ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん
監修: 公文教育研究会  出版社: くもん出版
KUMONが大切にしてきた「うた200」の知恵をご家庭で! 人気の童謡から手遊びうたまで、親子で楽しく歌える200曲を収録。

あらしのよるに」 その他の方の声

あらしのよるに 作:きむら ゆういち
絵:あべ 弘士
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2000年06月
ISBN:9784062102933
評価スコア 4.82
評価ランキング 174
みんなの声 総数 138
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 奇跡!

    この絵本はとても有名ですよね。
    文も良いですが、あべ弘さんの絵がとても好きです。

    あらしの夜、ヤギとオオカミが同じ小屋に避難します。
    小屋は暗かったので、お互いに同じ生き物だと思っています。
    そんなことを気づかなかったことも奇跡。
    雷の音だったり……。まぁそれは読んでからのお楽しみということで。

    今回は小屋が暗かったので、絵の線もカラフルです。
    最初読んだときは何か分かりませんでした。
    でも、それも味があって素敵です。

    掲載日:2013/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • あらしのよるに 出会ったヤギとオオカミ、友情が生まれずはずがないのに 意外にも 嵐の夜に まっくらで見えないので お互いの姿が見えず
    お互いの想像していることも 全く違うのに・・・・
    何かしら 惹かれるものがあるなんて、シリーズの絵本で次が読みたくなりますね 

    マンガで シリーズものは ワクワクしながら 次のものを待っている
    そういう ワクワク感があるようです。
    あべさんの 絵は 懐かしいようなひっかき絵で 子供の頃いろんな色を塗って 絵を描いて 楽しんだのを思い出します

    おなかがすいて ヤギは「くさ」 オオカミは「にく」
    同時に言ったのに・・・・ ガラガラというかみなりに そのこえは かきけされた。

    憎いですね この 展開が・・・・

    ハラハラ ドキドキ 

    そして 顔を見ずに 別れ 合い言葉を きめた「あらしのよる」
    続きを楽しみに・・・・ 

    掲載日:2010/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • まるでサスペンスのよう…

    • ぴあのさん
    • 40代
    • その他の方
    • 愛知県

    いいですね。このハラハラドキドキ感。
    読み聞かせをするのには、ピッタリの絵本ではないでしょうか。
    ヤギとオオカミの話し言葉の違いや、情景の描写など、うまく声で表現できたならば、かなり盛り上がりそうですね。
    早く次のページが見たい。続きが知りたい。そういった楽しみを教えてくれるスリル満点の絵本だと思いました。

    掲載日:2010/01/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 結末の無い結末

    • 赤きゃみさん
    • 40代
    • その他の方
    • 山口県
    • 女の子6歳

    相手の「顔」が見えない中での会話…
    電話、メール、チャットなど、
    実生活でもいろいろ思い当たることがあって、
    楽しくもありドキリとさせられたり、複雑な気分を味わえます。
    「結末」の後の展開についても、
    どんどん想像がふくらむ素敵な作品です。

    掲載日:2009/10/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • なるほど。。。

    最初は狼とやぎという二人の物語だが、普通にあっていたら仲良くはならずに狼はやぎをおそっていたところだけども暗闇であっていたためお互いに同じ動物だと考えていて友情が芽生える話というおもしろい話だと思った。
    ただあかずきんちゃんみたいな狼のイメージだけではなくこういうおもいしろい話もあるよと子どもに話せるおはなしだと思います。

    掲載日:2007/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ひっぱるひっぱる

    • 若葉マークさん
    • 40代
    • その他の方
    • 千葉県
    • 男の子10歳、男の子5歳

    大人が読む絵本としてはとても面白いと思います。
    しかし、子どもに読み聞かせをする絵本としては 酷な絵本なのではないか、と思います。

    というのは、手に汗握る展開にもかかわらず、この本だけでは決着がつかず、かといって最後まで読みとおすには子どもの集中力が続かないからです。

    それでもとても人気があるんですよね〜。
    ヤギとオオカミの声色を変えて読み聞かせると読んで楽しく聞いて盛り上がる絵本です。

    掲載日:2006/12/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 相手の

    • ナタルさん
    • 10代以下
    • その他の方
    • 青森県

    顔が見えないからこそ生まれた友情ですが、ひょっとしたらこの二人は顔を合わせても仲良くなれたのではないかと信じたい気持ちになりました。種族をこえても理解しあえて仲良くなれるなんてとても素敵なことだと思いました。

    掲載日:2006/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • お互いの勘違い…

    2匹ともカミナリが嫌いで、同じ洞窟迷い込んだ。
    お互い相手を仲間だと思って話している。
    匂いも姿も分からない誰かと…
    話は合うのにお互いが考えている事は正反対。
    一方からしてみれば相手は天敵。もう一方からして見れば相手はおいしいご飯。
    ヤギとオオカミ。
    カミナリが鳴って洞窟の中が明るくなったのにどっちもカミナリが嫌いだから見ていない…
    お互いの勘違いにより生まれる大きな友情…

    1人で淋しいとき、そばに誰かが居てくれてたらきっと嬉しいと思います。相手が見知らぬ人でもね…
    絵は可愛いとは良いがたいですが、とても良いお話です。
    幼稚園ぐらいの子には少し難しいかもしれないです。なので、小学校低学年ぐらいのお子さんにオススメです!!

    掲載日:2006/03/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 学校で

    小学校で友達に借りて読んでたら、もう感動泣きですごかった。2人?の友情にとても感動した。映画も見てみたい。

    掲載日:2006/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • でやんすv

    • ねーこさん
    • 10代以下
    • その他の方
    • 東京都

    NHKの放送でこの本を知りました。しばらく「〜でやんすよ」のガブの口調がマイブームになりましたw私が絵本好きになったのもこの本のおかげです!! 
    友達の大切さをすごく感じ、とってもあたたかい気持ちになりました。絵も迫力があって大好きです♪子どもにも、大人にもおすすめしたい絵本です!!!先が気になってしょうがな〜くなってしまいますよー★☆

    掲載日:2005/03/06

    参考になりました
    感謝
    0

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「がまくんとかえるくん」シリーズ 三木卓さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット