なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラの試し読みができます!
作: さかざきちはる  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ひとりぼっちのちびゴジラに、ともだちできた!

おなら自信を持っておすすめしたい みんなの声

おなら 作・絵:長 新太
出版社:福音館書店
本体価格:\900+税
発行日:1983年08月
ISBN:9784834009439
評価スコア 4.79
評価ランキング 398
みんなの声 総数 69
「おなら」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

56件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • おなら博士に

    ナンセンス絵本の巨匠、長新太さんの、れっきとした科学絵本です。
    最初から最後まで”おなら”のことが、きちっと書かれています。

    大人でも知らないようなこと、人は一日に何デシリットル?牛乳なら何杯分の?おならをするか…など、教えてくれます。

    給食前の4時間目に読むと、えー!!と、嫌がられるので、ご注意を。

    投稿日:2017/09/24

    参考になりました
    感謝
    2
  •  長先生が「かがくのとも」に書かれると、こうなるんだぁ〜、と大笑い!
     おならが、なぜでるか、どれくらいでるか、くさいおならとくさくないおならの違いについてまで、確かに科学的にコミカルな絵で説明してくれています。

     おならの排出量のページでは、初めて知った事ながら爆笑です。

     我慢する事はいけないということも言い添えられていて、恥ずかしがり屋さんも我慢はやめる事でしょう。

     見返しのおならの音を一つずつ声に出して読み、親子でもう一度大笑い!

    投稿日:2011/01/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • ズバリ

     おならやうんちの本、娘が未だに大好きで、我が家の本棚にも随分たくさんの本が増えましたが、この絵本は、題名もズバリ「おなら」。他に何の飾りも付いていません!

     でも、内容は、単に「プー」とか「スー」とかだけでなく、「かがくのとも傑作集」ならではの、為になる知識がいっぱい付いてきます! 
    人は、1日500mlのおならを出すとか、おいもを食べたときのおならは臭くないとか、娘も私も知らなかったことや、間違って覚えていたこともたくさんあって、楽しめました。
     娘は、手術の後に、おならが出ると、腸が動き出した証拠、という事実に感動したようです!

    投稿日:2010/11/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • 久しぶりに読んでみた

    子供たちが小さい頃に好きだった絵本。
    久しぶりに本棚から引っ張り出してきて読みました。
    小学生になった息子は、小さい時は、私やお姉ちゃんに読んでもらった絵本も、自分で読むとまた新しい発見があるようで、興味深く読んでいました。
    長新太さんの絵は、本当に素晴らしいですね。ずいぶん前の作品なのに、全然古い感じがしない。ユーモアたっぷりで、力が抜けていて、見ている方もリラックスして読めます。

    投稿日:2019/12/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵本『キャベツくん』などで知られる絵本作家長新太さんは「ナンセンスの神様」と呼ばれることもあったそうです。
     絵も独特で、線のとぼけた感じ、はっきりとした色づかいなど、長新太さんの絵が大好きという人も多い。
     そんな長さんが描いた「かがくのとも」の一冊が、この絵本。
     表紙がゾウのでっかいおしりというのがすでにおかしくて、その表紙を開ければ「ぶおぉーん」って最初から大きなおならで始まります。

     「ぞうの おならは おおきいぞ。」
     これが最初の一文ですから、さすが長さんだけのことはあります。どこまで笑わせてくれるのか。
     でも、さすがに「かがくのとも」だけあって、おならがどうやってできるか、どうしてくさいのか、ちゃんと説明されています。
     例えば、一回に出るおならの量はどれくらいだとか(一回あたり100ミリリットルだそうです)、一日にどれくらいの量が出るかと、肉とか魚とか食べたあとのおならはくさく、だからライオンのおならはくさいそうで、おいもを食べるとたくさんおならが出ますが、それはあまり臭わないとか、子供だけでなく大人の人にも役に立ちます(?)。

     そして、最後のページに書かれているのが、「さようおなら」、定番のギャグというのも笑わせてくれます。

    投稿日:2019/09/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 内容はしっかりしています

    全体的に簡単な内容ですが、どんな風におならが出るのかや、おならの量、においなどにも言及しており、なかなか深い内容となっています。
    タイトルで子供はにこっとしてしまいますが、ついつい話に引き込まれて、「なるほど〜」と親子でにっこり出来るのではないかと思います。

    投稿日:2018/09/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しく学べる絵本です

    • ぺすけさん
    • 30代
    • ママ
    • 長野県
    • 女の子3歳、男の子0歳

    「おなら!」「うんち!」が最近の口癖の年少の娘に読みました。

    おならが出るしくみや、動物による違い、我慢するとどうなるかが、とてもわかりやすく書いてありました。

    文章も絵も温かみがあって、ほっこり。
    娘も動物のおならの音真似を何度も「もう一回やって」と爆笑しながら喜んでいました。
    娘の口癖がちょっと気になっていた私も「悪いものじゃないもんね・・」と思える一冊でした。

    今回は図書館で借りましたが、自宅用に購入を決めました。
    就学前の友達の子どもにも機会があればプレゼントしたい1冊です。

    投稿日:2017/07/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 勉強になる!

    おならがなぜ出るのか、出ることは恥ずかしくないことがわかりやすく解説されています。イラストもわかりやすく、ユーモラスな解説とともにクスっと笑える絵本です。
    おなら大好きな子どもにいつか読んであげたいと思います。

    投稿日:2016/12/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • へ〜

    おいもや豆を食べたときのおならは臭くないんだ〜。へ〜。って私が一番くいついた。娘はさつまいもと豆が大好物だからよくおならするので、本人も読みながら、私よくおなら出るよねえって言ってました。魚は臭いおならがでるなんてショック。

    投稿日:2015/09/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • おなら1回100ミリリットル

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、男の子3歳

    おならに関する知識が豊富で,楽しく読めたうえためになりました.
    おなら1回が約100ミリリットルだというのは初めて知りました.息子に,よく飲んでるあの紙パックのジュースと同じ量だよと話すると,へえ〜と驚きの顔をしていました.
    ミイデラゴミムシのおならがくさいというのは他の絵本で読んで知っていた息子でしたが,この本にもそのように書いてあったので,忘れかけていたミイデラゴミムシを探したい熱が復活したようです.小さい虫なのに,そんな強烈なおならをするなんて,私も一度,実際の姿を見てみたいです.

    投稿日:2015/08/23

    参考になりました
    感謝
    0

56件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


あしたがきらいなウールの背中を押してくれた奇跡の夜

みんなの声(69人)

絵本の評価(4.79)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット