宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

こどものためのイエス・キリスト物語自信を持っておすすめしたい みんなの声

こどものためのイエス・キリスト物語 作・絵:ブライアン・ワイルドスミス
訳:星野真理
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2000年10月
ISBN:9784092630130
評価スコア 4
評価ランキング 22,659
みんなの声 総数 2
「こどものためのイエス・キリスト物語」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 独特な構図や緻密な筆運びに・・・

     キリスト教圏の家庭では、聖書はもとよりクリスマスの前にこんな絵本を開いて親子で語り合うのでしょうか。

     ブライアン・ワイルドスミスさん作という事で期待して開きました。
     金箔の縁取りの絵が厳かな雰囲気を伝えてくれます。
     
     新約聖書の福音書(マタイ伝、マルコ伝、ルカ伝、ヨハネ伝)をもとにイエス・キリストの誕生から復活 (受胎告知 〜 聖霊降臨 )までの生涯が丁寧に描かれています。

     中世宗教画を髣髴とさせる独特な構図や、細部にまで行き渡った緻密な筆運びに唸ってしまいました。
     人物の表情・仕草そして背景どれも素晴らしい。
     主人公イエスの存在感のある有難い姿も説得力があります。
     絵本ならではのカラフルさ溢れる作品です。
     よく見ると原色がとても多く使われているのですが、不思議なことに主張が強すぎず抵抗感がありません。

      信者さんのご家庭でなくとも、この絵本を開き「イエス様の物語」をクリスマスの月に語りあってみてはいかがでしょうか。
     中高生・大人の方も思わず聖書を読みたくなるやも知れません。

     かつて幼稚園の聖劇でヨゼフを演じた息子が読み、クリスマスプレゼントの起源に「ほ〜〜〜!」。
     神の国や復活など彼にとって理解・イメージしがたい事を質問され、にわか宗教解説者として苦慮しました(笑)。
     原始キリスト教時代へ少々興味を持ったようです。

    投稿日:2010/12/14

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



とっておきの場所をとられちゃったククー、さあどうする…?!

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット