まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

十二支のおはなし」 みんなの声

十二支のおはなし 作:内田 麟太郎
絵:山本 孝
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2002年11月
ISBN:9784265034819
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,946
みんなの声 総数 57
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

57件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 絵が楽しい!

    十二支のおはなしが大好きで、いろいろな絵本を読みましたが、こちらは絵がとっても楽しいです。
    キャラクターの濃い登場人物たち。神様や門番もユニークだし、御殿の門をくぐる動物たちの姿もそれぞれインパクトがあります。突進してくるイノシシなんて、スゴいです。
    ゆっくり読んで聞かせるという雰囲気の絵本ではないですが、子どもたちは自分でページをめくり返してとっても楽しそうでした。

    投稿日:2014/12/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • すぐに、十二支の順番を覚えました!

    十二支は、遅かれ早かれいつか知ることになるので
    書店で見つけてすぐに購入しました。

    2歳だからまだ早いかしら?と思っていましたが、
    1週間もせずに、表紙を見ては…
    『ねーうしーとらー…』と、一人で指をさしながら言っていました。

    買ってよかったと思える満点本です!
    これからは、このシリーズを読んでみたいと思います。

    投稿日:2011/10/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • わかりやすかったです。

    • るらはママさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子4歳、男の子1歳

    本文に漢字が出てきますが、年少の娘も難しかったり、途中で飽きたりすることなく読むことができました。

    私も「十二支」が「十二支」たる所以は知らなかったため、娘ともどもこの絵本を通して勉強させてもらいました。
    「そんな由来があったのね」と納得です。
    今回、初めて干支に触れた娘ですが、それなりに理解できたようです。家族の干支を確認したりと楽しんでいました。

    投稿日:2019/12/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 十二支の由来については、他の本で読んだことがあるのですが、山本孝さんが描くとこんな臨場感を持ってしまうという、素晴らしくも面白い作品になるのです。
    内田さんも十二支の順番をたがえることなく、飄々と遊び心で物語を作っています。
    十二支の順番、覚えましたよ。

    投稿日:2019/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんで?を知れる!

    行事絵本としては最高!まず絵がカッコいい!そして内容もシンプルでわかりやすい!大人になると当たり前に「なにどし」ってよく聞いてるけど、なんでその順番になっているか?なんでネコが入ってないのか?知っていますか?ぜひ子供たちに教えましょう!そして自分も覚えましょう!行事について一歩踏み込んで知ることで、子供が将来「なんで?」をそのままにしない人になると思います。

    投稿日:2019/05/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 12支

    12支のお話は、孫たちにも読んでやりたいと思っています。丑年の私としては、いつもねずみさんがずるいなあと思ったりしますが(笑)丑年でよかったなあと思ってます。絵に迫力があってインパクトが強く、面白いなあと思いました。

    投稿日:2018/01/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • ダイナミックな絵です

    こちらの十二支のお話は、絵に動きがあって、面白かったです。
    最初に集まったたくさんの動物たちを見ると、亀やたぬき、かっぱなど
    十二支以外のどうぶつなども混じっているようでしたが、
    最後に12番目のイノシシが入ってきたとたん、門は閉ざされたので
    猫以外にも、あとで来たどうぶつがたくさんいたのかな、、なんて思いました。

    投稿日:2016/12/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 迫力の十二支(笑)

    • レイラさん
    • 50代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子22歳、男の子20歳

    有名な十二支の始まりのエピソード。
    動物たちの造形がややデフォルメされているせいか、かなりの迫力です。
    でも大切なくだりはほぼ通説に忠実で、好感が持てました。
    年末年始、やはり知っておきたいおはなしですね。
    今作では、冒頭、神様のご通達を聞きに集まってきた動物たちの中に、
    12匹から外れた動物がねこ以外にもいます。
    そのあたりもチェックしてみると面白いと思います。
    幼稚園児くらいから盛り上がりそうです。

    投稿日:2016/07/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 迫力あり

    内田麟太郎さんの絵本だったのですね。絵でわkりますね。

    子供に、そろそろ干支を教えてあげようかなと探した絵本です。迫力のある絵なので、子供は何度も読んでと言いました。

    この絵本が好きなようなので、これで干支の順番も覚えられるかなと思いますし、ネズミさんってちょっとズルイねと記憶に残りやすいかなと思って楽しめました。

    投稿日:2016/02/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • キャラがしっかり出ています

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    神さまのもとに新年にあいさつに動物たちが向かいます。12位までに入れば大将になることができます。
    動物たちのキャラがしっかりとあって面白かったです。
    絵もお話に合っていました。
    我が家の4歳児が気に入って、一人で読んだり、「読んで」と持ってきたりしています。
    十二支がどんなものかということがだいぶわかったのではないかなと思います。

    投稿日:2016/02/03

    参考になりました
    感謝
    0

57件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / もっちゃう もっちゃう もうもっちゃう / おこだでませんように

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


中川ひろたかさん、まるやまあやこさんインタビュー

みんなの声(57人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット