新刊
かぞえるえほん おやすみわんちゃん

かぞえるえほん おやすみわんちゃん(偕成社)

みんなでいっしょに数えてかわいい、おやすみ前のわんちゃんの絵本。

  • かわいい
  • ためしよみ
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

おおきなおおきな おいも」 せんせいの声

おおきなおおきな おいも 原案:市村 久子
作・絵:赤羽 末吉
出版社:福音館書店
税込価格:\1,320
発行日:1972年10月
ISBN:9784834003604
評価スコア 4.84
評価ランキング 117
みんなの声 総数 173
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 子どもの頃、おいもほりで自分の顔よりおおきな、おおきなおいもを掘って、嬉しかったことが今も僕の心に焼き付いています。
    子どもの想像力や発想は、大人のはるか彼方にあり、この絵本の中の幼稚園のこどもたちは、とんでもなくおもしろい発想を繰り広げてくれ、読んでいる人みんなを幸せにしてくれます。
    しかし、この絵本の魅力は、そんなおもしろい発想がつまっていること以外にもあると思います。それは、リズミカルで、ワクワクしてつい言ってみたくなるセリフと、色彩は芋の紫色以外は全て白黒で、主役である「おいも」を際立たせているところにもあると思います。
    年中クラス担任の時に何十回と子どもに読みましたが、何度読んでも子どもは必ず一緒に笑ってくれます♪

    投稿日:2011/02/13

    参考になりました
    感謝
    2
  • 昔から人気!

    • ぽー嬢さん
    • 30代
    • せんせい
    • 東京都
    • 男の子3歳、女の子1歳

    お芋堀の季節に読みたくなる一冊です。
    絵本というより童話に分類されるのかもしれませんが、サラッと読める内容ながら、子ども達に与えるインパクトは大きいお話です。
    このお話を真似して何回、子ども達と大きなお芋を描いたことか…。
    シンプルな絵も子ども達の想像力を広げるようです。
    昔から人気がある訳が分かります。

    投稿日:2008/01/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 創造力が膨らむ一冊です

    • ぬーぴさん
    • 20代
    • せんせい
    • 千葉県

    芋掘り遠足の前に読みました。
    芋掘り遠足に行く、というところからお話は始まり、とってきたおおきなおおきなおいもが恐竜になったりと、想像がどんどん膨らんでいくところが、大人の私も、もちろん子どもたちもおもしろく見ることができました。
    読み終わった後は、「おおきなおいもの絵を描きたい!」とかなり影響されていました(笑)が、それは時間の関係で叶わず、残念でした。
    そんな遊びを広げる意味でも素敵な一冊です。

    投稿日:2006/11/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんなお芋があったら…

    私が幼稚園に通っていた頃、買ってもらった絵本の1冊
    小さい頃大好きだった、ちょっと懐かしい絵本

    あおぞら幼稚園の子ども達が芋掘り遠足に出かける日は残念ながら雨で延期
    子ども達は延期になったぶん、お芋は土の中で大きくなると思い、どんな大きなお芋になるか、絵の具で描き始めます。
    大きなお芋をどうやってもって帰るか、もって帰ったらどうするか??など…想像はどんどんふくらみます

    小さい頃、本当にこんなに大きなお芋があったら…なんて思いました

    子ども達に読むと、あおぞら幼稚園の子ども達が描く大きなお芋に、びっくりしたり、お芋を食べ過ぎておならで空を飛ぶ所で、大笑いしたり…

    絵本の中の子ども達の想像力を楽しめたり、作者のちょっとしたユーモアを感じたり…と楽しめる絵本だと思います

    投稿日:2006/05/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • もーう、大爆笑!

    この絵本、年中児に大人気でした。
    いもらす1号!のところは大爆笑。
    ほんとに、こんなおいもがあったら、どうしよう〜?と話が盛り上がり、絵の具で絵を描きました。
    ユニークなおいもがたくさんできましたよ。
    この本の中でも、大きな紙を貼って、みんなでおいもを描くシーンがあったのですが、いつかやってみたいね、と話してました。
    発想もユニークですし、子ども達がとても引き込まれてるのが、はっきり分かりました。

    投稿日:2006/03/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • おいも堀りを楽しみに

    私の園では近くの畑を借りてさつまいもを育てています。
    5月の上旬に苗を植え、先日は除草に行ってきました。10月の収穫を楽しみにしているこどもたちです。
    自分が描いたような絵のタッチが子供たちはお気に入り。おいも堀りを心待ちにしている気持ちが理解できるようです。「ひとつねるとむくっと・・・ふたつねるとむくむくっと・・・」というフレーズや、何ページにも渡って描かれたおいも。土の中で生長して見えないだけに想像が膨らみます。本当に大きなお芋が収穫できた後の運び方、プールに浮かべたりいもザウルスにしたり・・・
    いかにも子供がかんがえそうなことです。 おいもpartyのところでは「僕は焼いも!私はスイートポテト!」など次々と口を開きます。あと何といっても盛り上がるのは「いもらす」おならで飛び上がるシーンですね。じっとしていられずに飛び上がっていますよ。みんなで一緒に参加できる、そんな本でもありますね。時々読み10月の収穫を楽しみにできればと思っています。

    投稿日:2002/06/29

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / だいじょうぶだいじょうぶ / だるまさんが / ねこはるすばん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



堀内誠一さん生誕90周年連載 50年の時を超えた合作・谷川俊太郎×堀内誠一『ちちんぷいぷい』

みんなの声(173人)

絵本の評価(4.84)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット