宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ごめんなさいふつうだと思う みんなの声

ごめんなさい 作:中川 ひろたか
絵:長 新太
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1999年6月
ISBN:9784032210705
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,748
みんなの声 総数 48
  • この絵本のレビューを書く

ふつうだと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 意表をついた場面

    3歳の子には内容がシュールすぎたかな?
    「ごめんなさい」を言うべきいろんな場面が出てくるのですが
    かなり意表をついた場面が次々出てきて
    笑いを誘います。
    私的には弾こうとすると背伸びをするピアノが
    受けましたが^^
    子どもの反応はいまいちでした。。。

    無言でしたが
    『悪いことしたらごめんなさい言うのは当たり前だよね〜』
    とでも言いたげでした^^;

    投稿日:2010/08/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • ピンクとオレンジ

    • ローサさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    悪い事をしたり、迷惑をかけたら・・「ごめんなさい」っていわなくちゃ

    物語は、「ごめんなさい」をしなくちゃいけないような事をしている様子を 色々なシュチュエーションで紹介していき 最後は みんなで 「ごめんなさい」
    ・・・なんだけど、この色々なシュチュエーションってのが 曲者で、悪意があるんだか、ないんだか(笑)。 

    開いたページは、ほとんどピンクとオレンジがベースになっていて とても温かな仕上がりですが・・・


    もう少し、他の色も入れて欲しかったなあ〜・・
    好みもあるので 評価はそれぞれですが、、、そんなわけで☆3つと、ちょっと辛めの評価にさせていただきました。

    この色遣いは、2〜3歳のお子様にはとても良いと思います。
    (あ、でも2〜3歳にはストーリーが、ちょっとわかりにくいかなぁ。)

    投稿日:2009/02/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • ありえない話のオンパレード

    • YUKKOさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子6歳、女の子4歳、女の子2歳

    人の家にあがりこんでゴハンを食べる電車、弾こうとすると背伸びするピアノ、
    座ろうとするとどくイス etc.…ありえない話のオンパレード!

    はちゃめちゃなストーリーに 長 新太のはちゃめちゃな感じの絵がマッチしている

    投稿日:2005/01/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 内容を求めすぎちゃったけど・・・

     なかなか「ごめんなさい」が言えない4才の息子。
    「キャベツくん」でお馴染みの長新太さん絵。期待して手にとりました。内容をもっと求めすぎてしまったせいか、読んで物足りなさを感じてしまいました。ちょっと現実とかけ離れし過ぎかな?

    投稿日:2002/12/17

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット