日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと? 日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと? 日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?の試し読みができます!
作: 浜田 桂子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?
みっとーさん 30代・ママ

とてもいい絵本でした
8月に保育所で紹介されていた絵本です。…

ピーマン大王」 パパの声

ピーマン大王 作:住井すゑ
絵:ラヨス・コンドル
出版社:復刊ドットコム 復刊ドットコムの特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:2006年
ISBN:9784835442723
評価スコア 4.5
評価ランキング 7,110
みんなの声 総数 5
「ピーマン大王」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おいしさのもとは

    ピーマンといえば好き嫌いの代名詞のようですが、住井さんはそこまで意識したのかどうか、落差を感じる内容ではありました。
    周りがピーマン大王を好き嫌いするのではなく、好き嫌いをするのはピーマン大王。
    家来たちは親身になって大王の望む食べ物を探すために四苦八苦。
    国の食べ物に満足できない大王は、おいしいものを探して7年7カ月もおいしい食べ物をたずねて旅を続けます。
    そして、最後に見つけた島で、大王は一杯の水をおいしいと感激するまでの体験をします。
    労働こそおいしさの秘訣でしょうか。

    いくら金があっても買えないものを見つけたのは良かったのですが、その後はどうなったのでしょうか。
    食わず嫌いのわがままを通して、その間どうしていられたのでしょうか。
    大王に振り回された家来たちは、どういう気持ちいたのでしょうか。
    不思議がいっぱいですが、コンドルさんの絵も不思議な味わいです。

    投稿日:2010/11/23

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / おおきな きが ほしい / 三びきのコブタのほんとうの話 / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



世界中で愛されている犬、ニッパーと家族の絆をめぐる物語

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット