しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

かばくんのおかいものなかなかよいと思う みんなの声

かばくんのおかいもの 作・絵:ひろかわ さえこ
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1991年12月
ISBN:9784251001221
評価スコア 4.42
評価ランキング 10,417
みんなの声 総数 25
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • かわいいですね

    こういうのは子供が小さい頃

    よく読みました。

    一緒に買い物をしているような

    気分になりますから。

    ひろかわさんのかくカバの絵は

    かわいくて、好きです。

    お手伝いをしながら買い物を

    しているかばくんがかわいかったです。

    投稿日:2017/11/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほのぼの

    図書館で目にとまり借りてみました。
    ぱっと見、読書量の多い3歳児には幼稚かな?とも思われたのですが、読んでみると十分楽しめました。
    花屋さんでは、薔薇、チューリップ、カーネーション、百合が並んでいます。
    「〜はどれ?」と聞くと全て当てられるのですが、絵を指差して「これは何?」と聞くと答えられなかったり。
    金物屋さんなどは近所に無いので、息子にとっては新鮮だったはず。
    ビールの栓抜きを、ピーラーと勘違い(笑)

    買い物の途中でママが立ち話に夢中になり、どんどん退屈になってくる様子など、妙にリアルで笑えます。
    シリーズを全て読んでみたくなりました!

    投稿日:2017/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色々なお店

    初めて読んだかばくんシリーズです。まず絵がとってもかわいらしいです。
    ママとかばくんが一緒にお買い物へ行くお話。
    ママが他のママ友達に会っておしゃべりが弾み、かばくんが飽きながら待っているシーンやかばくんがおもちゃ屋さんで動かなくなってしまうシーンなど、子どもと一緒のお買い物でよく起こるシーンが描かれていて、「ある、ある」と思いながら読んでいました。
    また「パン屋さん」や「かなもの屋さん」「くすり屋さん」などが出てきて、それぞれそのお店で売っている商品が描かれています。
    「これはなに?」と興味を持ち出したお子さんにぴったりの絵本だと思います。

    投稿日:2014/02/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 指差し絵本

    かばくんはお母さんと、町へお買いものに出かけます。
    お花屋さんや金物屋さん、お惣菜にお魚に八百屋さん。

    各店、象徴的な商品の絵が大きく描かれているので
    こどもが 「あー!」 と指さしては
    「これはイカさんだね〜」 と応えたり、
    「どれにしよっか?」 ときいてみては
    お気に入りのパンを指差したり、
    自然とそんなふうに読ませる仕組みの絵本となっています。

    だから、ストーリーはあまり我が子には要らなかったかな〜
    とか思いますが、お買いもの絵本の一冊としては十分楽しめます。

    投稿日:2013/12/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • おかあさんのお買いものに付いていく子供の目線でよく描かれているなと思いました。特に、お買い物の途中、おかあさんがお友達に会って長話をするシーンなんて、あるあると思いながら読みました。つい話に夢中になって、子供からしたら面白くありませんよね。
    お店ごとに売っている品物を読みながら、子供とお買い物気分で読みました。

    投稿日:2013/01/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 好評なシリーズ

    かばくんシリーズは、毎回好評。
    今回は、おかいもの。

    お店に並ぶ商品が各1ページで紹介されていて、
    ものの名前を覚えるのにも使えます。

    おかあさんの寄り道、かばくんの寄り道。
    日常臭くて◎。
    うちの子のウケも◎。

    投稿日:2010/06/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 言葉を覚えるいい本です

    2歳3ヶ月の息子に読んでやりました。言葉を覚えている子供にはこのかばくんシリーズ、とてもいいですね。必ず、右のページが左のページに関連したモノが書かれているだけのページなので、関連性を教えたり、言葉を教えたり、言ってもらったりと普段なかなか教えられないものでも、多くても10個くらいを限度に二人で確認できます。

    今回はスーパーがテーマなので、買い物途中でみるものがたくさんでてきます。あー、こんな言葉をしらないのかとか、これが発音しにくいんだな、と身近に毎週行っているスーパーでも教えられる言葉がたくさんあることを認識できます。

    今は、言葉をとにかく覚えて、発音して欲しいと思う人にはオススメのシリーズです。

    投稿日:2009/11/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • かばくん いいなあ おかいもの

    かばくん、おかあさんとおかいもの。
    おかあさんんの、おめかししてるのも、実際の生活観があっていいとおもいます。
    おみせやさんで売っているものが、絵にしてあり子供にもなにが売っているのかよくわかり役に立っています。今は、なかなか個人商店に行く機会がなく、大型スーパーでお買い物してしまうので、この絵本は、子供たちの勉強になります。おかあさんの立ち話は、なが〜いなが〜い?でもたのいそうですね・・・・・かばくんは、退屈そうですが・・・・
    この絵本は、退屈しません。たのしいです。

    投稿日:2008/07/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一緒にお買い物。

    • うららさん
    • 30代
    • ママ
    • 栃木県
    • 女の子6歳、女の子4歳

    可愛らしいかば君がお母さんとお買い物に行く様子が描かれています。

    金物屋、八百屋、薬局 現在ではあまりない買い物の風景が描かれています。
    (私の子供の頃も金物屋には行かなかったなぁ)

    かば君、なかなか盛りだくさんのお買い物ですが
    ママとアイスを食べての休憩があったり、お手伝いもして嬉しそう。
    頑張る姿も描かれていて、この本がお気に入りの次女はニコニコしながら読んでいました。
    反抗期で、お姉さんになりたい反面、ママ、ママ、と甘えたり、
    バランスの悪い4歳半の今にちょうどいい内容でした。

    投稿日:2008/05/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 金物屋さんも載ってます

    八百屋さんや魚屋さんやお肉屋さんなど商店街にお買い物にいくお話です。そして金物屋さんも出てきます。商店街にも娘は殆ど行った事が無いのこんなお店あるんだと思ったようです。そこにはたわしとかのこぎりのイラストもあって。今の日本には複合スーパーなどが多いのでこういうおみせやさん商店街みたいな絵本もこれから大事だと思います。

    投稿日:2007/05/31

    参考になりました
    感謝
    0

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



中川ひろたかさん、まるやまあやこさんインタビュー

みんなの声(25人)

絵本の評価(4.42)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット