しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

ばったのぴょんこちゃんなかなかよいと思う みんなの声

ばったのぴょんこちゃん 作:高家 博成 仲川 道子
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\850+税
発行日:2000年06月
ISBN:9784494003327
評価スコア 4.45
評価ランキング 9,413
みんなの声 総数 19
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 楽しく読めます

    バッタにもちょっと見た目が違うものがいて、でも一緒に仲良く過ごしていて・・・というのが、なかなか良かったです。
    鳥に狙われたり、蜘蛛に捕まりそうになったり、虫の世界も大変!
    こうやってお話として見るとドラマチックですが、実際にはごくごく普通の光景なのかもしれませんね。

    昨夏、バッタを飼育し、実際に脱皮して一回り大きくなった姿や脱皮した皮を見たので、息子にとっても懐かしく興味深い内容だったようです。

    投稿日:2019/02/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろいろなバッタ

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    このシリーズはかわいくてお話もよく、虫の生態も分かるのでちょっとずつ子どもたちに読んであげています。
    トノサマバッタのぴょんこちゃんが主人公。他のバッタたちも出てきますよ。
    バッタって何度も脱皮するんですね。
    鳥や蜘蛛といった敵もいて…。仲間たちが助けてくれるのが良いです。

    投稿日:2015/06/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最後の解説が深イイ〜

    バッタのぴょんこちゃんを主人公とした冒険物語であると同時に、身近なバッタの生態について、知っているようで知らないことを次々に教えてくれます。バッタの脱皮のこと、多くの天敵の存在。
    ラストの、クモの巣ピンチを意外な方法で脱するあたりは、創作のような感じがしますが、高家さんの解説を読むと、事実に基づいたお話作りであることが分かります。幼稚園に通いだしてから、昆虫への興味が増した息子。これからも親子で、シリーズを楽しみたいと思います。

    投稿日:2015/06/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 虫に詳しくなるよ〜

    • キンコママさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、男の子4歳、男の子2歳、男の子1歳

    虫についてのシリーズ本。他にもいろいろと違った虫が登場します。かわいらしいので親しみやすく、子供も喜びそうな絵で描かれています。ばったのぴょんこちゃんが飛ぶ度に、障害する虫が登場。読んでてぴょんこちゃんが危なくて、ひやひやしちゃいます。虫の団結力も見れ、虫の力強さを感じれます。虫の生態にも詳しく描かれてたり、いろんな虫の名前も出てくるので、親としては勉強にもなります。

    投稿日:2009/01/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • わかりやすい^^

    • Yuayaさん
    • 20代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子5歳、女の子3歳

    このシリーズは楽しく虫の詳しい生態を理解していけるので最近ハマっています。

    今回もまた虫の知識が増えました。
    バッタにはたくさんの敵がいるんですねー!
    鳥に狙われてる様子はハラハラドキドキしました。
    体の色や特徴を生かし隠れる様子は、さすが!

    クモの巣が体にからまっても仲間に噛んでほどいてもらうというのも本当なのかな???
    ちょっと疑問が残りました。

    投稿日:2008/09/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さな生き物がいきいき!

    • ちーぱるさん
    • 30代
    • ママ
    • 岩手県
    • 男の子4歳、男の子2歳

    購入したのはおととしですが、
    去年の夏、5歳の長男が虫取りの楽しさを覚えると同時に
    読み聞かせの機会が増えました。

    脱皮してどんどん大きくなるバッタ。
    同じバッタでも大きさや色の違う仲間がたくさんいること。
    鳥やクモなどの敵がいて、敵から身を守らなければならないこと・・・

    小さな小さな草むらの中でおこっていることが、
    親しみやすいイラストともに楽しく語られていて、
    子供も自然界のこと、命あるもののことを
    身近に感じてくれたようです。

    投稿日:2008/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • バッタについていろいろ知りました

    • AAさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 女の子6歳、女の子3歳

    カブトムシやクワガタのような男の子に人気どころの虫の本はいろいろありますが、ばったが主人公のものは初めて読みました。

    ばったが脱皮して大きくなる昆虫の種類だということは初めて知りました。
    また、鳥やくもなどの天敵もたくさんいて、ちょっとドキドキの展開でした。
    くもの巣にひっかかったばったを、べっこうばちが助けたシーンは都合がいいように感じましたが、クモの天敵がベッコウバチであることを解説で知り、このことも大変勉強になりました。

    物語も、ぴょんこちゃんがくものすのひっかかってしまうという子供に分かりやすいピンチなので、ハラハラドキドキとのめりこめました。

    投稿日:2007/05/27

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



パパぺんぎんはいつもたまごといっしょ!のはずが…?

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.45)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット