新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

話題
どうぶつのわかっていること・わかっていないこと

どうぶつのわかっていること・わかっていないこと(小学館集英社プロダクション)

『世界一受けたい授業』で紹介!京大の動物博士監修の「答えのない問いに向き合う力」を育てる新感覚の絵本

  • かわいい
  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ

しろくまくんのえほん 2 ぼくのいもうと」 ママの声

しろくまくんのえほん 2 ぼくのいもうと 作:高杉尚子
出版社:らくだ出版
税込価格:\880
発行日:2008年10月
ISBN:9784897774565
評価スコア 4
評価ランキング 29,535
みんなの声 総数 2
「しろくまくんのえほん 2 ぼくのいもうと」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 妹とのいい関係

    3歳8ヶ月の息子に読んでやりました。もうすぐ妹(おそらく)が生まれるので、妹をやさしく見守って欲しいと思って読んでみました。たまたま胎児名と同じ名前の「ももちゃん」なので、親近感もありました。

    妹のももちゃんはおにいちゃんにも優しいし、ぬいぐるみやかえるさんにもやさしい。そんなももちゃんをおにいちゃんは見守ってあげるし、雨の中ならかえるさんに貸してしまってももちゃんがずぶぬれになってしまうとおんぶしてあげる。そんなももちゃんがおにいちゃんは大好き!

    妹とのいい関係という意味では、こういう焦点のあて方もあるんだ、とちょっと意外でした。どちらかというと、おにいちゃんとして妹になにかをしてあげる、あげて欲しい、と願うようなストーリー展開だっただけに、そのままの妹を受け入れるというのもおにいちゃんの役目だなーと思いました。ただ、3歳の息子にはちょっと難しい切り口だったかも。

    投稿日:2011/04/25

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



いくつのえほん掲載絵本児童書一覧

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット