もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

虎落笛自信を持っておすすめしたい みんなの声

虎落笛 作:富安 陽子
絵:梶山 俊夫
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2002年12月
ISBN:9784251009340
評価スコア 4.25
評価ランキング 18,143
みんなの声 総数 3
「虎落笛」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 自然に対する畏敬

    身近に竹林や自然がない人も、山を歩いているときに吹いてくる風が時折何かを言っているような気になることはあるでしょう。
    虎落笛は、町でも静けさの中で、風が作り出す音のことも言うようですので、そう考えると共感できる人は多いかも知れません。

    男の子が凧をあげに原っぱに向かう途中です。
    竹林や自然の中を駆け抜けてくる風がいろいろな叫びに聞こえます。
    それがだんだん迫ってきて、男の子は怖くなってきました。
    風が作る叫び声は、虎のイメージになり、自分を追い立てる言葉に変わります。
    実際に男の子の頭の中では、虎が走りすぎ、それを追う虎狩りの兵士たちが駆け抜けていきます。
    絵とお話、風の作る言葉がみごとにマッチしています。

    スリリングな一人芝居ですが、誰もが身に覚えのある風のマジック。
    男の子の緊張感と、空耳のはずの声が本当に実感できて素晴らしい作品です。
    聞いている子どもたちを包み込んでしまう魔力を感じました。

    投稿日:2010/12/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 日本人の粋

    ある風の強い冬の日、男の子が凧をあげようと道をゆくと 「きょうの虎ぁでえかいぞー」と声がしました。
    周りを窺うと鉄砲を持った兵士が虎を狩っていました。その声がだんだん近くなり、藪が揺れます。
    冬に木々を揺らして吹き荒れる冷たい風を虎落笛(もがりぶえ)といいますが、その風が迫り来て少年を追い越してゆくまでを虎になぞらえて文章に起こした見事な作品。


    絵と文章が見事にマッチしていて、虎落笛を知らずに読んだ私にもそれが冬の強い風が鳴らす音なのだとすぐに理解できました。
    臨場感あふれる虎、そして去り際の虎(風)の言葉が作者らしくていい。なんだか冬の冷風が好きになりそう、そして楽しめそう。そんな季節の楽しみ方を子供にも贈りたい。そして引き継いでもらいたい。
    寒いだけでなんでもない風に こんな呼び名をつけてしまう日本人て、やっぱり粋だなぁ。

    投稿日:2006/04/14

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



あしたがきらいなウールの背中を押してくれた奇跡の夜

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット