかかったながーい糸を見つけました。
    糸をまきまきしながらたどっていくと素敵な出会いがありました。

    おかげでぐりとぐらの持ってきた目覚まし時計もあっという間に鳴って
    楽しいおべんとうタイムの始まりです。

    投稿日:2014/04/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもの気持ちに♪

    この「ぐりとぐら」のシリーズは、何度読んでも、おもしろいと
    感じることのできる、とても貴重な絵本だと思います。
    このえんそくも、わくわくどきどき、次は何があるんだろう?と
    子どもの気持ちを、絵本の世界へぐっとひっぱってくれる、
    楽しい絵本です。
    中川李枝子さんは、教育の現場にいらっしゃっただけあって、
    その部分がとても上手だと思います。
    娘もいつのまにかぐりとぐらの大ファンに♪
    友達みたいなぐりとぐらは、ほんとにかわいいです!!

    投稿日:2014/03/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 毛糸の先は

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    遠足にでかけたぐりとぐら。
    お昼ご飯になるまでにいろいろと動くぐりとぐらがいいですね。
    そんな2匹が見つけた毛糸…一体先には何があるんだろう?とぐりとぐらといっしょになって楽しみでした。
    2歳児に読み聞かせましたが毛糸がほどける、というのが理解できたかな?
    ぐりとぐらはお弁当もりもりでさすが!と思いました。

    投稿日:2014/03/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 遠足のお楽しみはやっぱり!

    息子が幼稚園から借りてきました。

    やっぱりなんといっても遠足のお楽しみはお弁当ですよね!
    目覚まし時計までリュックに入れて
    お昼の時間を確認するなんて、本当にほほえましいです。

    確か入園前にも読んだことがありましたが
    その時よりも今の方が反応が良かったと思います。
    幼稚園でお弁当を持って遠足に行った時の
    わくわく感を実感してこそのお話かもしれませんね。

    投稿日:2013/12/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • くいしんぼう

    2歳の息子に読みました。
    ぐりとぐらが大好きです。

    たくさんの食べ物が入ったリュックを
    背負って遠足。
    お昼までにはまだだいぶ時間があるよ。
    さって、おなかをすかすため?
    マラソンした二人
    そこで毛糸をみつけグルグル。
    いきついた先はくま

    そしてくまも一緒にお昼ご飯!

    私までお腹すいてきちゃった!

    投稿日:2013/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんだろう

    おいもほり遠足が近かったので、遠足関連の方を読んであげたいな〜と思い借りてみました。

    ドキドキワクワクの楽しい遠足♪

    ぐりとぐらの歌が、あちこちで登場します。

    メロディーは知らないので適当に歌いました。

    歌の所になるとにこにこしながら楽しそうに聴いてくれました。

    遠足のドキドキ感が絵本の中から伝わってきます。

    読んでいる私も、聞いている息子も楽しむことが出来ました。

    思わぬ動物さんの登場に、あっと驚きでした^^

    投稿日:2013/11/04

    参考になりました
    感謝
    0

156件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ほら穴にいるのはどんな” ちちゃこい” いきもの?

全ページためしよみ
年齢別絵本セット