お金の計算と買い物が得意になる おかねのれんしゅうちょう おかいもの編 7さいまでに身につけたい お金の計算と買い物が得意になる おかねのれんしゅうちょう おかいもの編 7さいまでに身につけたい
企画・原案: 加藤 信巳 入澤 宣幸  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
電子マネー時代だからこそ、身につけたい金銭教育!新聞やTVで話題の幼児ドリル♪

かばくんのおかいもの自信を持っておすすめしたい みんなの声

かばくんのおかいもの 作・絵:ひろかわ さえこ
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1991年12月
ISBN:9784251001221
評価スコア 4.42
評価ランキング 10,417
みんなの声 総数 25
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 色々知ろう〜!

    小さなお子さん向けの知育絵本のような内容になっています。
    でも勉強という堅い感じはなく,かばくんがお母さんと一緒にお買い物していくお話なのでとても楽しんで学ぶことができますね。
    それぞれのお店やさんで売っているものから言葉(物)を学び,分類も学ぶことができます。
    絵本時間って大事だな〜と思えるかばくんシリーズです。

    投稿日:2018/02/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • かばくんかわいい

    お母さんとかばくんが、商店街にお買い物に行きます。
    お店のページのお隣には、どんなものが売っているのか
    描かれていて楽しいです。
    お母さんは、久しぶりのお友達と会って立ち話。
    かばくんはもうたいくつでたいくつで、
    子供の時にこんな経験あって、思い出しました。
    おもちゃやさんでは、かばくんが釘付け、いつまでも見ていたい
    気持ちがわかります。
    パーラーで一休みは、一番のおたのしみですね。
    お土産ももらっていい日でした。

    投稿日:2017/08/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 人気絵本

    1歳くらいから読んであげたかったなと思う
    1冊です。
    図書館でたまたま見つけて借りてきました。

    ママとお買い物に行く風景が本当に
    よく当てはまるな〜。
    物の絵が沢山かかれているので
    一つ一つ読みながら教えてあげられるのが
    ポイントです。
    息子はほとんどを知っていたので
    もっと小さい子にいい絵本だと思います。

    投稿日:2014/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • お店屋さんごっこ

    幼稚園でお店屋さんごっこをしてからお買い物が大好きになった5歳の娘の為に図書館でこの絵本を借りました。

    かばくんとおかあさんがお買い物へ出かけます。
    お花屋さん、お肉屋さん、おもちゃ屋さん、お魚屋さん、薬屋さん。
    それぞれのお店に置いてある商品が隣のページに描かれています。
    我が家ではスーパーでの買い物がほとんどで、娘は「○○屋さん」という感覚があまりありません。
    この絵本は、「ニンジンを売っているのは八百屋さん」とか「お刺身を売っているのはお魚屋さん」というのが
    わかっていいなと思いました。

    絵もかわいいし、幼稚園児くらいの年齢の子には受けると思います。

    投稿日:2012/03/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • お買い物が楽しくなる

    毎日のように娘をつれて買い物に出かけるのですが、
    やっと最近、店に並んである品物を指して「あっ」と言います。
    少しずついろいろなものに興味が出始めてきたようです。
    そんなときにこの本と出会いました。
    娘はやはり買い物が好きなようで、この本に出てくるパン屋とやおやとおもちゃ屋に一番興味を示しました。
    おもちゃ屋は特に気に入ったみたいで、ぬいぐるみの絵をなんども
    指していました。この先、話せるようになった頃が怖いなぁ…と
    思ってしまいましたが…。
    絵も色とりどりでなじみやすい絵本です。

    投稿日:2008/07/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • お買い物を通して

    お買い物を通して色々な事を学んでいるのだなという事をこのえほんの主人公から教わった気がします。私は何気なく娘を買い物に連れて行っていましたが娘は娘なりに色々感じて吸収しているのかもしれないとこの絵本の御蔭で気付く事が出来ました。各お店屋さん毎に関連したものが描かれているのもとても良いと思いました。子供にとって馴染みのあるものも多く、見ているだけでもうれしくなる絵本です。私が一番大好きなのはお母さんです。疲れたからと息子と一休みするお母さんはとても親近感がわきました。私も今すぐ娘と買い物に行きたくなりました。

    投稿日:2008/06/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 図鑑みたいなかわいい絵本

    かばくんとおかあさんがいろいろなお店に買い物にいきます。
    どんなお店があるかな?パン屋さんにはどんなものがあるかな?など、生活に密着した図鑑のようにも使える本です。
    途中で「おしっこ〜」という場面があったり、おかあさんが友だちと立ち話をしたりと、かなりリアルな場面が出てくるところも笑えます。

    物の名前をたくさん覚えつつある3歳の娘にはとても興味深い本だったようで、「これは おなべ!」「これは だいこん!」などと言いながらひとりでも楽しそうに読んでいます。

    娘の入園後は私だけでささっと買い物を済ませるようになっていましたが、また一緒に連れていくのもいいなぁと思わせてくれました。

    投稿日:2008/04/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • うちのおかいものと同じ?!

    ほのぼのかばくんとおかあさんのお買い物なんだけど
    色々なお店に行くと色々な物が売っていて
    名前を覚える勉強にもなりますね。

    急におしっこ!っていうシーンもあるあるって
    親子共々共感です。

    楽しいお買い物風景です。

    うちの子達は
    楽しくって何回も読んで読んでとせがみます。
    大好きな本です。

    投稿日:2007/09/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 買い物体験

    アメリカに暮らす我が家では、お買い物というと、車で大きなスーパーにでかけ、そこで何でも買い込むスタイルです。なので、娘には、あまり現実味がないようですが、それでも何度か読んでいくうちに、買い物のコンセプトが分かり始めたようです。今度日本に行ったときには、是非とも経験させてあげたくなる、お話の内容でした。

    投稿日:2007/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 日常の風景+

    • mdマミーさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、男の子3歳

    かばくんとおかあさんがお買い物に出かけます。
    まずかばくんが、公園に行くような仕度をしているシーンで
    子供達は「なんで〜♪」と大喜び。
    途中おかあさんの立ち話に飽きてしまう可愛い様子や、
    おしっこに突然行きたくなってしまうシーンは本当に日常
    そのもの。
    最近の買い物はスーパーが多くなり「お肉屋さん」「魚屋さん」
    とそれぞれのお店で買い物をするこの本は、子供達にとって
    とても新鮮かつ興味深かったようです。

    投稿日:2006/09/26

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



中川ひろたかさん、まるやまあやこさんインタビュー

みんなの声(25人)

絵本の評価(4.42)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット