まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ごめんなさい」 絵本紹介サイトの声

ごめんなさい 作:中川 ひろたか
絵:長 新太
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1999年6月
ISBN:9784032210705
評価スコア 4.33
評価ランキング 12,828
みんなの声 総数 48
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 「ごめんなさい」を学べる絵本と思って図書館で借りてきたら、母親の私のほうがはまってしまった。大笑い。中川ひろたかさんの文章に、長新太さんのダイナミックなイラストがぴったりなのです。
    なんたって発想が面白い。電車がお箸をおちゃわんを車輪の手で持って、器用にご飯を食べたり、神社の鳥居が町中を大きな足を広げて歩き回ったり。発想が奇抜でびっくりさせられる内容です。
    私の一番のお気に入りは、シャワーのまねをする電話。水を浴びて、びっくりしている人の顔がなんともいえません。
    娘はまだ、この高度な笑いを理解できないみたい。でも小さな子どもにも「ごめんなさい」がわかるように、しらゆきひめのお話をおりまぜたりしています。
    最後のページでみんなが一緒に「ごめんなさい」をするページは圧巻です。腰が折れるほどみんなお辞儀をしている様子を、横から見て描いています。神社の鳥居もピアノもみんなごめんなさいです。
    娘に「ごめんなさいをしてごらん?」というと、なんとこの絵本の影響で、横に体を折り曲げるようになりました。あらあらどうしましょう。よっぽどみんなが体を折り曲げてごめんなさいをしている、このページの印象深かったようです。

    投稿日:2003/07/29

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



中川ひろたかさん、まるやまあやこさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット