なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
まことあつさん 30代・ママ

本を読む醍醐味
なぞなぞ遊びが好きな息子たち。 しか…

あらしのよるに」 せんせいの声

あらしのよるに 作:きむら ゆういち
絵:あべ 弘士
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2000年06月
ISBN:9784062102933
評価スコア 4.82
評価ランキング 173
みんなの声 総数 138
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 面白い!

    • 蒼良さん
    • 20代
    • せんせい
    • 兵庫県

    以前子どもに「この本面白いよ」と紹介され
    ふーん・・・と思っただけでしたが
    何となく読んでみると、これが思いのほか面白い。

    絵本・・?というような気もするけれど
    小学生以上の子どもには楽しめるでしょうし
    大人が読んでも面白みを感じられると思いました。

    それにしても・・・・
    続きが気になります。

    投稿日:2010/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • コントラスト

    嵐の夜にヤギとオオカミが小屋で出会うお話です。

    お互いの顔が見えない真っ暗な小屋での出来事が面白く描かれているなぁと思いました。
    特に、色のコントラストが印象的でした。

    2匹の勘違いが、やがては友情へと芽生えていくという発想が面白くて、是非続編が読みたくなる絵本でした。

    シリーズ化されている絵本なので、是非、子ども達に全シリーズを読み聞かせてあげたいオススメの一冊です☆

    投稿日:2009/01/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 対照的な2匹がおもしろい!ユーモラス!

    • ねこちんさん
    • 30代
    • せんせい
    • 岐阜県
    • 男の子6歳、女の子4歳

    勝気なおおかみと気の弱いひつじという対照的な2匹の組み合わせが面白さを倍増させています。
    暗い小屋の中で、あらしの夜に得体の知れない相手と二人きりになり、話し込むうちに友情が芽生える。
    お互いの正体が明らかになるまでが特にドキドキでたまらない。
    読み聞かせのときに、おおかみとひつじで、声や迫力を変えて大げさに読み聞かせます。子供達も真剣に聞き入るお話です。

    投稿日:2007/11/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 二匹の出会い

    このお話、映画化になり一時期話題になって知っている方も多いのでは・・・??!!
    これはオオカミとヤギの二匹の出会い、そして友達へとなるお話です。 シリーズの一作目「あらしのよるに」。何回読んでもハラハラ ドキドキして大人も子どもも楽しめます!!
    オオカミとヤギが友達になるなんて普通は有り得ない関係・・・!!だけどそういう関係が一つ位あってもいいのでは・・・?そう思える作品です。

    投稿日:2007/04/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 今更ですが・・・

    数多くの評価を読みながら、
    映像化されたことも気に入らず、
    そっぽを向いていたへそ曲がり・・・
    でも、やっぱり気になって仕方がない
    まずは本屋で立ち読み
    あ〜はまった!
    とその場で「あるはれたひに」まで衝動買い。
    大人の私が読むには絵なんて必要ないのかも・・・
    ただ、自分の心の中でドキドキを味わいながら、
    何度も何度も楽しんだ。
    今、3歳児の子ども達にも、この楽しさを味わって欲しいと
    読み手側の勉強中。

    投稿日:2007/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • やめられない!とまらない!!

    数年前に顧問をしている絵本サークルの学生が『はまりますよ』と紹介してくれたのですが、絵本にしては長過ぎない?絵が暗くない?と勝手に第一印象で決めつけて先日まで触りもしませんでした。映画化される、と聞いて「なら、映画を見る前に原作だ」と勤務校の図書館で読みましたが、これが面白いのなんのって…時間に任せて6冊読みあさり、「この続きは?」と未だにワクワクしています。絵が暗いと思ったのは、嵐だから。阿部さんの絵とオオカミとヤギの不思議な関係がお話しをよりダイナミックにしているのだ、と感じました。オオカミとオオカミ、ヤギとヤギだったら当たり前かもしれないからです。

    投稿日:2005/11/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 感涙

    実は、この本が出て間もなくたまたま立ち寄った本屋さんで偶然見つけた私は、惹かれるようにしてこの本を手に取ってました。どんな本なのかとちょっと拝見・・・程度に開いてみたら気がつくと全部読破していました(本屋さんごめんなさい★)。すると、やはり続きが気になって・・・六巻全部を立ち読みしてしまいました(本当に本屋さんごめんなさい)。本屋さんの店員さんには横目で詰られながらも・・・。
    全部読み終える頃には人目も憚らず、号泣していました。涙を拭き拭き、静かに本を戻して車に戻った私はこれはぜひ色んな人に知ってもらいたいと思っていましたので、ここにこうして書き込ませて頂きました。
    あれからだいぶ日が経ってしまいましたが、やっとこ明日念願叶えるべく、全巻揃えに本屋さんへ向かいたいと思います。
    子どもには少し難しい内容かも知れませんが、何度も何度も読み返していつか分かってくれる日が来ることを願い、私自身たくさんの子どもに読んであげたい一冊です。とっても深く考えさせられる一冊でした。(;_;)

    投稿日:2003/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもの本とは思えない!!

    • のんぺさん
    • 20代
    • せんせい
    • 岡山県

    4年生の国語の本に紹介されています。以前から気にいっていたので早速学級文庫にシリーズで購入。最終巻を読み終えると涙が止まりませんでした。もちろん子どもたちにも大人気。はらはらドキドキ,心温まるのに切ない。ぜひ,シリーズで全部読んでほしいです。

    投稿日:2002/08/01

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット