わたしたちのえほん わたしたちのえほん わたしたちのえほんの試し読みができます!
文: 南谷 佳世 絵: 大畑 いくの  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
交錯する二つの物語。あなたにとっての「わたしたちのえほん」はなんですか?

くわずにょうぼう」 せんせいの声

くわずにょうぼう 再話:稲田 和子
絵:赤羽 末吉
出版社:福音館書店
本体価格:\900+税
発行日:1980年07月
ISBN:9784834007893
評価スコア 4.75
評価ランキング 745
みんなの声 総数 50
「くわずにょうぼう」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • こわいぞ〜

    • くるしまたろうさん
    • 30代
    • せんせい
    • 千葉県
    • 男の子8歳、男の子5歳、男の子3歳、男の子1歳

    あるおばけの本を読んだ時に子ども達から
    「こわくな〜い」
    という反応があった。

    その日の帰りに
    「それじゃ〜,明日,頭におっきな口のある
    こわい鬼婆の本を読もうかな〜。泣いても知らないぜ」
    というと,子ども達は「きゃ〜」と。

    翌日,それでは「泣く子も黙る,恐い鬼婆のお話〜」と
    読み始めると,子ども達は肩を寄せ合って恐る恐る聞いている。

    特に,髪の毛をほどいた頭に大きな口が出てきたところでは
    「きゃ〜っ!」の声。

    昔話(再話)は,それ自体に意味が隠されているので,
    説明はあまり要らないと思っています。

    都合のいいことを言っているとろくなことはない。

    そんなことも,説教しなくてもわかるのが
    昔話のいいところだと思っています。

    投稿日:2008/11/13

    参考になりました
    感謝
    2
  • しっとりしっとりおもたいわい

    1人もんの欲張り男がおったら、飯を食わんというおんなが押しかけてきた。初めは喜んでいたけれど、実はその女は鬼婆で…。
    稲田さんの情景描写・心理描写の言葉が素晴らしい本。
    赤羽さんのこどもだからこそ全力で描いた怖い鬼婆の絵が素晴らしい本。
    女が大釜いっぱいの飯をにぎりにする「ぴつっぴつっ」という表現や、男を桶にいれて頭に担いだ鬼婆が言う「しっとりしっとり重たいわい」というセリフ。なんて怖いんでしょう!何てワクワクする事でしょう!

    読んでもらっているこどもらの不安が頂点に達した頃、鬼婆はヨモギと菖蒲のはえた場所にさしかかり「毒があっていけない」とか「刀があっていけない」と言うので、こどもらは鬼婆の弱点をしり、その先の展開に僅かな期待をもつことができます。

    欲張り男の驚きと不安、恐怖はそのままこどもたちのものとなります。草原を飛ぶように走る鬼婆の怖いこと怖いこと!
    まさに鬼の本性を表した絵です。ヨモギの汁が鬼婆を溶かしていきますが、その絵は美しくすらあります。この美しさでこどもは物語の世界から、現実へもどってくる事ができるのでしょうね。赤羽さん…本当に天才です。

    ヨモギは人間にとって毒だしの効果絶大な草だし、菖蒲の葉はまさに刀の形で、魔よけの力があると伝えられています。
    豆まきの頃、この本を読んでやっては保育園にやってくる鬼にヨモギ入りのだんごをぶつける我が園のこどもたちです。

    投稿日:2006/11/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 端午の節句のころにぜひどうぞ

    • まあささん
    • 40代
    • せんせい
    • 神奈川県
    • 女の子12歳

    4月下旬〜5月には必ず読みたくなる本です。ヨモギ・菖蒲と端午の節句をこどもたちに伝えたいからです。読み終わると必ず草餅のなかのヨモギのこと、菖蒲湯のことをママたちにも話します。日本の風習をお話と一緒にしっかり伝えたいと思います。

    もちろんそれだけでなく、女房が蔵の米をぴつっぴつっとにぎりめしにして頭のてっぺんの口にぽいぽい投げていくのを、梁の上で見ている男と同じように息を殺して見つめたり、ヨモギのしるで消えていくやまんばをほっとする気持ちでながめたり・・10分足らずの大冒険を是非一度は味わってほしいです。

    幼稚園の年少さんでも、すぐにお話すべての意味はわからないかもしれません。でも、毎年同じ時期に読んでいくうちに少しずつ理解していくようです。

    投稿日:2004/12/13

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


あしたがきらいなウールの背中を押してくれた奇跡の夜

全ページためしよみ
年齢別絵本セット