あたしのすきなもの、 なぁんだ? あたしのすきなもの、 なぁんだ?
文: バーナード・ウェーバー 絵: スージー・リー 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
パパと女の子の すてきなお散歩♪ 「……100万年たっても、1億年たっても、きみの誕生日はわすれない」

だるまさんとふつうだと思う みんなの声

だるまさんと 作:かがくい ひろし
出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
本体価格:\850+税
発行日:2009年01月
ISBN:9784893094520
評価スコア 4.79
評価ランキング 365
みんなの声 総数 196
  • この絵本のレビューを書く

ふつうだと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 意表を突く作品でした

    だるまさんシリーズを全てそろえたところ、
    この作品だけ意表をつくものでした。

    というのも、すべてにだるまさんが登場していた「だるまさんが」「だるまさんの」とは違い、「だるまさんと」には表紙で分かるように果物が出てきます。

    変化があって楽しい、と思う読者もいるでしょう。
    しかし、だるまさんが好きで購入した私には少し残念でした。
    息子は全く変わりなく受け入れ、最後の「ぱっ」まで体で表現していたので、楽しめた様子です。

    評価は値段が少し高めなのと、上記の理由で☆3つとさせていただきます。

    投稿日:2016/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • だるまワールド

    • キャッティーさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子5歳、男の子3歳、女の子0歳

    以前、プレの読み聞かせで2歳3歳の子供たちにオオウケだった『だるまさんが』。
    今度は、息子が「これ!『だるまさん』の!!」と自ら選んで来ました。

    だ る ま さ ん と

    テンポが良く、読み手も楽しみながら読んであげられますね。
    今度はフルーツも出てきます♪可愛い。
    シコを踏んでいるような動きもストーリーにマッチしていて良いですね。

    うちの子は、かがくいさんのだるまさんワールドに完全に引き込まれていました。
    何度も「だるまさん、よんで」とせがみました。

    ただ、3歳ではちょっと物足りなかったようです。
    1−2歳向けかなぁと思いました。もう少し早く読んであげれば良かったです。

    投稿日:2010/10/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • だるまさん「と」

    • シーアさん
    • 20代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子4歳、男の子1歳

    だるまさんシリーズすべて持っていますが
    他のがよすぎて、こちらはちょっと物足りないかな・・・というのが正直なところ。
    でも、幸せそうな柔和な笑みを浮かべる、だるまさん&くだもののみなさんには
    ついほほえんでしまいます。
    かがくいひろしさん、大好きなので、
    お亡くなりになられたのが惜しいです・・・

    投稿日:2010/08/23

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / うずらちゃんのかくれんぼ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    どんぐりちゃんの一生を描いた韓国のやさしい翻訳絵本
  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


『鹿踊りのはじまり』(「宮沢賢治の絵本」シリーズ)ミロコマチコさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット