新刊
バムとケロのカレンダー2023

バムとケロのカレンダー2023(文溪堂)

2023年も毎日バムとケロと一緒!

話題
お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう

お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう(Gakken)

4歳からできる、金銭教育!新聞やTVで話題の幼児ドリル♪キャンペーン対象

黒ねこサンゴロウ旅のつづき4 金の波銀の風」 じいじ・ばあばの声

黒ねこサンゴロウ旅のつづき4 金の波銀の風 作:竹下 文子
絵:鈴木 まもる
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
税込価格:\1,320
発行日:1996年04月
ISBN:9784035282907
評価スコア 4.25
評価ランキング 20,821
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • どのお話も良かったです。

    全シリーズの9冊目。
    サンゴロウがめぐり逢った三つのお話からなっています。

    何かのめぐり合わせで、縁ができた小さな命、
    関われば、愛情が湧き、離れがたくなる、
    一生懸命になって何をやっているのだろうと
    自分を笑い飛ばしたくなるほどなのに、
    心配が尽きなくなってしまう、
    そんな思いがつづられたみどり色の鳥の話。

    幽霊船では真珠島のシーナと又再会してしまいます。
    お金と陰謀の話ですが、
    ラストの船の上の野葡萄のワインと空の描写は
    美しい色を感じました。

    最後のお話は、ちいさな島の老人のお話。
    自由を求め、王様をやめて一人暮らす、
    不思議な老人が心に残りました。

    投稿日:2016/10/11

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / エルマーのぼうけん / 神の道化師 イタリアの民話より / オバケやかたのひみつ / ルドルフとイッパイアッテナ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



えほん新定番 from 好書好日

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット