オオイシさん オオイシさん オオイシさんの試し読みができます!
作: 北村 直子  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪
クッチーナママさん 40代・ママ

映画デビュー
インパクトのある表紙の絵に惹かれて手に…

かばさん 改訂版」 絵本紹介サイトの声

かばさん 改訂版 作:やベみつのり
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2001年11月
ISBN:9784772101615
評価スコア 4.36
評価ランキング 12,422
みんなの声 総数 24
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 子どものための造形教室を主宰されているやべさんの絵本。子どもと関わりの深いお仕事をされているからでしょうか。子どもの目線をよくとらえた絵本です。
    絵本って大人が作るものなので、どうしても大人の目線に偏りがち。でもこの絵本は、どうぶつえんのかばの何気ない仕草や癖を大好きなお父さんと照らし合せて、子どもの目線で描かれています。かばがあくびをしている様子やあかちゃんかばをお腹の上に乗せてぷかぷか水の上に浮かんでいる様子は、ちゃんとかばを子どもの目線まで下がって観察した上での描写なのでしょう。
    かばを見ながら「おとうさんみたい」というみつこの一言や、「かえりのでんしゃのなか みんなのかおがかばにみえました」という一コマなどは、みつこの気持ちがとてもよく伝わってきます。
    子どもたちって、こんなことを考えながらかばを観察しているのかと思うとなんだか、おかしくなっていましました。
    動物園からかえってきたお父さんとみつこのかばごっこもとてもほほえましいやりとりです。無心になって子どもとかばごっこをしているおとうさん。ここでもお父さんが、子どもの立場・目線に立って、遊んでいますよね。きっと作者やべさんは、子どもと遊ぶのが大好きないいお父さんなのでしょうね。
    是非、お父さんに読んでいただきたい絵本です。たまには、無心になってかばのように「ぶわぁ〜」と鼻の穴を膨らませて、子どもたちと遊んでみてはいかがでしょうか。

    投稿日:2003/06/11

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



あしたがきらいなウールの背中を押してくれた奇跡の夜

みんなの声(24人)

絵本の評価(4.36)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット