ひなまつりルンルンおんなのこの日! ひなまつりルンルンおんなのこの日! ひなまつりルンルンおんなのこの日!の試し読みができます!
作: ますだ ゆうこ 絵: たちもと みちこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
ストーリーを楽しみながら、ひなまつりの豆知識も学べます!
ぼんぬさん 40代・ママ

絵本としてのストーリーと日本の文化に楽…
ひなまつりの日にゆずちゃんの家に飾られ…

あらしのよるに」 パパの声

あらしのよるに 作:きむら ゆういち
絵:あべ 弘士
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2000年06月
ISBN:9784062102933
評価スコア 4.82
評価ランキング 174
みんなの声 総数 138
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 極限の出会い

    「あらしのよるに」シリーズを再読し始めました。
    あらしの夜に小屋で知り合ったのはオオカミとヤギ。
    暗闇の中で、カミナリが怖いという共通点で、初めてであった「二人」が心通わせるシリーズの導入部。
    灯りがあったら、お互いの姿が見えていたならばありえなかった出会いと、語り合い。
    実は、とても大きなことを教示していると思います。
    見た目で人を判断する社会。
    子ども社会ではそれがあまりに辛辣です。
    姿かたちではなく、心で語り合えること。
    これがこのシリーズのテーマの根底にあると思います。
    この出会いが、これからシリーズの中で試されていきます。
    子どもたちには、ガブとメイのような心を持ってほしいと、再確認しました。

    投稿日:2012/07/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「運命の出会い」があります!

    白いヤギのメイ、そしてオオカミのガブ。あまりにも過酷な運命をたどる2匹の動物達の「出会い」がここにあります。
    あらしのよるに、やっとたどり着いた小さな小屋。
    心細かった2匹は、まっくらなこの小屋でお互いが「自分とおなじ動物」と思い込み、、、。
    スリリングな展開に、親子共々夢中になりました。子供は「いつヤギさんが食べられちゃうんだろう」とハラハラして聞いていました。

    この本は絵がとても良いです。
    子供は大人が思っている以上にしっかり絵を観察し、何かを感じています。
    必要以上に細かくなく、それでいて情感があり迫力もある。そして想像力をかきたてる絵。
    この本はおすすめです。

    投稿日:2006/08/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 余韻!

    • 四パパさん
    • 30代
    • パパ
    • 大阪府
    • 女の子2歳、男の子0歳

    普通なら追うものと追われるもののオオカミとヤギですが、
    出会った場所があらしの夜の小屋でなければ、
    相手が見えていれば、においがわかっていれば、
    と様々な偶然が重なってお互いの正体を勘違いしたまま
    言葉を交わしていき、2匹の間に信頼が芽生えていきます。
    ハラハラドキドキの緊張感が伝わってくる
    木村裕一さんの文章は素晴らしく(引き込まれますよ)
    ラストシーンではじわじわと余韻を楽しめました。

    誤解や偏見を持たずに相手と話をすると
    中には気の合う人もいるんだよと、
    子供達には大きくなってから読んであげるつもりです。

    お気に入りの場面
    娘:まだ難しそうで、あえて挙げるなら最初の嵐のページ
    僕:2匹が同時に「くさ」「にく」と言う場面

    投稿日:2005/11/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幼児に読み聞かせは難しいかも?

    • スキピオさん
    • 30代
    • パパ
    • 福岡県
    • 男の子5歳、女の子3歳、男の子1歳

    NHK教育TVで放送された、中村獅童さんの朗読にはまって毎回釘付けで見たクチです。日を追ってドキドキでしたが、まさかあんなラストになるなんて...昔のヨーロッパ映画みたいなエンディングに思わず泣きそうになりました。人種や性別、擬似的にどうとでもとれる設定と、分かりやすい文章がまた読んだ人毎にのめり込める要素を持ってますが、しかしあのラストシーンを息子(5歳)にどう説明すればいいのか....ちょっと敷居が高いような気がします。おそらく小学生以上なら、それぞれの年代で色々と比喩的に受け止めてくれるんではないでしょうか。中学生などは、恋愛関係や国際紛争の寓話として更に深くうけとめるような気もしますが、あまり深読みせずに素直に読んだ方が感動は深いと思います。基本は「泣いた赤鬼」みたいに奉仕のココロをうたったシンプルなものではないでしょうか。そんな意味でもちょっと対象年齢は高いと思いますが、息の長い童話になります。

    投稿日:2004/10/10

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット