キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2 キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2
作: 角野 栄子 画: 佐竹 美保  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

ぐりとぐらのえんそくなかなかよいと思う みんなの声

ぐりとぐらのえんそく 作:中川 李枝子
絵:山脇 百合子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1983年03月
ISBN:9784834008920
評価スコア 4.68
評価ランキング 1,641
みんなの声 総数 168
「ぐりとぐらのえんそく」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

48件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • 体操がかわいい

    ぐりとぐらの体操のところが大好きな娘。
    そこでいつもにっこりします。
    なかなか時間が過ぎないっていう子どもならではの
    感覚もかわいらしいなあと思います。
    私も小さいころ読んでいて、
    毛糸を丸めるたびにこの絵本を思い出していました。
    くるくるとゆきだるまみたいに丸めていく姿、
    ほんとうにかわいらしいなあといつ見ても思います。

    掲載日:2013/09/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • ほのぼの♪

    初めて読んだぐりぐら。ネズミの目線で描かれた世界が面白いです。遠足に来た二匹が毛糸を手繰ってくまさんに出会うお話。遠足の楽しみと言えばやっぱりお弁当!みんなで仲良くお食事するシーンが好きです。ほのぼのしますね。そして美味しそう。絵の細かさや文章の長さは2歳児にはまだ早かったみたいです。もう少し大きくなったらまた読んであげたいです。

    掲載日:2015/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • えんそくのまえに♪

    遠足にでかけたぐりとぐら。
    お昼ご飯まで時間をつぶすためにたいそう→マラソンをしていたら、
    毛糸に足を取られてころんでしまいます。
    毛糸をたどっていくと、、、
    その先には大きなくまさんのおうち!
    くまさんもいっしょに、三人でのはらで仲良くお弁当を食べます。
    全然大きさの違う3人
    くまさんにごちそうしてあげられるほど
    おべんとうをリュックにつんできているぐりとぐら
    さすが!

    掲載日:2015/07/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • やっぱり大好きです。

    表紙をみても、小さい二人にキュンとします。

    こんなちいさくてかわいいキャラクター、なかなかいません。

    ふいにみつけた毛糸を二人でゴロゴロ転がしていって、

    その正体が分かったとき、

    今回のゲスト、登場です。

    いつもいつも食べ物がおいしそうですね。

    掲載日:2014/06/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最後はやっぱり!

    みんなの人気者ぐりとぐらが遠足に行くお話です。
    美味しいお弁当を持ってリュックを背負って。
    遠足と行っても何を見物するわけでもないので,お昼までの時間は運動したりと相変わらずほのぼの〜の2匹です(笑)。
    と,思っていると1本の糸が!
    さぁどこまで行くの?どこまで続いているの?その先には?
    ドキドキ感のある絵本でした!
    たどり着いた先には〜
    最後はやっぱり美味しいお食事!!
    ぐりとぐらって本当お料理が上手ですね。
    親子で安心して読める絵本でした。

    掲載日:2014/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 遠足って楽しい!

    はりきって遠足に出かけたぐりとぐら。

    あんまりはりきりすぎて、もう一杯時間を過ごしたはずなのに、お弁当にはまだまだ早すぎる時間。一体どうなるの?と思っている時に、事件が・・・。

    お話はどんどん展開し、みつけた毛糸をクルクル巻いて玉にしていくうちに、大きなクマさんに出会います。自分が着ているセーターの糸がほつれているのに気が付かないのんきなクマさん。

    この絵本を読んだのがちょうど子どもに手編みのベストを編んでいる頃で、実際に家の中に毛糸玉があり、手で触ったり転がしたり、興味津々だった実体験があったので、子どもも毛糸玉の行方が、とても興味深かったようです。

    最後はいっしょにお弁当タイムでめでたしめでたし。でもこんなに大きなクマさんと一緒にランチしても大丈夫なお弁当の量って、すごいな、ぐりとぐらのリュックにどんなふうに詰められていたのだろう?と、最後まで楽しめるお話でした。

    掲載日:2013/10/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 糸まきまき

    ぐりとぐらが
    遠足にでかけたときに
    毛糸をみつけます。

    どこにつながっているのか
    毛糸を巻き巻きしながら
    どきどきわくわくの冒険みたい。

    なるほど!
    大きな服だから
    あんなに多量の毛糸の量!

    息子は緑色が好きで
    毛糸が
    見た目、キャベツみたいだから
    この絵本を1番始めに読んであげた
    1歳のころは
    「キャベツの本」と勝手に
    ニックネームをつけて呼んでました。

    今となっては懐かしい思い出です。

    掲載日:2013/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 遠足を楽しみながらも、お弁当を楽しみにしている様子がとっても伝わってきます。子供たちの遠足のお楽しみは、みんなと一緒に遊ぶのもいいけれど、やはりお弁当ですよね!いつも何のキャラクター弁当か、すごく楽しみにしているのを見ると親も頑張ってしまいます。ぐりとぐらのお弁当はたぶん自分たちで作ったものだと思うのですが、そういえば、二人の親はどうしているんでしょうね?家族のお話もいつか読んでみたいです。

    掲載日:2013/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 2歳半の息子に図書館で借りました。

    大人にとってはなんてことないストーリーなのですが、
    やはり話の運びがうまいと思います。
    子どもにとってちょっとしたことが、初めてで大きく心を捉えることだったり、
    ドキドキ想像を膨らませることだったりします。
    この本はそれをよく分かった上で描かれている、
    読みながら、息子を見ていてそう思いました。

    リュックを背負って、水筒を下げて。
    「えんそく」という響きは、それだけで小さいこどもの心をくすぐるものです。
    お昼にならないので、体操をしたり、マラソンをしたり。
    これらは、大きな公園によくいく息子にとっても
    「公園でよくしているよね」と親近感を持って読めた導入部分なようでした。

    そして、ころんで、毛糸をたぐり寄せて丘を上り下り、
    えんどうまめくらいの玉がぐりとぐらより大きくなっていって…
    幼い息子にとって「ころぶ」ことは、痛くて大変な惨事なのでここで感情移入して気持ちを切り替え、
    そして、毛糸の玉がどんどん大きくなっていくことに息子は興味津々です。
    そんなところに、引きのイラストのページがあって…。さすが、うまい!

    家の中はかわいいし、こどもたちの大好きなくまが出てくるし、
    大きいくまと小さいぐりとぐらの対照的な感じも楽しいし、
    おいしいお弁当も出てくるし。

    大袈裟ではない、どちらかというとシンプルなストーリー&絵ですが、
    子どもの心をとらえて離さず、いい一冊だと思いました。

    掲載日:2013/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい遠足

    子どもたちにとって、遠足、ピクニックは最高のお楽しみ。
    ワクワクします。その楽しみの中の楽しみはもちろんお弁当タイム。
    お外で食べるご飯は最高においしくって気持ちもいー。
    ぐりとぐらもお昼がまちきれません。
    待ちきれないあいだに出会ったのはくまさん。
    みんなで食べたお昼はきっとおいしかったでしょう。
    今回も森の動物たちが大集合になるのかな、と思ったけれどくまさんとの3人でした。
    ワクワクほのぼのなお話でした。

    掲載日:2013/04/01

    参考になりました
    感謝
    0

48件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『いちまるとふしぎな手』 <br>八田香里さん&宮下知子さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット